ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2017年02月18日
ボッテガヴェネタバッグ メンテナンス

本日はボッテガヴェネタのバッグのメンテナンスのご紹介です。

2017021815495041409.jpg



















ボッテガヴェネタはこちらの手作業で作り上げるイントレチャートでおなじみの滑らかななめし革で革紐をよういた編み込みバッグが有名です。


2017021815511941411.jpg



















ボッテガヴェネタの多くは柔軟できめ細かな柔らかいラムレザーを使用しています。


2017021815520241414.jpg



















経年劣化によりおそらく顔料仕上げであろうスレにより退色が全体的に目立っています。


2017021815525641938.jpg



















もともと先程お伝えしたようにとても革が柔らかいため染色することで革の風合いが変わりますが全体的に染色する事でオリジナルに近い見栄えに致します。

2017021815534741988.jpg



















特にスレによる退色が激しい角部分です。

2017021815542041979.jpg




















ボッテガヴェネタのイントレチャートは他にもお財布など同様にメンテナンス行っております。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年02月16日
ディオールバッグのクリーニング

クリスチャンディオールバッグのクリーニングをご紹介いたします。
201702121648447934.jpg


















ご依頼品のバッグです。
201702121649205075.jpg


















ハンドルの他に入口にもレザーが使用されているタイプです。本体はウール地です。
201702121708537943.jpg


















長期間の保管によって金属部分がくすんでいます。
201702121709338525.jpg


















金属のクスミはクレンジング後お磨き致します。塗料の剥がれはそのまま残ります。
2017021217104810772.jpg


















レザー部分の擦れは染色補正し見栄えよく致します。ホコリや黒ずみが取れることで鮮やかさが甦ります。
201702121712057359.jpg


















この様にレザーが使用されているバッグもクリーニング可能です。
べたつきがある場合もおおむね改善可能ですのでご相談ください。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年02月11日
ジミーチュウパンプスのプレケア

靴リペア:ハーフソールのご紹介です。


2017020716215729602.jpg





















ジミーチュウのスエードパンプスです。新品時のプレケアとしてハーフソールをご依頼いただきました。

2017020716221630862.jpg





















新品時にハーフソールを施すことでソールの持ちが格段に増し、ソールに厚みもでますので傷になりにくくなります。

2017020716223929678.jpg





















特にソールの薄い婦人靴はソールとアッパーの距離が近いので、ご使用により減る前の状態でケアされるのがお勧めです。

CIMG1056.jpg





















今回使用したハーフソールはビブラム・ガンマーソールです。グリップ力があり、耐摩耗性に優れています。コバはオリジナルに合わせ、黒く染色致しました。

CIMG1055.jpg





















色は底に合わせ、ベージュをお貼りしました。

CIMG1054.jpg





















春が近づき、新しい靴でお出かけされる場面も増えるかと思います。Hanakoyaでは、新品時のプレケアをお勧めしております。




rogo_hanakoya.jpg 



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年02月07日
ルイヴィトン「ネヴァーフル」のヌメ革交換
ルイヴィトン「ネヴァーフル」のヌメ革交換のご紹介です。

2017020716271430304.jpg





















今回はハンドル作成とパイピング(入口)交換でご依頼頂きました。

2017020716274431474.jpg





















パイピング(入口)部分のヌメ革は全体がスレ、所々破れとヒビがみられます。

2017020716280328376.jpg





















ハンドルの根元部分にもヒビが入っており、ちぎれそうです。

CIMG2506_1.jpg





















ハンドルはお客様からのご要望で、オリジナルよりサイドの幅を5mm太く作成致しました。

CIMG2504_1.jpg





















パイピングも新しいものに交換致しました。違和感がないよう、エイジングしたヌメ革を使用しております。

CIMG2503_9.jpg






















このように、ハンドルやパイピングは新しいヌメ革に交換することで補修可能です。ネヴァーフルの場合、サイドのしぼりを作成することも可能ですのでお気軽のご相談下さい。




rogo_hanakoya.jpg


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年02月06日
miumiuビジュー付き財布メンテンス
今日はmiumiuビジュー付き財布メンテナンスをご紹介いたします。
2017011612234023339.jpg

















ご依頼品の財布です。
2017011612243621072.jpg

















濃く見える箇所は元々の顔料がはがれ黒ずんでいる状態です。
2017011612254117417.jpg

















ファスナーの周りも痛みやすい箇所ですね。
2017011612271323413.jpg

















黒ずみは染色補正を施し見栄えよく致します。
2017011612283223998.jpg

















ビジューがついている箇所は顔料がのらないように染色補正致します。
2017011612300824014.jpg

















このようにmiumiu財布の黒ずみは目立たなく修復可能です。同様のケースでお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。



rogo_hanakoya.jpg


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年02月02日
カルティエバッグ角擦れ補修

本日はカルティエバッグの角擦れ補修をご紹介いたします。
2016032411443412613.jpg


















ご依頼品のカルティエバッグです。
2016032411444412626.jpg

















ご使用による黒ずみがあります。

2016032411445611071.jpg



















2016032411451112620.jpg

















四つ角は擦れやすい箇所なので退色がございます。

2016032411452912653.jpg

















女性修復師が染色補正し擦れや黒ずみを目立たなく致します。

2016032411454512656.jpg


















パンチングのロゴもそのまま残ります。
2016032411455911913.jpg


















2016032411461212621.jpg

















このように角擦れは染色補正にて目立たなく修復可能です。スレがなくなることで使用感が薄れ見栄えが良くなります。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月28日
エルメスバーキンクリーニング


本日はエルメスショルダーバーキンのクリーニングのご紹介です。


2017012817442048265.jpg



















ご依頼内容は長い間保存袋に入れて保管していたところいざ袋から取り出すとバックのフチのあたりがべとついていてそのべとついている部分にオレンジ色の保管袋が張り付いて付着したとの事でした。


201701281744471547.jpg




















お色が退色しているのではなく保存袋の貼りつきにより袋の繊維がついている状態です。


20170128174541937.jpg



















おそらく通気性がよくなかったためか(意外とエルメスの保管袋は生地が厚いため少し入口の部分を空けておいた方がいいかもしれません)コバ部分の顔料が劣化してべたつきが起こりその部分に張り付いたと思われます。


20170128174831892.jpg




















今回はお磨き後コバ部分を染色しております。


2017012817490444524.jpg




















お磨きと染色により付着物とべたつきは改善されました。


2017012817494048974.jpg




















最後に保湿クリームで保湿して仕上りです






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月26日
第10回靴磨き教室のご報告

 

今日は第10回靴磨き教室のご報告です。 

雪の合間のいいお天気の靴磨き日和でした♪

2017012614193724988.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽快なトークの中、和やかに進行致しました。靴磨き以外にも革のお手入れ方法のお話にまで広がりました。

2017012614200026169.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靴磨き普及活動、継続中です!!


 

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

Hanakoyaコンセプト
Beauty & More Stylish


rogo_hanakoya.jpg



official website

 


 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月21日
GUCCIキャンバスバッグ底やぶれ補修
バッグ修理のご紹介です。

2017012018553925529.jpg





















GUCCIのキャンバスバッグです。

2017012018562925584.jpg





















ダメージを受けやすい底面の角の布地が毛羽立ち、破れています。

CIMG2326_1.jpg





















底角の破れは、キャンバスなどの柔らかい素材であればダメージ部分を中に入れ込むことで補修可能です。

CIMG2325.jpg





















中に生地を入れ込むため、底のマチが少し広くなり、バッグの縦の長さが数冀擦なっています。ダメージがなくなったことで見栄えが改善いたします。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月17日
レッドウィングのホワイトソール交換
靴リペア:オールソールのご紹介です。

CIMG0816.jpg





















ご依頼品のレッドウィングです。しっとりとしたオイルドレザーが良い風合いのワークブーツです。

CIMG0817.jpg




















今回はホワイトソールの交換でご依頼頂きました。ご使用によりソール全体が減っています。

CIMG0819.jpg




















特にかかと部分の減りが激しく、ミッドソール(靴底の中間部分)まで削れています。

CIMG1354.jpg




















ミッドソールとホワイトソールを新しいものに交換いたしました。

CIMG1355.jpg





















ホワイトソールはレッドウィングの張り替えに最適なビブラム♯4014を使用しました。

CIMG1352.jpg





















このように、レッドウィングのソールは新しいものに張り替えることで補修可能です。目安としては、ミッドソールのライン手前まで減っていたらソール交換される事をお勧め致します。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
1414件中(1件〜10件を表示しています)   前   |