ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年01月19日
ゴヤールサンルイ角破れ補修 〜革あて編〜

ゴヤールサンルイの角破れ補修をご紹介いたします。


2018011313192915202.jpg

前回は「底上げ」をご紹介いたしましたが、今回は「革あて」での補修をご紹介いたします。こちらの補修はより「強度重視」でのお修理となります。


2018011313192915202_2.jpg

前回と同様角が擦れ毛羽立っている状態です。




2018011313192915202_1.jpg

こちらのサンルイは全体的に生地が薄く弱い状態の為補強する必要があります。また、破れが内側に貫通しています。底上げではまたすぐに破れる恐れが有る為、破れ箇所の上から革を当てて補強をする補修方法をご提案させていただきました。

 

2018011313193616280.jpg 

内側も革をあててしっかりと補強します。



 

2018011313192915202_3.jpg 

外側の様子です。革をあてますので見た目が変わりますが、以前よりも破れにくくなります。デザインのバランスを考慮し4角全ての革あてをお勧めしております。お客様のご希望と、ご依頼品の状態や構造により最善のお修理方法をご提案させていただきますので、ぜひご相談いただければと思います。

 


 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年01月16日
ゴヤールサンルイ角破れ補修 〜底上げ編〜

同じデザインのバッグも破損状態や、お客様の今後のご使用シーン等に合わせ最適な補修方法をご提案させていただいております。

 

2018011313190615194.jpg 

今回はゴヤールサンルイにて2パターンの補修をそれぞれご紹介いたします。 


2018011313190615194_1.jpg

こちらのサンルイは4角が擦れて毛羽立っています。「見た目重視」での補修をご希望とのことでしたので、底面を上げて角破れを内側に隠す「底上げ」での補修をいたします。


2018011313190615194_2.jpg

底面が上がる分縦の長さが短くなります。長さの差は破れの程度により異なります。今回は軽度の破れでしたので1センチ程短くなっています。


2018011313190615194_3.jpg

この程度であれば全体的なバランスも変わらず、画像のように補修箇所も全く出ませんので、見た目はかなり良い仕上がりとなります。


2018011313191317422.jpg

内側も元のとおりパイピング処理をいたします。別記事にて「強度重視」での補修をご紹介いたします。ご参考になさって下さい。


 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年01月13日
アルマーニキャップ染め替え
今回はキャップのお染め替えをご紹介いたします。
201801131840344132.jpg























ご依頼品のアルマーニのキャップです。
アルマーニのブランドロゴの刺繍が付いてます。
201801131840494658.jpg























こちらはつばの部分や後のゴムの部分が擦れて退色しておりました。
201801131841117501.jpg























綿素材であればこのような退色は染め替えをすることにより見栄えをよくすることが可能です。
201801131841427543.jpg























退色していた箇所が綺麗に染まりました。
201801131842025263.jpg























今回のアルマーニの刺繍はポリエステル素材でしたので染まらずお染め替えできました。
201801131842187491.jpg























このような事例でお困りの場合はお気軽にご相談くださいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年01月11日
デュベティカダウン染め替え(オレンジ→赤)
今回はご依頼品のダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
2018011119153920050.jpg























ご依頼品のデュベティカのダウンウェアです。
2018011119161520638.jpg























襟元が汗や皮脂汚れなどを原因とし変色を起こしています。
2018011119172620053.jpg























元色がオレンジ色の場合はお染め替え可能な色合いは赤のみとなります。
2018011119174619385.jpg























赤色にお染め替えすると元色のオレンジ色と混ざり、濃い赤へと染まります。
2018011119180720050.jpg























尚、デュベティカのブランドタグは染まらないのでそのままお染め替え致します。
2018011119182919385.jpg























このような例でお困りの場合はお気軽にご連絡くださいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月27日
オールデンハーフソール
靴リペア:紳士靴ハーフソールのご紹介です。

2017082616280546166.jpg
ご依頼品のコインローファーです。


2017082616282544273.jpg
アメリカのシューズブランド、オールデンの紳士靴です。オールデンはコードバン(馬のお尻の革)を使用した靴でも有名です。


2017082616284446934.jpg
靴底の糸が所々切れています。ソールの保護でハーフソールをご依頼頂きました。


2017082616290746209.jpg
紳士靴の場合、コバの色に合わせハーフソールの色をご提案する場合が多く、今回は黒のビブラムソール♯7673をお付けしました。


