ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2016年12月21日
プラダ財布パイピング補修
お財布パイピング補修のご紹介です。

2016122117354011295.jpg























今回ご依頼頂いた、プラダの長財布(黒)です。

2016122117421812520.jpg























ご使用により、よく擦れるフチや角が所々やぶれています。

2016122117424111942.jpg























フチを囲っている革(パイピング)を1周新しく交換致しました。
出来るだけ似た革で違和感がでないよう補修させていただきますが、革の色合いによっては色ずれする場合もございます。

2016122117430111944.jpg























このように、お財布のパイピングは新しい革に交換する事で補修可能です。また、やぶれ箇所が少ない場合は、部分的に革を当てて補修することも可能ですので、お気軽にご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月19日
エルメス(ベアン)のステッチ補修

エルメス(ベアン)ステッチ補修のご紹介です。

2016071919431445000.jpg
















ベロ部分のステッチが切れています。
2016071919474445002.jpg
















今回は糸の傷みが激しかったため、擦り切れそうなステッチも全て外しオリジナルに似た色・太さの糸で縫い直します。2016071919542246728.jpg

















このようにベロ部分のステッチが切れた場合は補修が可能です。他にも本体のステッチ補修も承っております。補修の際は新しい糸を使用するので多少色差が出る可能性がございます。



rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年05月24日
財布レザーレース編み補修

財布のレザーレース(革紐)編みの補修です。

hanakoya_python01.jpg

















天然のパイソン革にブラウンのレース編みが施されている財布です。

 hanakoya_python02.jpg


















負荷がかかりやすい折山のレースがなくなっています。

 hanakoya_python03.jpg


















逆サイドも同様切れています。このまま使用すると更に緩みが生じてしまうため、新しいレースにて部分的に編み直します。

 hanakoya_python04.jpg


















 hanakoya_python05.jpg


















継ぎ目の部分は二重になるため厚みがでます。

hanakoya_python06.jpg

















部分的な補修でも違和感のない仕上がりとなります。



rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年03月01日
イルビゾンテ財布 染色補正・修理
イルビゾンテ財布メンテナンスのご紹介です。

2016022016471722874.jpg

















閉じた状態の時に止めるゴムバンドが伸びきっています。


2016022016481322815.jpg

















内側はこのような形状になっています。固定する方法として、2通りの方法をご提案させていただきました。.乾爛丱鵐匹鮓魎后´▲曠奪を付ける


2016022016512422929.jpg

















今回はお客様からのご要望もあり、このようなホック(ベロ付き)を作成することにしました。ゴムバンドは取り外しています。このタイプはニューモデルとしてイルビゾンテにも存在しているそうです。


2016022016552222929.jpg

















【Before】画像です。外側には使用によるキズやスレが目立っています。


2016022016562322942.jpg

















染色補正を施すことでキズやスレはほとんどわかりません。


2016022016583723076.jpg

















染色補正をすることで、若干ロゴの型押しが埋まりますが鮮やかに蘇ります。



rogo_hanakoya.jpg



official website





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年05月23日
オールレザー長財布の修理。
財布修理のご紹介です
2015021609541519305.jpg




















オールレザーの財布です。

2015021609542919242.jpg




















チェーンを付ける金具が革ごと破れています。外革と内革の間に補強用の革を挟み一緒に縫いこんで修理いたします。

2015021609550319380.jpg




















補強重視で修理させていただきました。内側に元々なかったミシン目が出ています。

2015021609552119270.jpg




















外側はオリジナルと変わらない仕上がりです。どうしても一度破損した場合再度同じ箇所が破損しやすくなりますが、革あて補強を施すことで、またすぐに破れるといったことは少ないかと思います。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年02月21日
Cartier(カルティエ)財布の修理。
Cartier(カルティエ)財布補修のご紹介です。

2015021609234118764.jpg




















全体的に使用感とスレ、キズが見られます。


2015021609241218776.jpg




















折り目や角はステッチがほつれたり、傷つきやすい箇所です。


2015021609245818670.jpg




















表レザーの傷み、ステッチがほつれ開いています。


2015021609252018725.jpg




















この場合コイン入れの蓋は厚みが出ると開閉がしづらくなりますので、接着後ステッチを縫い直し補修いたします。



2015021609253618742.jpg




















こちらはステッチ縫いのみでは強度が弱い為、裏に革をあて補強した上で縫い直しています。


2015021609255318715.jpg




















キズやスレ染色にて補正しました。革用保湿クリームでこまめにお手入れをすることで、これからも永くご愛用いただけるかと思います。


rogo_hanakoya.jpg


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2014年08月05日
シャネル財布 ファスナー交換。

シャネル財布ファスナー交換のご紹介です。

2014071917581421044.jpg





















ファスナーのエレメント(ギザギザの駒の部分)が壊れてしまい、開閉ができない状態です。

2014071917582421185.jpg




















この状態になってしまうと、ファスナー自体を交換する必要があります。


2014071917583620747.jpg




















同じ様な既製ファスナーへ交換しました。財布本体の糸目も違和感なく仕上がっています。


2014071917584820932.jpg




















スライダーの引手はオリジナルのモノを再利用できる場合もあります。また、ファスナー自体に異常が無いのに閉めても下からあいてしまう物は、スライダーのみの交換にて改善します。


rogo_hanakoya.jpg


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています