ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年06月22日
miumiuスカートの黄ばみ除去
本日はmiumiuスカートのシミ除去をご紹介いたします。
2018061917283820912.jpg
ご依頼品のスカートです。保管中に茶色のシミが出てきたとの事でのご依頼です。

2018061917283820912_2.jpg
ドライクリーニングでは汗などの水溶性の汚れが除去できず残ります。残った汚れが経年により黄ばみや茶シミとして表に浮いてくるのです。

2018061917285620989_2.jpg
この様なシミはウェットクリーニング・ホワイトニングを施し除去いたします。全体の黄ばみも取れる為発色がクリアになります。


2018061917285620989.jpg
この様に浮き出てきた黄ばみや茶シミは除去可能です。普段のクリーニングとは別に保管前にウェットクリーニングで汗汚れを除去する事で次のシーズンもスッキリと着用出来ます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月16日
バレンシアガキャップ 黄ばみ除去
今回はご依頼品のバレンシアガキャップのメンテナンスについてご紹介いたします。
バレンシアガのロゴの入ったシンプルなデザインで人気のキャップです。
DSC01911.jpg
今回黄ばみ、黄ジミの除去のご依頼を頂きました。
内側は汗が付着しそのままにしておくことにより黄ばみとなって浮き上がってきます。
DSC01912.jpg
ベルト部分も何かの汚れが付いて浮き上がってきたのかポツポツと黄ジミになっております。
DSC01913.jpg
このような黄ばみ、黄ジミであればウェットクリーニングと漂白加工にて概ね除去可能です。
DSC02015.jpg
キャップの内側などは必ずと言っていいほど皮脂の汚れ、汗が付着しております。
目には見えない汚れも放っておくと今回のような状態になります。
DSC02014.jpg
キャップだけではなくすべての衣類に該当しますが、黄ばみ、黄ジミになる前に定期的にメンテナンスを行い、見えない汚れを除去しておくのがお勧めです。
DSC02013.jpg
このようなメンテナンス、黄ばみ、黄ジミ除去ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年03月17日
穴あきのかけつぎ

今日はカーディガンの穴補修をご紹介いたします。
2017013112402630570.jpg



















ご依頼品のニットカーディガンです。モヘアのような毛足の長いカーディガンです。
2017013112522932365.jpg


















2箇所虫食いの穴があります。
2017022712062711566.jpg


















今回は共布があったのでかけつぎを致します。共布がない場合は縫い合わせて補修致します。またニットの網目によってはかけつぎ出来ないものもあります。

2017022712064812383.jpg


















このようにカーディガンの虫食いも補修可能です。カシミヤコートなどの虫食いも補修可能です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年09月08日
FOXEYシルクバルーンワンピースのシワ補正

本日はFOXEYワンピースのしわ補正をご紹介いたします。
20160729142859303.jpg


















依頼品のフォクシーワンピースです。元々バルーンタイプのワンピースでしたがクリーニングに出したところ、しっかりとプレスされていたようです。
2016072914291749102.jpg
















本来なかった箇所にプレスが入ったためふんわり感がなくなり、また細かいシワがあります。

20160729143024329.jpg
















バルーンスカートの立体感が出るようプレスしシワを補正致します。
2016072914305145701.jpg
















このようにシルクワンピースのシワにお困りの場合もご相談ください。またシルクワンピースが縮んだ場合も修復可能です。



rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月04日
B-3メンテナンス
B-3メンテナンスのご紹介です。

2016080111183618503.jpg
















フライトジャケットの定番ですね。

2016080111192816747.jpg
















表側のレザー部分の右身頃が白くなっています。これはカビではなく、中にある蝋が表面に浮き出てきている状態です。

2016080111223818532.jpg
















表面の白いものは除去することは可能です。ロウが浮き出てくるのは保管環境に問題がありますので、高温多湿を避けて定期的に風通ししてください。

2016080111225919119.jpg
















多少白く残るケースがありますが、着用を繰り返すことで消えていくものです。



rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年05月29日
EQUIPMENT ブラウスのシワ伸ばし
EQUIPMENTブラウスのシワ伸ばしをご紹介いたします。

2016052610502039091.jpg
















フランスのシャツブランド エキプモンの定番シルクシャツです。

2016052610504439077.jpg
















ウォッシャブル加工のシルク素材なので自宅でも洗えそうですが、シルク素材なので水洗いではシワや縮みが起こります。

2016052610505939093.jpg
















シワや縮み以外にも光沢感が無くなったり、シワの部分が毛羽立って色落ちなども起こりますのでご注意ください。

2016052610511839079.jpg
















この場合はトリートメントに漬け込んで縮みやシワを解消します。

2016052610513739074.jpg
















トリートメントの効果で光沢感もよみがえります。

2016052610515539055.jpg
















多少の色落ちであれば発色するので改善しますが、色落ちが酷くて気になる場合は染め直しや染め替えなどもご提案させていただきます。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年12月17日
ARMERNキルティングコートケア。
ARMERNキルティングコートケアのご紹介です。

2015121712100513209.jpg




















ARMENの定番コートです。綿素材のものもありますが、最近はナイロン素材が主流ですね。

2015121712104613293.jpg




















ラベンハムのコートなども同様ですが、中綿が入ったナイロン素材を使用していますので軽くて暖かいコートです。

2015121712105813256.jpg




















モンクレールなどのダウンジャケットと同様のクリーニング内容なので、洗い上がりは中綿がふっくらして軽くなります。

2015121712114813176.jpg




















もちろんハイパー撥水コーティングしますので、今後の汚れ予防にもなります。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています