ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年05月16日
ワンピース 縮み補正
今回はご依頼品のワンピースの縮み補正についてご紹介いたします。
こちらのワンピースは素材がシルク100%でした。
2018051618112145829.jpg
外側が縮んでおり、内側の裾が見えております。
シルクのアイテムをご自宅で洗濯をされて、このように縮んでしまったというご依頼は多数いただきます。
シルクは水を含むと縮みますのでご留意くださいませ。
尚、衣類の織り方によって縮みやすいかどうかがわかれる為、縮むかどうかは見た目では判断が難しいです。
2018051618112145829_1.jpg
シルクの縮みは縮み補正にて修復可能です。
トリートメントを施しますので生地を傷めず縮み補正が可能です。
2018051618112145829_2.jpg
シルクのアイテムはシワにもなりやすい為、ご自宅でのメンテナンスは高度な技術が必要かと思われます。
2018051618112843683.jpg
このようなアイテムがございましたらお気軽にご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月24日
グッチイントレチャートローファーのメンテナンス
紳士靴メンテナンスのご紹介です。


201804201846321559.jpg



















イントレチャートが特徴的なグッチローファーです。イントレチャートはラムスキンなどの柔らかなレザーをテープ状に裁断し、それを編みこんでいくというイタリアの伝統技法です。


201804201847191571.jpg



















つま先が擦れて退色しています。


20180420184747375.jpg



















レザーソールも摩耗により減っています。


201804201848131560.jpg



















ソール保護にはハーフソールがおすすめです。すべり止め効果もございます。今回はビブラム(♯7673)ブラックをお付けしました。


201804201848401563.jpg



















アッパーの擦れは染色補正により目立たなく致します。染色しますと革の裁断面にも顔料が入りますが、違和感のないようにケアいたします。


201804201849031569.jpg



















イントレチャートのアイテムは靴の他、バッグやお財布のメンテナンスも可能です。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月14日
靴資材のご紹介(ミラーソール)
靴リペア部門より、新しい資材をご紹介いたします。


DSC01257.jpg
こちらは「ミラーハーフソール」です。名前のとおり鏡のように輝き高級感のあるハールソールです。現在Hanakoyaでは赤・黒の2色をご用意しております。


DSC01216.jpg
赤はルブタンのレッドソールの為に作られたといっても過言ではないくらい、自然に馴染みますのでルブタンユーザーの方にはぜひオススメです。


DSC01221.jpg
柄やロゴがなく滑らかな素材ですので見た目を損なうことなくソールを保護することができます。ルブタンの他にもフェラガモなど光沢感のあるソールに施すととても美しい仕上りとなります。


DSC01220.jpg
厚みも程良くコバも自然に仕上がります。見た目はとても滑りそうですがグリップ力があります。弊社スタッフの靴で確認済みです!とてもオススメなハーフラバーですのでぜひお試し下さいませ。




rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年03月31日
オールデントゥースチール
靴修理のご紹介です。

2018021716191338727_2.jpg
ご依頼品のオールデンプレーントゥです。コードバン(馬のお尻の革)が美しいボルドーの紳士靴です。

2018021716191338727_3.jpg
ハーフソールで保護した後、つま先にトゥースチールを付けます。

2018021716192539437.jpg
ハーフソールはビブラム(♯7673)ベージュのお色をお付けました。

2018021716192539437_3.jpg
つま先は段差ができないようトゥースチールの厚みに合わせてカットした後、取り付けます。

2018021716193838734.jpg
ハーフソールも一緒にとりつけることで、つま先部分以外の保護とすべり止め効果があります。

2018021716193838734_1.jpg
このようにつま先の摩耗が気になる場合はトゥースティールでの保護が可能です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年03月24日
メゾンマルジェラ足袋ブーツ ハーフソール
メゾンマルジェラの靴修理をご紹介いたします。

DSC00947.jpg
こちらは足袋ブーツです。

DSC00949.jpg
新品時にハーフソールを施す事で、保護とすべり止めの効果がございます。

DSC00959.jpg
耐久性に富むプロテクティブソールにてお修理いたしました。足袋のような独特な形も対応可能です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年03月17日
グッチ(GUCCI)靴修理
靴修理のご紹介です。
2018021716183534335.jpg
こちらはイタリアのブランドGUCCI(グッチ)のオープントゥパンプスです。

2018021716183534335_1.jpg
レザーソールが摩耗しています。

2018021716183534335_2.jpg
ピンヒールも削れ、中の金属がむき出しになっています。


2018021716183534335_3.jpg
先端のゴムを交換し、ヒールの革めくれを接着しました。革めくれがある場合は革巻き替えにてお修理可能です。


2018021716184439437.jpg
プロテクティブソールにてハーフソールを施しました。プロテクティブソールは摩擦につよく耐久性がありとても滑りにくい素材です。模様がなくシンプルなのでどんな靴にも馴染みます。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年03月03日
レペットバレリーナシューズのプレケア
靴リペア:ハーフソールのご紹介です。

DSC00944.jpg
ご依頼品のレペットバレリーナシューズです。レペットは創立70周年を迎えたフランスを代表するブランドです。レペットといえばバレリーナシューズといえるほど定番の1足ではないでしょうか。

DSC00945.jpg
今回はレザーソールのプレケアでハーフソールをご依頼頂きました。

DSC00956.jpg
ハーフソールはプロアクティブソールをお付けしました。ソールの薄い婦人靴のデザイン性を損なうことなくソールを保護し、また滑り止め効果も高いハーフソールです。色はサイドのコバに合わせ黒を付けることで、横からの見た時の馴染みが良くなります。

2018030318202116662.jpg



















レペットのシューズの多くは”スティッチ&リターン”製法を用いて作られており、アウトソールの厚みは外側からは見えませんが、多くのシューズのように5mmあります。しかし外側に出ているソールが薄いためプレケアがお勧めです。

 

 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月28日
エンジニアブーツ丈カット
靴リペアのご紹介です。

2018021716185830640.jpg
エンジニアブーツの丈を短くしたいという事でご依頼頂きました。

2018021716185830640_1.jpg
履き口サイドに調節ベルトがあります。

2018021716185830640_2.jpg
背面には帯状レザーが施されており、履く時に便利なカンヌキが付いています。

2018021716185830640_3.jpg
履き口側から丈をカット致しました。カンヌキは出来る限り再現させて頂きます。


2018021716191338727.jpg
サイドの調節ベルトは再利用し、オリジナルのデザインに合わせて再現致します。

2018021716191338727_1.jpg
このようにブーツの丈を短くしたい場合、カットすることで補修可能です。この他にも婦人のロングブーツカットなども承っております。ブーツの形状によって補修方法が異なりますので、お気軽にご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月02日
スポンジソールのオールソール
靴リペアのご紹介です。


2017122618190439210.jpg






















婦人のレザーシューズです。お気に入りの靴ということで、長く履けるようメンテナンスのご依頼を頂きました。アッパーに傷やスレ、退色が見られます。


2017122618191641116.jpg






















ソールは一体型のものになります。かかと部分が特に減っています。


2017122618192943024.jpg






















サイドにデザインのあるソールですが、オールソールした場合こちらのデザインは無くなります。


2017122618194540521.jpg



















スポンジ素材を積み上げ、オリジナルの高さに合わせオールソール致します。ウレタン素材のソールが経年劣化によりボロボロになってしまったお靴も、こちらの方法でお直し可能です。(アッパーの状態によっては、お直しできない場合もございます。)


2017122618195943013.jpg




















スポンジ素材は軽く、クッション性のある履き心地が魅力です。ただ摩耗が早いので、気になる方はラバー素材をお選び頂くことも可能です。


2017122618201843002.jpg




















アッパー部分のキズや退色は染色補正することで目立たなく致します。アッパーのケアからソールの補修までお気に入りのお靴をトータルでメンテナンスさせて頂きます。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年01月11日
デュベティカダウン染め替え(オレンジ→赤)
今回はご依頼品のダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
2018011119153920050.jpg























ご依頼品のデュベティカのダウンウェアです。
2018011119161520638.jpg























襟元が汗や皮脂汚れなどを原因とし変色を起こしています。
2018011119172620053.jpg























元色がオレンジ色の場合はお染め替え可能な色合いは赤のみとなります。
2018011119174619385.jpg























赤色にお染め替えすると元色のオレンジ色と混ざり、濃い赤へと染まります。
2018011119180720050.jpg























尚、デュベティカのブランドタグは染まらないのでそのままお染め替え致します。
2018011119182919385.jpg























このような例でお困りの場合はお気軽にご連絡くださいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
58件中(1件〜10件を表示しています)   前   |