ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年02月14日
ジュンヤワタナベコラボダウン染め直し こげ茶⇒こげ茶
今日はモンクレール×JUNYAWATANABEコラボのダウンウェア染直しをご紹介いたします。
DSC03238.jpg
ご依頼品のモンクレールダウンウェアです。モンクレールの人気モデルK2がベースです。


DSC03244.jpg
袖が変色し緑色になっています。


DSC03239.jpg
また、フードや襟元など皮脂が付く箇所も変色が起きやすい箇所の一つになります。


DSC03242.jpg
印象的なビッグワッペンはお染め替え時染まるので、ご希望の場合はこのように外してから染め直します。


DSC03666.jpg
変色を隠すためには現状より濃い色でのお染め替えが必要になりますが、こげ茶の場合は元よりも濃いこげ茶で染め直しを行い、その後ワッペンを取り付けます。


DSC03665.jpg
Hanakoyaでは染め替えは染料に漬け込んで行うため裏地もナイロンの場合は同じように染まります。


DSC03667.jpg
変色が激しい場合は状態によっては多少濃淡が出るケースもあります。


DSC03664.jpg
このようにコラボ商品のモンクレールダウンウェアの変色もお染め替えで改善いたします。ただコラボ品はモンクレールメーカー補修対象外となりますのでご検討下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年02月11日
MAMMUT(マムート)ダウンウェア クリーニング 
本日はマムートダウンウェアのクリーニングをご紹介いたします。
DSC04530.jpg
ご依頼品のマムートダウンウェアです。MAMMUTは1862年にスイスで設立されたアウトドアブランドです。


DSC04531.jpg
MAMMUTを象徴する、マンモスのマークが目を引きます。マムートダウンは軽量でとにかく温かいのが特徴です。機能性が高くデザインもスタイリッシュなことから、高い人気を誇ります。


DSC04532.jpg
襟元の赤いプリントには、フィルパワーが表示されています。フィルパワーとは、“ダウンのかさ高を表す値”のことで、数値が高いほど良質だと判断されます。一般的には550以上なら高品質とされる中、マムートのダウンはなんと750以上のフィルパワーを誇ります。


DSC04533.jpg
弊社ではマムートのダウンウェアのクリーニングも承っております。シーズン後のメンテナンスをお勧めいたします。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年02月04日
モンクレールMELINA染め替え 茶→こげ茶
今回はご依頼品のMONCLERダウンウェア-MELINA-のお染め替えについてご紹介いたします。
DSC04498.jpg
ご依頼品のMONCLER -MELINA-です。モンクレールダウンウェアの中でも歴史の長いモデルです。


DSC04502.jpg
元色は茶色ですが、変色しオレンジ色になっています


DSC04499.jpg
前身頃裾の変色が目立ちます。変色には様々な要因がありますが、この部分は紫外線による変色の可能性が高いです。


DSC04890.jpg
今回は全体をこげ茶にお染め替え致しました。ステッチは素材上染まりませんので多少浮いた仕上がりになります。


DSC04893.jpg
お染め替え後も汚れが付いたままの保管は変色の原因となるため、メンテナンスを施した状態での保管をお勧め致します。


DSC04892.jpg
現状より濃いお色でお染め替えを施し変色を隠しますので今までとは違った雰囲気のダウンウェアに生まれ変わります。変色でお困りの際はお気軽にご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月28日
デュベティカダウンウェア染め替え モカ→こげ茶
本日はデュベティカダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
DSC04503.jpg
ご依頼品のデュベティカダウンウェアです。シンプルなデザインでファッションを問わずコーディネートを楽しめそうです。


DSC04504.jpg
全体的に緑色に変色していますが、襟元やフード内側は皮脂に触れ特に変色しやすい箇所です。


DSC04505.jpg
袖は日焼けによる変色でしょうか。元色との差が激しいです。


DSC04810.jpg
全体をこげ茶にお染め替え致しました。お染め替えすることで元色との差が激しかった袖部分の変色が目立たなくなります。


DSC04811.jpg
薄い色でお染め替えを施しても変色は隠れないため、基本的には同色系の濃い色でお染め替えを行い変色を隠します。


DSC04808.jpg       このようにデュベティカダウンウェアの変色はお染め替えで修復可能です。お困りの場合はお気軽にご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月27日
ストーンアイランドダウン染め替え 紺⇒黒
本日はストーンアイランドダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
2018111217415038917.jpg
ご依頼品のSTONE ISLANDダウンウェアです。ストーンアイランドは1982年創業のイタリアブランドです。ダウンウェアのナイロンは繊細なものが多く透け感のある軽い美しい色合いのダウンウェアが多いですね。


2018111217415038917_2.jpg
色褪せはございませんがお客様のご要望によりお染め替えを行います。



DSC03694.jpg
今回い黒色で染め替えを行います。ステッチ部分は染まらない為元のお色が残った仕上がりになります。またお染め替えは衣類にかなりのダメージがかかりますので変色など着用に問題が無い場合は基本的にはお勧めいたしません。


DSC03693.jpg
全体に濃くなりますがが、元のネイビーが混ざったようなお色になります。製品としての黒色にはなりませんのでご了承下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月22日
HETREGOダウンウェア染め替え ベージュ→こげ茶
今回はご依頼品のエトレゴダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
エトレゴは1916年に創業のMINARDI(ミナルディ)社が出したアパレルラインが「HETREGO」です。
ミナルディ社は羽毛布団等を作っており、100年以上の歴史のある老舗メーカーです。
DSC04158.jpg
そんなエトレゴダウンウェアですが裾や全体的に変色し緑っぽくなっております。
DSC04159.jpg
ナイロン素材のためお染め替えは可能ですが襟元にモヘアが付いております。
モヘアはお染め替えしますと縮みますのでお染め替えできませんが、
今回モヘア部分を外してから染めて、その後取り付けいたしました。
DSC04162.jpg
お染め替え後の写真です。
モヘアは外しつけ致しましたのでそのままの状態となります。
DSC04667.jpg
モヘア部分は色が浮いた仕上がりになっております。
DSC04666.jpg
元色より濃い色でお染め替えをし変色を隠しますので、
元々のイメージとはかなり変わります。
DSC04665.jpg
このようなアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月21日
デュベティカアダラ染め替え 紫→赤
今回はデュベティダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
DSC04194.jpg
ご依頼品のデュベティカadhara(アダラ)です。タイトなシルエットやマットな素材が上品さを引き立てる、定番人気モデルです。


DSC04197.jpg
襟元など肌に触れやすい部分は皮脂が付き変色しやすい箇所です。


DSC04198.jpg
また、蛍光灯の光や日光などの紫外線が当たりやすい袖部分も、変色しやすい箇所の一つです。


DSC04250.jpg
赤色でお染め替え致しました。元色と混ざるため、赤みは薄く紫色っぽくなります。


DSC04249.jpg
お染め替えによって、変色部分が目立たなくなります。


DSC04248.jpg
この様に暖色系のダウンウェアのお染め替えも可能です。このような変色でお困りの場合はお気軽にご相談下さい。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月09日
タトラスダウン 染め グレー⇒濃紺
今回はタトラスダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
こちらはグレー色のダウンウェアです。
2018120512472535265.jpg
写真ではわかりにくいですが襟元の縁が薄ピンクに変色しております。
2018120512472535265_1.jpg
裾にも変色がございました。
2018120512472535265_2.jpg
今回は全体を濃紺にてお染め替え致しました。
現状より濃いお色でお染め替えをし変色を隠しますので見た目、雰囲気がガラッと変わります。
DSC04144.jpg
ステッチは素材上染まりませんので元の色のままとなり、浮いた仕上がりになっております。
DSC04146.jpg
お染め替えした色と元色が混ざった仕上がりになりますので、アイテムによって仕上りの色が異なります。
DSC04143.jpg
このような事例でお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年12月18日
タトラスダウンウェアの染め替え グレー⇒黒
今回はタトラスダウンウェアのお染め替えのご紹介を致します。
DSC03860.jpg
元色がグレーですが変色し緑色になっております。
DSC03861.jpg
ダウンウェアの変色の場合、ナイロン素材であればお染め替えをし修復致します。
DSC03863.jpg
黒色へお染め替え致しました。
モンクレールのワッペンは綺麗に染まりませんが、タトラスのワッペンは違和感なく綺麗に染まりますのでそのまま染めてしまう事をお勧め致します。
DSC04135.jpg
ファスナー横やステッチは染まりませんので浮いた仕上がりになっております。
タトラスの襟元のブランドラベルも染まりません。
DSC04137.jpg
染め替え後も汚れが付いたままになっていたり、日焼けするとこのように変色しますので定期的なメンテナンスをお勧めいたします。
DSC04133.jpg
このような症状の場合、お気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年12月16日
マックスマーラ染め替え ダッフル交換 茶⇒こげ茶
本日はマックスマーラダウンウェアの染め替え、ダッフル交換をご紹介いたします。
201811071743153237.jpg
ご依頼品のMaxMaraWEEKENDダウンコートです。マックスマーラはコートやダウンウェアなど多数ご相談いただくブランドです。


201811071743153237_3.jpg
明るいダウンウェアは日焼けによって変色し全体にむらができています。変色の原因は様々ですが、日光の当たる箇所での保管は最も変色する要因となります。


201811071743153237_2.jpg
フロントには合皮のダッフルが使用されていますが、劣化し表面が剥がれています。

DSC03681.jpg
ダッフルは付いた状態で染めると破損や劣化など不具合を起こすため外してから染め直しを致します。今回はご一緒に劣化したダッフル自体を作成し交換致します。
レザーでの作成も可能ですが、今後のクリーニングを考えオリジナルと同様に合皮での作成を行いました。


DSC03683.jpg
ステッチの糸は染まらない素材のため基本的には同系色でのお染め替えを行い変色を隠します。


DSC03680.jpg
深いお色に染め上がり今までとは違った雰囲気のダウンウェアに生まれ変わります。変色でお困りの際は一度ご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
66件中(1件〜10件を表示しています)   前   |