ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2016年08月27日
第一回アイロン教室ご報告♪
8月25日(木)第一回アイロン教室を開催いたしました♪
アイロン教室は初の試みのため私たちも終始ドキドキが止まりませんでした。

2016082518142643281.jpg


















講習ではハンカチとシャツのシワ伸ばしをしていきます。
まずは初めにハンカチのシワ伸ばしをしました♪

2016082518144743316.jpg























次にシャツのアイロン掛けです。袖口は特に掛けにくい箇所だと思います。
参加者様も真剣な面持ちです。


2016082518151143316.jpg




















皆さん丁寧にシワを伸ばしていきます。

2016082518153243311.jpg



















分からないところは講師がサポートいたします♪

2016082518162743930.jpg
















シワも伸び綺麗に畳まれたシャツをみて皆さんとても嬉しそうです♪
講習中は様々な質問をいただき和気あいあいと楽しい教室となりました!



 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月26日
ボッテガヴェネタキャンバスバッグ色褪せ補正
ボッテガヴェネタキャンバスバッグ色褪せ補正のご紹介です。

2016082511515247684.jpg
















Bottega Venetaのキャンバストートです。

2016082511520447155.jpg
















長年のご使用でキャンバス部分が色褪せてきたようです。

2016082511521746538.jpg
















バッグ内側も色褪せしやすい個所ですね。

2016082511524547683.jpg
















このような場合はレザーを一旦取り外して全体染めするか、部分的に色褪せ個所のみ染色補正する方法が可能です。

2016082511532547689.jpg
















全体染めの方が綺麗に染まりやすいですが、素材や構造によっては部分染めをお勧めすることもございます。今回は部分染めとさせていただきました。

2016082511533847083.jpg
















このようにキャンバスバッグが色褪せた場合でも修復は可能です。素材や形状、状態によっては修復不可の場合もございますので、一度ご相談ください。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月25日
ルイヴィトンイディール財布黒ずみ除去
ルイヴィトンイディール財布黒ズミ除去のご紹介です。
2016082516325231094.jpg
















Louis Vuitton イディール財布です。フレッシュでロマンチックな色合いが特徴とされ、小さなモノグラムパターンが女性らしさを演出し軽量で身体にしっくり馴染むシェイプが魅力です。
2016082516475733416.jpg
















ルイヴィトンのイディールはコットンとナイロンの自然な混紡のためしなやかで軽く丈夫なキャンバスですが、財布はよく手に触れやすいためキャンバスの黒ズミ汚れが目立ちます。
2016082516491833411.jpg
















全体をクレンジングし黒ずみ汚れを除去します。通常汚れであれば概ね除去可能ですが生地を傷めないところまでの作業となるため、黒ずみが激しい箇所は多少薄く残る場合もございます。
2016082516555434062.jpg
















この様にキャンバス財布の黒ズミは除去することが可能です。定期的にメンテナンスをすることでお気に入りの財布を永く使うことが出来ます。



 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月24日
UGGブーツ水染み除去

UGGブーツ水染み除去のご紹介です。

2016082410555618059.jpg
















アグオーストラリアムートンブーツ(チョコレート)のベイリーボタンです。
2016082410571018065.jpg
















水に濡れてつま先部分に水染みが出来ています。
2016082410585018628.jpg
















全体クレンジングをし水染みを除去していきます。シミが激しい場合は除去しにくい色のため多少残る可能性がございます。
2016082411074719257.jpg
















このように雨や水に濡れてシミになったムートンブーツの水染みは概ね除去可能です。
仕上げに防水をしておりますが、ムートンは大変水に弱いため悪天候時での着用は避けることをお勧めいたします。



 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月23日
PETITBATEAUキッズダウンクリーニング
PETITBATEAUキッズダウンクリーニングのご紹介です。

2016081811183915722.jpg
















キッズはもちろん、新生児から大人用まで人気のプチバト―のダウンです。

2016081811185516454.jpg
















フード周りにはアクリル素材のファーが付いています。キッズのアイテムは汚れやすいことと、清潔を保つために水で洗えるアクリルなどの化繊が使用されることが多いです。

2016081811191216460.jpg
















水で洗える素材なのに中綿が羽毛というだけでドライクリーニングしてしまうと、汚れ落ちも悪く衛生面的に良くないですね。

2016081811192915783.jpg
















Hanakoyaではモンクレール同様に水洗いしますので汚れ落ちも良く羽毛のボリュームもよみがえります。

2016081811194815783.jpg
















ドライクリーニングだと汗などの汚れが落ちにくく不衛生です。また、溶剤の残留などで皮膚炎を起こすことがありますのでご注意ください。

2016081811200716324.jpg
















このように新生児やキッズ用のダウンも水洗いしますので、お肌の敏感なお子様にも安心して着せられます




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月22日
JMWESTON紳士靴雨染みメンテナンス
JMWESTON紳士靴雨染みメンテナンスのご紹介です。

2016081811123815736.jpg
















ジェイエムウエストン ブラック 内羽根 プレーントゥです。

2016081811130615719.jpg
















雨の日に履いたら画像のように雨染みになったようです。

2016081811132415733.jpg
















アリニン染めのレザーが濡れて中の蝋が表面に出て白くシミになっている状態です。

2016081811134415723.jpg
















マッケイ製法の靴は雨の日に履くと縫い糸を伝って路面の雨水がアッパーに浸みてきます。そのため、ソールの防水機能を兼ねてハーフソールされることをお勧めいたします。

2016081811140215776.jpg
















白いシミは綺麗になりますが、シミの境界線が浮き出ている跡(銀浮)は残ります。

2016081811142415777.jpg
















このように雨の日に履いたことで水ジミになった靴は概ね綺麗になります。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月21日
バーバリー財布クリーニング&リペア
バーバリー財布クリーニング&リペアのご紹介です。

2016081214095829794.jpg
















BURBERRYのナイロンとレザーのコンビです。

2016081214102227534.jpg
















ナイロン地のチェックが手垢で汚れています。

2016081214103729763.jpg
















内側の小銭入れのファスナースライダーが破損していたので交換します。


2016081214111227543.jpg
















ファスナーを閉めてもファスナーが閉まらないのはスライダーが破損しているケースが殆どです。この場合、既製品のスライダーが合えばファスナー交換しなくてもスライダー交換のみで直ります。

2016081214113129764.jpg
















ナイロン部分はクリーニングすることで概ね綺麗になります。レザーから色が出ますのでご自宅で洗われることはお勧めできません。

2016081214120927543.jpg
















このようにバーバリーの財布が汚れた場合はクリーニング可能です。スライダー交換やファスナー修理以外にもスナップボタンの交換など様々な修理にも対応いたします。






 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月20日
TOD'Sバッグパイピング修理
TOD'Sバッグのパイピング補修をご紹介いたします。


201608181014198621.jpg
















こちらトップファスナー周りと横面にもパイピングが施されたデザインのバッグです。


201608181014408633.jpg
















パイピングが擦れて薄くなっており、所々割れも見られます。


201608181015028380.jpg
















よく擦れる底面の角は破れています。


201608181015288635.jpg
















パイピング全体を新しい革で作成致しました。パイピング以外の擦れによる色はげは染色補正により見栄えよくなります。


201608181015529179.jpg
















パイピングはオリジナルと似た色の革で作成致しますが、新しい革への交換となりますので色によっては多少色ズレする可能性がございます。継ぎ目は薄くすきますので、違和感はほとんどない仕上がりとなります。

201608181016198628.jpg
















このようにバッグの擦れたり破れてしまったレザー部分のパイピングは、新たに作成することで補修可能です。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月19日
ストレートチップメンテナンスと半ソール・リフトのリペア
紳士靴リペアのご紹介です。

2016072912383335455.jpg

















ストレートチップの紳士靴です。

2016072912385034805.jpg

















コバが擦れて地の色が見えており、つま先部分も減っています。

2016072912391435356.jpg

















ソール部分は、雨染みやマッケイ縫い糸の切れがみられます。

2016072912393335356.jpg

















ソールにラバーのハーフソールを貼ることで防水性が向上し、アッパーにシミができにくくなります。ソールに厚みもでますのでキズにもなりにくくなります。今回はリフト交換も致しました。

2016072912395535443.jpg

















アッパーのキズは染色補正とお磨きで目立たなく致します。コバもオリジナルの色に近い色で染色いたしますので、サイドからの見た目も違和感がありません。

2016072912401335404.jpg

















Hanakoyaのシューリペアはソールだけでなく、アッパーのキズなども補修可能です。





rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月18日
kate spade ワンピースシミ除去
kate spade ワンピースシミ除去のご紹介です。

2016081211595114982.jpg
















素材はウール100%です。

2016081212001114982.jpg
















裾や前面に食べこぼしのシミが付いたようです。

2016081212002614973.jpg
















見た目は油染みのように見えます。

2016081212004614463.jpg
















ウエストが絞られて、裾がかなりフレアーな独特のシルエットが崩れないようにとご依頼いただきました。

2016081212010214404.jpg
















ウエットクリーニングでシミを除去した後、アイロンワークでシルエットをよみがえらせます。

2016081212011814973.jpg
















このようにケイトスペードのワンピースもシルエットを崩すことなくウエットクリーニング可能です。





 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
1343件中(1件〜10件を表示しています)   前   |