ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年02月17日
ペネトレイトブラシのお手入れ
靴磨きの際、コバの狭い隙間やブローグ部分へも均一にクリームを塗布することができ大変重宝するペネトレイトブラシです。はなこやの靴磨き教室でも使用しています。

DSC00880.jpg
このペネトレイトブラシは使用していくうちに、クリームに含まれるロウ成分が固まって毛先が硬くなってしまいます。保管前に出来る簡単なお手入れをご紹介いたします。


DSC00882.jpg
ぬるま湯と不要な布を用意します。



DSC00883.jpg
ブラシをぬるま湯に浸しクルクルと円を描きながらブラシについているクリームを溶かしだします。強くすると毛が抜けますので注意して下さい。


DSC00884.jpg
5〜6周したら、布(タオル地がおすすめです)で拭います。1回目でかなり綺麗になりますが、これを2〜3度繰り返します。


DSC00886.jpg
最後にブラシの毛並みを整え、必ず自然乾燥をしてから保管して下さい!




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年05月19日
この技術の名前、ご存じですか?。
革小物のクイズです!

こちらのコーナーに施されている技術は何といわれるものでしょうか??


ちなみにこちらのコバ(パイピング)は薄くすいた革の端を折りこんである『へり折り』と呼ばれる製法です。


2015051919025914346.jpg





















正解 『菊寄せ』

へり折りのコバにおいて、コーナーに細かいヒダを入れて折り返した革をカーブさせる技術です。なんと日本が得意とする技術だそうです!とても繊細で美しい技術ですね。


rogo_hanakoya.jpg 



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月28日
VERO CUOIO ってブランド名??。

よくインポートの靴底にこのような刻印があるものをご覧になったことはございませんか。

これって何ていうブランド名??といったご質問を度々いただきます。

2015042717030125276.jpg




















実はブランド名ではありません。

これはイタリア語で「VERO=本当の」、「CUOIO=皮」という意味です。つまり『VERO CUOIO=本革』のマークなのです。本革に似せてつくってある合皮底等と見分けるのに役立ちますね。



rogo_hanakoya.jpg 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています