ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年02月19日
バーバリートレンチコート部分染色
今日はバーバリートレンチコートの部分染色をご紹介いたします。
2018021117505731897.jpg
ご依頼品のバーバリートレンチコートです。

2018021117505731897_2.jpg
こちらはブラックレーベルのメンズモデルです。


2018021117505731897_1.jpg
襟元が退色し赤っぽくなっています。



DSC00328.jpg
皮脂や汗の汚れはウェットクリーニングにて除去致しますが、退色はクリーニングでは除去不可となります。今回は範囲が狭かったため部分染色を施し退色を隠します。


DSC00329.jpg
全体に色褪せがある場合や退色が激しい場合は全体のお染め直しをお勧めいたします。


DSC00327.jpg
このようにトレンチコートの退色は修復可能です。状態により最善の補修方法をご提案いたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月17日
ペネトレイトブラシのお手入れ
靴磨きの際、コバの狭い隙間やブローグ部分へも均一にクリームを塗布することができ大変重宝するペネトレイトブラシです。はなこやの靴磨き教室でも使用しています。

DSC00880.jpg
このペネトレイトブラシは使用していくうちに、クリームに含まれるロウ成分が固まって毛先が硬くなってしまいます。保管前に出来る簡単なお手入れをご紹介いたします。


DSC00882.jpg
ぬるま湯と不要な布を用意します。



DSC00883.jpg
ブラシをぬるま湯に浸しクルクルと円を描きながらブラシについているクリームを溶かしだします。強くすると毛が抜けますので注意して下さい。


DSC00884.jpg
5〜6周したら、布(タオル地がおすすめです)で拭います。1回目でかなり綺麗になりますが、これを2〜3度繰り返します。


DSC00886.jpg
最後にブラシの毛並みを整え、必ず自然乾燥をしてから保管して下さい!




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月16日
バレンシアガシティのメンテナンス
今日はバレンシアガシティのメンテナンスをご紹介いたします。
2018013112521446476.jpg
ご依頼品のBALENCIAGAシティです。

2018013112521446476_1.jpg
ラムスキンでシワ感が特徴的なバッグです。全体が退色してます。

2018013112521446476_2.jpg
入口部分などはシワの箇所から退色し、黒ズミもあります。

2018013112521446476_3.jpg
パイピングの黒ずみは汚れもありますが、大部分が擦れて色が無くなっている状態です。

2018013112524846472_3.jpg
黒ずみや退色は染色補正を施すことで目立たなくなります。今回は赤色で暖色系のお色の特性上多少黒ズミが透き出ました。

2018013112524846472_2.jpg
染色補正で見栄えは良くなりますが、バレンシアガの独特のシワにも顔料が入りますので、濃淡が無くなり風合いが変化します。

2018013112524846472_1.jpg
色によっては透明感が無くなり革の質感が変わります。

2018013112524846472.jpg
このようにバレンシアガのバッグの退色はオリジナルの風合いや濃淡が無くなりますがメンテナンスは可能です。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月14日
Max&Co.ダウンウェア染め替え(カーキ⇒黒)
今日はMax&Co.ダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
DSCF6031.jpg
ご依頼品のダウンウェアです。裾が明るく変色しています。


DSCF6034.jpg
メーカーによって緑色に変色する場合と、今回の様に明るいベージュ系に変色するケースがあるようです。


DSCF6033.jpg
汚れが付いたままだったのか、変色自体もムラがあります。


DSC00261.jpg
変色はクリーニングでは除去不可となります。このような場合通常カーキはこげ茶でのお染め替えをお勧めしておりますが、今回は黒色にてお染め替え致しました。


DSC00264.jpg
変色を隠すには元色より濃いお色でお染め替えを行い、変色を隠します。


DSC00260.jpg
元のお色や素材により染まり方が異なりますので細かいお色の指定は致しかねますが、お客様のご希望に沿うようご提案させて頂きます。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月13日
ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI)シルバーレザーサンダルのメンテナンス
ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI)サンダルのメンテナンスをご紹介いたします。

2018021116412719920.jpg
ストラップ部分がレザーのサンダルです。ヌメ革のようなツルっとした質感のレザーに染色がされている為、色落ちがしやすい状態です。


2018021116412719920_1.jpg
よく擦れる箇所やシワになりやすい箇所から退色してきます。シルバーにて全体的に染色補正を施します。


2018021116462020455_1.jpg
シルバーなどラメ感のあるお色での染色は可能ですが、染料の粒子の大きさの関係で光沢感がマットに仕上がります。


2018021116462020455.jpg
オリジナルと比べ落ち着いたシルバーでの仕上がりとなりました。着用により再度剥がれは起こりますが、保湿ケアを定期的にされることでキズや剥がれを防止することが可能です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月11日
デュベティカダウンウェア染め替え(薄紫→エンジ)
今回はダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
2018021111243635904.jpg
ご依頼品のデュベティカダウンウェアです。
2018021111243635904_1.jpg
フード内側が皮脂の汚れにより変色しております。
2018021111243635904_2.jpg
全体的にも変色を起こしております。
このような変色はお染め替えを施す事により概ね修復可能です。
2018021111243635904_3.jpg
今回は元色が紫色でしたのでエンジ色へお染め替えさせて頂きました。
2018021111245735926_3.jpg
ファーはお染め替え不可ですので外してお染め替え致します。
デュベティカダウンウェアの襟元のブランドタグ等は、お素材上染まりませんのでそのままお染め替え致します。
2018021111245735926_2.jpg
ステッチやファスナーのポリエステル素材は染まりません。
元々ファスナーやステッチは紫色の為、色馴染みの良い仕上がりとなりました。
2018021111245735926_1.jpg
細かいお色の指定は出来かねます事ご理解下さいませ。
2018021111245735926.jpg
このような事でお困りの場合はお気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月10日
第9回アイロン教室参加者募集のお知らせ♪

大変ご好評を頂いておりますアイロン教室開催のお知らせです!

アイロンをかけたのにしわが戻ったり、変なところに線が入ったり、ハンカチ以外をかけたことが無かったり、そんな方々のいまさら聞けないお悩みを解消いたします。男性も女性も大歓迎です。少人数で基本のYシャツのアイロンがけをお教えいたしますのでご興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください♪



講師:Hanakoya 福永哲夫

場所:Hanakoya 店舗内

日時:平成30年2月24日(土) 10:30〜12:00

定員:4名(先着・要予約)

会費:1,000円 ※当日お支払いいただきます

ご持参いただくもの:前開きのシャツ・ハンカチ(綿100%がオススメですが綿35%以上あればOKです。)・普段お使いのアイロン

 

お申込み:info@hanakoya.com までメールにてお申込みください。

件名に「アイロン教室参加希望」とご入力の上、

氏名(フリガナ)・年齢・ご住所・お電話番号・参加希望人数をお知らせください。

追ってご連絡させて頂きます。     

 

※参加希望者多数の場合、お断りするケースがございます。あらかじめご了承ください。

 

ご興味のある方、どうぞお気軽にお申し込み下さいませ。

皆様のご参加お待ちしております。

 

2018020517452842891.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お申し込み・問い合わせはこちら



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月09日
バーバリーダウンウェアお染め替え不可事例
今日はバーバリーダウンウェアのお染め替え不可の商品についてご紹介いたします。
DSC00744.jpg




















こちらのバーバリーダウンウェアは人気のロングタイプの商品ですが、他のお品物と同様にベージュが明るい緑色に変色しています。


DSC00747.jpg




















品質表示タグにはナイロンの表記がありますが、よく見ると前立てや身幅、内袖、ベルトのステッチワークの別布箇所はポリエステルの表記がされています。弊社での染め替えはポリエステル素材が反応しないため、お染め替えをしてもポリエステルの生地部分は染まらず変色は隠れません。


DSC00749.jpg




















拝見した限りでの生地感の違いはほどんどないため、着用には全く問題ありませんが、変色が隠れない箇所が出来るためこちらのモデルのお染め替えは不可となります。











 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月05日
組曲ダウンウェア染め替え
本日は組曲ダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
2018020518180648712.jpg
ご依頼品の組曲の薄い茶色のダウンウェアです。
2018020518180648712_1.jpg
襟元、フードの内側、全体的に変色を起こしておりました。
2018020518180648712_2.jpg
皮脂の汚れやホコリなどを付着したまま保管しますと変色を起こします。
2018020518180648712_3.jpg
このような変色はお染め替えをし隠します。
2018020518182048745_3.jpg
今回は元色が薄い茶色でしたのでこげ茶色(モカブラウン)にてお染め替えさせて頂きました。
フードについているファーは取り外してお染めかえ致します。
2018020518182048745_2.jpg
全体的に変色を起こしても全体を漬け込んでお染め替え致しますので隠れます。
2018020518182048745_1.jpg
変色の激しい箇所はお染め替え致しましても濃淡に差が出たり、変色が隠れなケースもございます。
尚、ナイロン素材のダウンウェアであればお染め替えが可能ですので品質表示タグの確認をお願いいたします。
2018020518182048745.jpg
このようなことでお困りの方はお気軽にご相談くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月02日
スポンジソールのオールソール
靴リペアのご紹介です。


2017122618190439210.jpg






















婦人のレザーシューズです。お気に入りの靴ということで、長く履けるようメンテナンスのご依頼を頂きました。アッパーに傷やスレ、退色が見られます。


2017122618191641116.jpg






















ソールは一体型のものになります。かかと部分が特に減っています。


2017122618192943024.jpg






















サイドにデザインのあるソールですが、オールソールした場合こちらのデザインは無くなります。


2017122618194540521.jpg



















スポンジ素材を積み上げ、オリジナルの高さに合わせオールソール致します。ウレタン素材のソールが経年劣化によりボロボロになってしまったお靴も、こちらの方法でお直し可能です。(アッパーの状態によっては、お直しできない場合もございます。)


2017122618195943013.jpg




















スポンジ素材は軽く、クッション性のある履き心地が魅力です。ただ摩耗が早いので、気になる方はラバー素材をお選び頂くことも可能です。


2017122618201843002.jpg




















アッパー部分のキズや退色は染色補正することで目立たなく致します。アッパーのケアからソールの補修までお気に入りのお靴をトータルでメンテナンスさせて頂きます。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
1537件中(1件〜10件を表示しています)   前   |