ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年07月07日
セリーヌパンプスのプレケア
婦人靴のプレケアご紹介です。

DSC01652.jpg




















ご依頼品のセリーヌパンプスです。セリーヌはフランスのファッションブランドです。セリーヌの人気モデルといえはラゲージやカバといったバッグを想像される方も多いかと思いますが、創業当時は子供靴のオーダーメイド専門店からスタートしました。


DSC01653.jpg




















プレケアでハーフソール施します。


DSC01661.jpg




















今回お付けしたバレリーナハーフソールは柔らかくグリップ力があり、耐摩耗性に優れています。


DSC01660.jpg




















ハーフソールはソールを保護する役割がございますので、特にソールの薄い婦人靴は新品時に施されることをお勧めいたします。また滑り止め効果もございますので、レザーソールの滑りを気にされている方にもお勧めです。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月04日
ジョン・ロブCITY兇離廛譽吋
靴プレケアのご紹介です。

DSC02124_1.jpg




















ご依頼品のジョン・ロブCITY兇任后ジョン・ロブは1866年創業の英国王室御用達の老舗メーカーです。150年以上続く職人の技と、一流の革を使って作られる靴はまさに「紳士靴の王様」です。


DSC02126.jpg




















世界経済の中心地だった、ロンドンの金融街で働くビジネスマンをイメージして作りあげられた靴がCITY兇任后シンプルに究極の美しさを求めたデザインです。


DSC02127.jpg



















プレケアでハーフソールを施します。


DSC02129.jpg



















ビブラム2340エクスプローションソールをお付けしました。


DSC02128.jpg



















ハーフソールにはソール保護や滑り止め効果がございます。レザーソールは減りやすいため、新品時のケアをお勧め致します。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月02日
ブルーノマリサンダル ハーフソール・ピンリフト交換

ブルーノマリの靴修理をご紹介いたします。

 

2018061817122135225.jpg
「ブルーノマリ」は1936年、マリーノ、ブルーノ、マリーアの三兄弟がイタリアボローニャにて創業したブランドです。美しさのみならず、履き心地の良さにも定評があります。



2018061817122135225_1.jpg
リフト(先端のラバー)が減っています。ピンヒールのリフト交換は、中の金具が見え始めたら交換が必要です。放っておくとカツカツと音がなったり、減りが更に進むとリフト交換が出来なくなる場合もございます。


2018061817122135225_2.jpg
履き込んだレザーソールはハーフソールで保護をいたします。



2018061817124035249_2.jpg
プロテクティブソールのベージュにて修理いたしました。ロゴや柄がないシンプルなデザインですので様々な靴に馴染みます。


2018061817124035249_1.jpg
リフトはオリジナルと同じベージュにてピン交換をしております。


2018061817124035249.jpg
素足で履くことの多いサンダルは、インソールの汚れが気になることも多いものです。インソールは新しい革への交換が可能です。履く前に一度お手入れをされてみてはいかがでしょうか。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月23日
グッチGGキャンバス財布の破れ補修
グッチ財布の破れ補修をご紹介いたします。

DSC01103.jpg
こちらはGUCCIの定番GGキャンバス×レザーの折り財布です。


DSC01105.jpg
折り山のパイピングに破れがあります。キャンバスが濃くなっている箇所は、汚れているように見えますが、生地が摩耗し下の織り糸が見えている状態です。


DSC01104.jpg
上部折り山のキャンバスも同様に摩耗しGG柄が同化しています。


DSC01495.jpg
生地を折りなおすことは出来ませんので、違和感の出ないお色の革を上から帯状にあて覆い隠します。


DSC01494.jpg
帯状に補強をすることで、パイピングの破れも同時に補修することが可能です。


DSC01493.jpg
使用によるキャンバス地の黒ずみ汚れもクレンジングにてスッキリといたします。革あては見栄えのみならず、傷みやすい箇所の補強にもなりますのでこれからも永くご愛用いただけるかと思います。このような事例でお困りでしたら、一度ご相談くださいませ。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月21日
emuスティンガーのオールソール
ムートンブーツの修理をご紹介いたします。

DSC01224.jpg
こちらはemuのスティンガーです。


DSC01225.jpg
ソールはスポンジとemuのロゴが入ったラバーの2層です。ラバー層が加水分解により割れが生じている状態です。また、かかとの減りも激しい為ソール全体を交換いたします。


DSC01226.jpg
元々は、つま先とカカト部分にラバーが付いていました。

DSC01504.jpg
今回はvibram#2021のサンドにてリペアします。#2021は全体がスポンジ素材のものです。色はサンド以外に、黒、ダークブラウンの3色展開となります。


DSC01503.jpg
つま先からカカトにかけてなだらかに厚みが増していくデザインです。ラバーより強度は落ちますが、軽量でスポンジの中では減りにくい素材となりますのでオススメです。


DSC01502.jpg
かかとにある「OIL RESISTING」の文字は耐油性を表しています。タウンユースにはあまり関係がないかもしれませんが、油の付着による劣化が起こりにくい素材です。


DSC01501.jpg
アッパーもクレンジング&ブラッシングにてケアしております。UGGムートンブーツ等のソール交換も可能です。オールソールは修理にお時間を頂く為、オフシーズンでのご依頼がお勧めです。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月05日
チャーチサンダルのプレケア
靴プレケアのご紹介です。

DSC01655.jpg




















チャーチのクロスストラップサンダルです。チャーチは靴作りの町として有名なイギリスのノーサンプトンで1873年に創業した、英国を代表する靴ブランドです。007シリーズのジェームス・ボンドが愛用することでも知られています。


DSC01656.jpg




















チャーチのロゴが入ったレザーソールです。プレケアでハーフソールをご依頼頂きました。


DSC01682.jpg




















底の色に合わせ、こげ茶をお付けしました。今回お付けしたプロテクティブソールは、厚さが1ミリのため、ソールの薄い婦人靴のデザイン性を損なうことなく保護することが出来ます。


DSC01685.jpg




















レザーソールのすべり止めやソールの減り防止には、新品時のハーフソールをお勧め致します。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月02日
マークジェイコブスパンプスのメンテナンス
パンプスメンテナンスのご紹介です。

2018060118092013947.jpg




















つま先にスエード素材があしらわれた、マークジェイコブスのフラットシューズです。


2018060118093714013.jpg




















すべり革(かかと内側部分)が擦れにより破れています。


2018060118100414012.jpg




















リフトが減り、アッパー部分が地面に擦れてしまったのでしょうか。かかと辺りに傷ができています。


DSC01688.jpg




















スムースレザーにできた傷は、染色補正にて目立たなく致します。リフトも新しいものに交換致します。


DSC01690.jpg




















すべり革は破れの上から新しい革をあて、補修致します。オリジナルに近い色をあてることが多いですが、今回は黒をお付けしました。


DSC01686.jpg




















全体のクレンジングにより、つま先のスエード汚れもできる限り除去致します。お気に入りの靴を今後もご使用いただけるよう、できる限りメンテナンスさせて頂きます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月16日
ワンピース 縮み補正
今回はご依頼品のワンピースの縮み補正についてご紹介いたします。
こちらのワンピースは素材がシルク100%でした。
2018051618112145829.jpg
外側が縮んでおり、内側の裾が見えております。
シルクのアイテムをご自宅で洗濯をされて、このように縮んでしまったというご依頼は多数いただきます。
シルクは水を含むと縮みますのでご留意くださいませ。
尚、衣類の織り方によって縮みやすいかどうかがわかれる為、縮むかどうかは見た目では判断が難しいです。
2018051618112145829_1.jpg
シルクの縮みは縮み補正にて修復可能です。
トリートメントを施しますので生地を傷めず縮み補正が可能です。
2018051618112145829_2.jpg
シルクのアイテムはシワにもなりやすい為、ご自宅でのメンテナンスは高度な技術が必要かと思われます。
2018051618112843683.jpg
このようなアイテムがございましたらお気軽にご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月24日
グッチイントレチャートローファーのメンテナンス
紳士靴メンテナンスのご紹介です。


201804201846321559.jpg



















イントレチャートが特徴的なグッチローファーです。イントレチャートはラムスキンなどの柔らかなレザーをテープ状に裁断し、それを編みこんでいくというイタリアの伝統技法です。


201804201847191571.jpg



















つま先が擦れて退色しています。


20180420184747375.jpg



















レザーソールも摩耗により減っています。


201804201848131560.jpg



















ソール保護にはハーフソールがおすすめです。すべり止め効果もございます。今回はビブラム(♯7673)ブラックをお付けしました。


201804201848401563.jpg



















アッパーの擦れは染色補正により目立たなく致します。染色しますと革の裁断面にも顔料が入りますが、違和感のないようにケアいたします。


201804201849031569.jpg



















イントレチャートのアイテムは靴の他、バッグやお財布のメンテナンスも可能です。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月14日
靴資材のご紹介(ミラーソール)
靴リペア部門より、新しい資材をご紹介いたします。


DSC01257.jpg
こちらは「ミラーハーフソール」です。名前のとおり鏡のように輝き高級感のあるハールソールです。現在Hanakoyaでは赤・黒の2色をご用意しております。


DSC01216.jpg
赤はルブタンのレッドソールの為に作られたといっても過言ではないくらい、自然に馴染みますのでルブタンユーザーの方にはぜひオススメです。


DSC01221.jpg
柄やロゴがなく滑らかな素材ですので見た目を損なうことなくソールを保護することができます。ルブタンの他にもフェラガモなど光沢感のあるソールに施すととても美しい仕上りとなります。


DSC01220.jpg
厚みも程良くコバも自然に仕上がります。見た目はとても滑りそうですがグリップ力があります。弊社スタッフの靴で確認済みです!とてもオススメなハーフラバーですのでぜひお試し下さいませ。




rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
65件中(1件〜10件を表示しています)   前   |