ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2017年09月21日
Theoryダウンクリーニング

今日はダウンウェアのクリーニングをご紹介いたします。
2017072114132129096.jpg























ご依頼品のTheoryダウンウェアです。
2017072114141428466.jpg























写真ではわかりにくいですが、よく見ると襟部分が黒ずんでいます。
2017072114144129044.jpg























襟元や袖口などの黒ズミはウェットクリーニングにて概ね除去可能です。
2017072114154529096.jpg























尚、ダウンウェアは洗うことにより中の羽毛が膨らみふわっとした仕上がりになります。
2017072114165329076.jpg























襟元や袖口は黒ズミになりやすく、汚れが付いたままの状態で保管するとカビや変色を起こしやすくなります。
2017072114174929096.jpg























ご使用後はこまめなクリーニング、メンテナンスをお勧めいたします。
このような例でお困りの方は是非お気軽にご相談くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年09月18日
DIEZELダウンウェア クリーニング

今回はダウンウェアのクリーニングについてご紹介いたします。
2017070412250813216.jpg























ご依頼品のDESELのダウンウェアです。
201707041225517633.jpg
























少しボリュームがなくなっているように見受けられます。
2017070412261713226.jpg























ダウンウェアのボリュームは羽毛の状態によっては完全には元に戻らないことがございます。
2017070412264013245.jpg























ニオイに関するご依頼も多数頂きます。
ダウンウェアは水洗い致しますがニオイには個人差がございますので完全には取り切れないケースがございます。
2017070412274812115.jpg























光沢に関しましてはウェットクリーニングで汚れを落とした後特殊シリコーンにて光沢加工を施しますので概ね改善致します。
2017070412371114398.jpg























冬季は大変混みますのでお早めにご依頼くださいませ。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年09月13日
ウールリッチダウンクリーニング


本日はダウンウェアのクリーニングをご紹介します。
2017090814491119825.jpg























ご依頼品のウールリッチダウンウェアです。
2017090814494019825.jpg























大きな汚れは見受けられませんが、洗うことにより全体的にスッキリとします。
2017090814501922138.jpg























袖口や襟元の汚れ、黒ズミは概ね除去可能と思われます。
2017090814510921010.jpg























冬季は大変混み合いますので、お早めにご依頼くださいませ。



rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年09月06日
水沢ダウンのウェットクリーニング

今日はデサント水沢ダウンのメンテナンスをご紹介致します。
2017070916333125262.jpg























ご依頼品のレディスダウンウェアです。水沢ダウンはきれいな色のダウンを多数ご依頼頂きます。
2017070916340026381.jpg























ポケットに黒ずみがあります。
2017070916343426385.jpg























袖口も汚れやすい箇所ですね。
2017070916345626941.jpg























裾のロゴも剥がれることなく洗浄可能です。
2017070916352427476.jpg























ポリエステルは素材上汚れ落ちが良くないため黒ずみの激しい箇所は薄く残る可能性がありますができる限り除去させて頂きます。
2017070916354826379.jpg























このように水沢ダウンもウェットクリーニング可能です。仕上げにハイパー撥水コーティングを施します。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年08月03日
水沢ダウンメンテナンス

今日はデサント水沢ダウンのメンテナンスをご紹介いたします。
2017072113501325957.jpg























ご依頼品の水沢ダウンです。ここ数年でご依頼がとても増えました。
2017072113503426524.jpg























袖口に黒ずみが確認できます。黒ずみはウェットクリーニングにて概ね除去可能です。
2017072113510426524.jpg























水沢ダウンはステッチの無い作りなのでダウンパックは接着テープで出来ています。劣化していると不具合が起こるケースもありますのでご注意ください。
2017072113513225402.jpg























このようにシームレスダウンもウェットクリーニング可能です。剥離する可能性がある場合はお伝えさせて頂きます。

















 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年06月06日
TATRASクリーニング

本日はタトラスダウンウェアクリーニングをご紹介いたします。
2017060619240025686.jpg


















ご依頼品のTATRASダウンウェアです。
2017060619242726983.jpg


















ウール地のダウンウェアもナイロン同様にウェットクリーニング致します。

2017060619245226250.jpg


















柔軟剤の効果で生地が柔らかくなります。またボリュームも羽毛復元剤を使用しできる限り復元するようケア致します。

2017060619251926350.jpg


















汚れが付いたままの保管はカビや変色、虫食いの原因になりますのでメンテナンス後の保管をおすすめ致します。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月30日
エミリオ・プッチダウンジャケット クリーニング
エミリオ・プッチダウンジャケット クリーニングのご紹介です。

2016082512005448913.jpg
















EMILIO PUCCIのファー付ダウンジャケットです。

2016082512010948910.jpg
















画像では分かりにくいですが、襟周りはファンデーションや皮脂汚れが目立ちます。

2016082512012545847.jpg
















ファーは取り外しできないタイプです。

2016082512014148364.jpg
















取り外しできないタイプでもウエットクリーニング(水洗い)は可能です。

2016082512020948910.jpg
















モンクレールなどと同様のケア内容ですのでファンデーションや皮脂汚れはもちろん、羽毛の汚れもおちてダウンのボリュームもよみがえります。

2016082512023048281.jpg
















このようにエミリオプッチのダウンジャケットもウエットクリーニング可能です。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月23日
PETITBATEAUキッズダウンクリーニング
PETITBATEAUキッズダウンクリーニングのご紹介です。

2016081811183915722.jpg
















キッズはもちろん、新生児から大人用まで人気のプチバト―のダウンです。

2016081811185516454.jpg
















フード周りにはアクリル素材のファーが付いています。キッズのアイテムは汚れやすいことと、清潔を保つために水で洗えるアクリルなどの化繊が使用されることが多いです。

2016081811191216460.jpg
















水で洗える素材なのに中綿が羽毛というだけでドライクリーニングしてしまうと、汚れ落ちも悪く衛生面的に良くないですね。

2016081811192915783.jpg
















Hanakoyaではモンクレール同様に水洗いしますので汚れ落ちも良く羽毛のボリュームもよみがえります。

2016081811194815783.jpg
















ドライクリーニングだと汗などの汚れが落ちにくく不衛生です。また、溶剤の残留などで皮膚炎を起こすことがありますのでご注意ください。

2016081811200716324.jpg
















このように新生児やキッズ用のダウンも水洗いしますので、お肌の敏感なお子様にも安心して着せられます




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月26日
カナダグースダウンウェア(カムループス)メンテナンス

カナダグースダウンウェア(カムループス)メンテナンスのご紹介です。
201607251203525753.jpg
















スペシャルフォースジャケット(特殊警察用)がベースで、骨太な定番モデルとして世界的に人気のコンスタブル・パーカーの、日本スペックモデルのカムループスです。
201607251210237632.jpg
















袖口や縁部分が擦れて白くなっています。
201607251212018172.jpg
















色褪せの激しい箇所のみ部分染色し現状より目立たなく致します。
201607251216068179.jpg
















ボリュームが無くなっています。
201607251218208173.jpg
















羽毛復元剤を使用しウエットクリーニング(水洗い)することでボリュームが改善致します。
201607251222579386.jpg
















このように部分染色やボリューム復元することが可能です。部分染色は完全に元のお色に戻るわけではございません事ご了承くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年06月30日
ウールリッチダウンウェア クリーニング

ウールリッチダウンウエア クリーニングのご紹介です。
 

2016061511023812064.jpg
















WOOLRICHの定番ダウンアークティックパーカです。

2016061511025311981.jpg
















フードには取り外し可能なコヨーテファーが付いています。

2016061511030912005.jpg
















全体的にダウンのボリュームが無くなっている状態です。

2016061511032712064.jpg
















羽毛復元剤を配合したウエットクリーニング(水洗い)で羽毛の汚れが落ち、ボリュームがよみがえります。

2016061511034712095.jpg
















ファーもふっくらとして艶もでます。

2016061511042412086.jpg
















このようにウールリッチのARCTIC PARKAもモンクレール同様にウエットクリーニングいたします。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
46件中(1件〜10件を表示しています)   前   |