2017082616292547063.jpg
このようにレザーソールを保護したい場合、ラバーのハーフソールを施すことが可能です。つま先のみを保護するトゥスチールもございますので、お気軽にご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月26日
クレープソールのオールソール
靴リペア:オールソールのご紹介です。

2017122616264628381.jpg






















ご依頼品のレザーシューズです。


2017122616281128965.jpg






















今後も永く履きたいということで、クレープソールのオールソールでご依頼頂きました。


2017122616282728359.jpg






















クレープソールは天然ゴムならではの反発力があり、クッション性がある履き心地が特徴ですが、表面がしっとりとしているため汚れが付着しやすく、落としにくいというデメリットがあります。元々はベージュのクレープソールだったこちらの靴も汚れが付着し、黒くなっています。


2017122616284428930.jpg




















クレープソールの汚れが気になる場合、ラバーのソールに交換することをお勧めしております。お色は黒・こげ茶・ベージュからお選びいただけます。


2017122616293827783.jpg




















今回はこげ茶をご指定頂きました。底にボコボコと凹凸のあるデザインのクレープ柄ラバーをお付けします。


2017122616300625382.jpg




















このようにクレープソールの汚れが気になる場合、素材を変えてオールソールする事が可能です。ラバーの他にレザーやスポンジソールへの交換も可能ですので、お気軽にご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月21日
PRADA財布ペンじみの除去
今日はプラダ財布のペンじみの除去をご紹介いたします。
2017070915583220762.jpg






















ご依頼品のプラダ財布です。正面にボールペンがついています。

2017070915593022990.jpg






















折山や縁などすれやすい箇所、触る箇所は色がはがれ黒ずみがおきています。

2017070916000423062.jpg






















内側もうっすら使用感が出ていますね。

2017070916005519402.jpg






















内側は染色補正はできない箇所となりますのでクレンジングで表面の汚れを除去します。

2017070916013122992.jpg






















暖色系のお色はお色の特性上黒ずみが好き出る可能性がありますが、今回はあまり目立ちません

2017070916030022993.jpg






















ボールペンじみも染色補正し目立たなくいたします。状態によってはペンじみ箇所のみの修復も可能です。ボールペンじみがついてしまった場合は一度ご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月20日
OCEANS12月号掲載のお知らせ


OCEANS12月号103PにNEWSなアウター特集にHanakoyaのダウンジャケットクリーニングの【Before】【After】掲載されました。


DSCF8129.jpg





















DSCF8125.jpg



























DSCF8127.jpg





















DSCF8126.jpg




















そこにあるのは圧倒的な着たい感!NEWSなアウター是非チェックしてみて下さい。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月18日
アルマーニパンツのお染め替え
今日はアルマーニデニムのお染め替えをご紹介いたします。
2017121809574444693.jpg






















ご依頼品のアルマーニジーンズです。もともとグラデーションのライトブルーのデニムです。

2017121809580846532.jpg






















お客様のご要望により黒色でお染め替えいたします。デニムは製品染で独特のムラがおしゃれですが、弊社でのお染め替えではムラがなくなり通常の綿のパンツのようになります。

2017121809582444002.jpg






















ポケットの金属のプレートは外すことができないタイプでしたのでそのまま染めさせていただきました。ウエストバンド部分のタグは痛むため一旦外してから染め替えを行います。

2017121809584044011.jpg






















デニムの風合いはなくなりますがデニムパンツのお染め替えは可能です。ダメージジーンズはダメージが広がるのであまりお勧めいたしません。このような場合は一度ご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月16日
トリーバーチバッグ ハンドルはがれ補修
バッグのハンドル(持ち手)剥がれ補修をご紹介致します。

2017082616425348885.jpg
こちらはトリーバーチのレザーバッグです。


2017082616431044273.jpg
ハンドルのコバ(ヘリの部分)のコーティングが剥がれています。再度コーティング剤を塗布することも可能ですが、手が触れる部分は再度剥がれやすいため、部分的に上から革を巻き保護します。


2017082616432646986.jpg
革の状態や剥がれの範囲によっては、ハンドル自体を作り替える方法もございますがこちらの程度であれば革巻きが可能です。

2017082616445048990.jpg
似たお色の革を用い、ステッチを入れ止めます。似たお色がない場合は、同系色の革よりも全く違うお色でデザインのニュアンスとして見せることで違和感のない仕上がりとなる場合もございます。


2017082616453049048.jpg
ハンドルコバのコーティング剥がれでお困りでしたらご相談下さいませ。最適な補修方法をご提案させていただきます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
1522件中(1件〜10件を表示しています)   前   |