ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月21日
シャネルシルクワンピースのほつれ補修
今日はシャネルシルクワンピースのほつれ補修をご紹介いたします。
2019022016554529302.jpg
ご依頼品のCHANELシルクワンピースです。

2019022016554529302_3.jpg
シャネルらしい洗練されたデザインのシルクワンピースです。

2019022016554529302_2.jpg
白いシルク部分が全体に黄ばみ、薄汚れた印象です。また、脇部分には生地がよれて、破れそうになっています。


DSC05289.jpg
シルクは素材が薄く補修跡が残りやすいですが、今回は補強後、袖を縫い込むことで補修跡が目立たなく仕上りました。
デザインや痛みの状態によっては袖丈が短くなったり、シルエットが変わるなどお勧めできないケースもあります。
アイテムに合わせた補修方法をご提案いたします。


DSC05296.jpg
シルクはクリーニングによる失敗をよく聞きますが、Hanakoyaでは修復師によりウェットクリーニングが可能です。


DSC05287.jpg
ウェットクリーニングすることで汗や皮脂汚れも除去されますので、スッキリと着用いただけます。シルク素材は専門店でのクリーニングをお勧めいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年12月15日
Kanematsuパンプスクリーニング

本日はカネマツのメッシュパンプスのご紹介です。

2018111417401227074.jpg

こちらはつま先のキズ、スレ

2018111417401227074_1.jpg

かかと、ヒール部分のスレ、キズが気になるとのご相談です。

2018111417401227074_2.jpg
 
レザー素材のパンプスですので専用ソープでクレンジングした後にスレ、キズの部分を色補正にて目立たなく致します。

DSC03580_1.jpg

深い傷跡は残る場合がありますが今回のスレ、キズは色補正にてほぼ目立たなくなりました。

DSC03581_1.jpg

ヒールの革が巻かれている部分はよく穴にヒールが入り込んでしまって革がめくれてしまうご相談がありますがその場合はヒールの革巻き交換をご提案させて頂いています。今回はとくにそのようなめくれがない為ピンヒールのリフトの交換をさせて頂きました。

DSC03579.jpg

シーズンオフのアイテムをメンテナンスして保管していただくことで保管時のトラブルを軽減する事ができます。また履く時期にすぐに活用する事もできますので是非この時期に春夏のアイテムをチェックしてみてはどうでしょうか?




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月29日
visvimムートン付きジャケットのクリーニング
今日はvisvimムートン付きジャケットのクリーニングをご紹介いたします。
2018111217240436650.jpg
ご依頼品のvisvimムートン付きジャケットです。ビズビムは中村ヒロキ氏が設立したジャパニーズブランドです。高い品質とこだわりのデザインが人気です。中村氏はHanakoyaで多数ご依頼頂くモンクレールでも「MONCLER V」のラインを手掛けています。


2018111217240436650_2.jpg
襟から見えるムートンは裏地全体を包んでいてとても暖かそうです。またレザーパッチなど随所にレザーが使用されクールなデザインとなっています。


DSC03396.jpg
ムートンやレザーとキャンバス地のコンビ素材はレザーが痛まないよう素材の状態を見極めてクリーニングいたします。


DSC03400.jpg
毛足や毛並みが整うようにメンテナンスいたします。また、ファーやムートンも変色する危険がありますので、シーズン後はメンテナンスをお勧めいたします。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月15日
マッキントッシュフィロソフィーコート染め直し
本日はマッキントッシュフィロソフィコートの染め直しをご紹介いたします。
2018111318251512367.jpg
ご依頼品のマッキントッシュコートです。フィロソフィーはボンディング加工のされた綿コートが多く、ゴム引きコートより軽く柔らかいのが特徴です。


2018111318251512367_2.jpg
裾が変色し赤っぽくなっています。ゴム引きコートは製品の性質上全体を染める事はできませんが、フィロソフィは全体に漬け込み染め直すことで変色を隠します。


DSC03873.jpg
表地と裏地を貼り合わせている素材のため、剥離などのリスクは伴います。また裏地も表地と同じ綿素材のため花柄は染まり、染料のお色に染まります。


DSC03872.jpg
金属ボタンは痛むので、お染め直しの際には外し付けを行います。全体のトーンが濃くなり、変色を隠すことが出来ます。リスクを伴いますがこのようなお染め直しも可能ですので一度ご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月23日
トリーバーチワンピースのシミ除去
今回は衣類のシミ除去についてご紹介いたします。
ご依頼品のトリーバーチのワンピースです。
花柄がとても素敵ですね。
DSC03076.jpg
裾にシミがございます。
全体的に若干シワもあります。
この様なしみはウェットクリーニング・染み抜きで除去しますが、場合によっては完全には取り切れない可能性もございます。
DSC03077.jpg
この様なアイテムはご自宅で洗浄するとプリント部から色がでたり、お素材によっては縮んでしまう可能性がございます。
弊社では1点1点に合った方法で洗浄や染み抜きを丁寧にさせていただきます。
DSC03119.jpg
ウェットクリーニング後はしわも伸びてスッキリといたします。
DSC03118.jpg
お客様の思い出の品、貴重なアイテムを大切にお預かりさせて頂きます。
この様なアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月18日
MA-1のウェットクリーニング
今日はMA-1フライトジャケットのウェットクリーニングをご紹介いたします。
DSC02735.jpg
ご依頼品のMA-1です。こちらは1940〜60年代のデザインを忠実に再現したモデルになります。


DSC02738.jpg
ショート丈のナイロン地でシンプルなデザインです。袖と裾にリブがあり防寒性優れています。またMA-1は後身頃の方が丈が短く作られているのもポイントです。


DSC02736.jpg
れぷりかはもちろんですがビンテージのMA1やN-3Bなどもウェットクリーニング可能です。


DSC02737.jpg
最近はブーム再熱でおしゃれなMA-1も出てますね。この様にミニタリー系のアウターもウェットクリーニングいたします。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年09月24日
シャネルニットワンピースの色泣き
本日はシャネルワンピースの色泣きをご紹介いたします。
DSC02739.jpg
ご依頼品のシャネルのニットワンピースです。


DSC02743.jpg
ご自宅でお洗濯された際、色が染み出てきたとの事です。写真ではわかりにくいですが、白色と紺色の境目部分やシャネルロゴも紺色からの色がにじみ赤っぽくなっています。
色泣きとは、プリントや染色した染料がしっかりと洗い流されず、洗濯の際に移染した状態です。


DSC02772.jpg
色泣きは洗濯液に長時間の漬け置きする事で発生します。綿、麻、レーヨンの素材も起こりやすいです。
ボーダーや多色使いで白がある場合等は要注意です。


DSC02770.jpg
このようは色泣きはしみ抜きをおこない除去します。場合によっては色泣きが広がるリスクも伴いますが、出来る限り除去させて頂きます。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年09月06日
クロムハーツパーカーの染め替え(黒→黒)
今回はパーカーの染め替えについてご紹介いたします。
ご依頼品のクロムハーツのパーカーです。
2018082918425527905.jpg
クロムハーツは1988年に創業されたアメリカのアクセサリーブランドです。
クロムハーツといえばシルバーアクセサリーが有名ですが、革製品も取り扱っております。
創業者リチャード・スタークはハーレーダビッドソンを愛するバイク乗りで、開業当初バイク用革製品等を中心に作っていたそうです。
クロムハーツはシルバーアクセサリーのイメージが強いですが、
バイク用のレザーウェア付属品のシルバーのパーツをアクセサリーとして販売し始めたのがきっかけだそうです。
2018082918425527905_1.jpg
ご使用により、フードの縁や、全体的に薄っすらと白っぽくなっております。
2018082918425527905_2.jpg
綿素材であれば退色は全体を漬け込んでお染め替えを施す事により概ね修復可能です。
2018082918425527905_3.jpg
元色が黒でしたので黒でお染め替え致しました。
今回は後身頃裾にレザーのワッペンが付いておりました。
レザーはお染め替え時縮んだりと不具合を起こしますので、外せるレザーは外して染め、その後取り付けさせて頂きます。
DSC02875.jpg
ボタン、引手、ファスナー等の金具類が付いているアイテムをお染め替えいたしますと、お染め替え時塗料が剥がれる可能性がございます。
DSC02873.jpg
ご使用により、生地が擦れて白っぽくなっている箇所はお染め替え致しましても残ります。
他にも、綿素材の割合が少ない場合などは退色がしっかり染まらない、変色が隠れないケースがございます。
DSC02877.jpg
ステッチ、ファスナー横の生地は染まりません。
お染め替えするお色によっては浮いた仕上りになります。
DSC02871.jpg
この様なアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月09日
FOXEYワンピース ウェットクリーニング
今回はワンピースのウェットクリーニングについてご紹介いたします。
2018080917230210560.jpg
ご依頼品のFOXEYのワンピースです。
FOXEYは1980年にファーブティックとしてオープンした後、毛皮の他にも洋服作りを始めました。
FOXEYといえばエレガンス、上品、知的などの大人で素敵な女性のイメージがありますね。
今回はそんなFOXEYからツルっとした素材のワンピースのご依頼です。
2018080917230210560_1.jpg
画像ではわかりにくいですが、うっすらと裾にシミが出来ております。
2018080917230210560_2.jpg
このようなシミはウェットクリーニングにて概ね除去可能です。
他にもシワ、ハリも概ね修復可能かと思われます。
DSC02356.jpg
この様なアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月26日
ブランドTシャツのしみぬき
本日はGUCCI,サンローランTシャツのしみぬきをご紹介いたします。
2018071012415139024.jpg
ご依頼品のTシャツ2点です。サンローランはさりげない上品さとGUCCIは胸元の大きなロゴがありインパクトがありますね。

2018071012415139024_1.jpg
画像ではわかりにくいですがサンローランには黄色のシミがあります。

2018071012421338472_1.jpg
GUCCIには黒いしみがついています。淡い色の衣類は特に小さなシミも気になります。

DSC02367.jpg
この様なシミはウェットクリーニング後しみぬきを行い除去します。黄ばみがある場合はホワイトニング(漂白加工)も行います。

DSC02383.jpg
黄色のシミの多くは保管中に衣類に残っていた汚れが浮き上がったり、紫外線なども影響し発生します。この様なシミも除去可能ですので一度ご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
17件中(1件〜10件を表示しています)   前   |