ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2017年05月11日
モンクレールBADIA染め替え(ピンク⇒ピンク)

本日はMONCLER BADIAのお染め替えをご紹介ご紹介致します。
2017051110560733331.jpg























ご依頼品のモンクレールレディスのバディアです。
2017051110562736214.jpg























元々淡いピンクのダウンウェアですが裾を中心に変色し緑色っぽくなっています。
2017051110565336832.jpg























襟元など肌に触れる箇所は変色しやすい箇所となります。
2017051110571635634.jpg























お染め替えは元より濃い色で変色を隠します。同系色でのお染め替えがなじみが良いためお勧めです。
2017051110574436807.jpg























今回は濃いピンクで染め替えを行います。裾の変色はほとんど分からなくなります。
2017051110580635021.jpg























このように同じ色にすることはできませんが変色は染め替えし補修可能です。このような場合にはどうぞご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年04月10日
モンクレールグルノーブルクリーニング

本日はMONCLER CANMOREクリーニングをご紹介いたします。
2017031712245615795.jpg


















ご依頼品のCANMOREです。グルノーブルラインです。

2017031712250814411.jpg


















タイトなタイプですがボリュームもなくなっています。
2017031712252216105.jpg


















前立て部分のロゴの切り抜きも剥がれております。
2017031712253815115.jpg


















ウェットクリーニングで汚れを落とした後、このような剥がれは接着し補修致します。
2017031712255811499.jpg


















ボリュームは羽毛復元罪で出来る限り復元致しますが、羽毛の状態によっては元に戻らない可能性もございます。
2017031712261515797.jpg


















このようにMONCLERグルノーブルシリーズもウェットクリーニング可能です。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年03月10日
モンクレールVダウンベストクリーニング

今日はモンクレールVダウンベストのクリーニングをご紹介いたします。
2017020817233818531.jpg



















ご依頼品のMONCLERダウンベストです。
2017020817235615751.jpg



















綿素材のシリーズで裏地にプリントがあったり、アンティークな風合いのあるシリーズです。
2017020817243917924.jpg


















ロゴワッペンは白色です。

2017020817245515829.jpg


















表面の汚れはウェットクリーニングで概ね除去可能です。

2017020817251019008.jpg


















生地が退色しているケースもありますが、素材上、退色の修復は出来ません。またプリントの再現も不可となります。

2017020817253319142.jpg


















水洗いすることでご使用による汗や皮脂は除去可能です。また羽毛復元剤によりふっくら軽い仕上がりになります。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年09月24日
モンクレールダウンコート(GERBOISE)クリーニング

モンクレールダウンコート(GERBOISE)クリーニングのご紹介です。

201609221713437644.jpg
















レディースの人気コート ジェルボアーズ ネイビーです。


201609221714187678.jpg







 






ボリュームのある襟にはファンデーションの汚れが付きやすいものです。

201609221714377682.jpg
















このような襟汚れはウエットクリーニング(水洗い)で概ねきれいになります。

201609221714537666.jpg
















襟元のブランドラベルも汚れやすい箇所ですね。

201609221715097083.jpg
















こちらの黒ずみもきれいになります。

201609221715327671.jpg
















トリートメント効果でダウンのボリュームも甦ります。仕上げには今後の汚れ予防にハイパー撥水コーティングも施します。


 
 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年09月22日
MONCLERダウンベストメンテナンス
MONCLERダウンベストメンテナンスのご紹介です。

2016090512090717947.jpg
















モンクレールダウンベストLiberationです。

2016090512092817439.jpg
















ポケットの入り口など手が良く触れる箇所は黒ずみになりやすいです。汚れたままにしておくと変色の原因となります。
2016090512110117936.jpg
















黒ずみはウェットクリーニングにて概ね除去可能です。

2016090512130318005.jpg
















着用する季節が近づいて来ています。ご使用前にメンテナンスはいかがでしょうか。



 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月07日
モンクレールダウンウェアSUYEN水シミ除去
モンクレールダウンウエアSUYEN水シミ除去のご紹介です。

2016072818294544359.jpg
















レディースの人気モデルスイエンです。

2016072818300843671.jpg
















雨に打たれて全体に水ジミが付いたようです。

2016072818302644254.jpg
















ナイロン素材がこのようなシミになる場合はナイロン自体が汚れてきている証拠です。

2016072818305043671.jpg
















トリートメント剤を配合した洗浄水で水洗いしますので汚れはもちろん、羽毛のボリュームもよみがえります。

2016072818312044357.jpg
















スイエンはダウンパックがなく、ナイロンも薄手の繊細なものを使用していますので、非常にデリケートなアイテムで、クリーニング事故の多いモデルです。

2016072818320144990.jpg
















このようにSUYENが水ジミになっても概ね綺麗になります。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月04日
モンクレールダウンウェア皮脂汚れ・黒ずみメンテナンス

モンクレールダウンウェア皮脂汚れ・黒ずみメンテナンスのご紹介です。

2016070411000634064.jpg
















モンクレールのダウンベストです。
2016070411061834864.jpg
















画像では見づらいですがポケット周りのよく手が触れる箇所に黒ずみがあります。

2016070411084734881.jpg
















襟部分は肌が直接触れる部分となるため皮脂汚れが一番目立ちやすいです。

2016070411102235452.jpg
















皮脂汚れはウェットクリーニングを施すことで概ね除去可能です。
2016070411112834715.jpg
















黒ずみも同じく除去可能ですが、黒ずみの激しい箇所は多少薄く残る場合もあります。
2016070411192336624.jpg
















このように皮脂汚れや黒ずみはウェットクリーニングで除去することが出来ます。汚れが残ったまま保管されると変色の原因となりますのでシーズン後はメンテナンスをすることをお勧め致します。


rogo_hanakoya.jpg



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年05月08日
モンクレールダウンCHANTILLYクリーニング
モンクレールダウンCHANTILLYクリーニングのご紹介です。

201603301559036949.jpg

















2016年秋冬のレディース新作シャンティリーです。

201603301559187211.jpg

















薄手のナイロン素材でダウンパックを使用していないため、非常に軽量で着心地の良いジャケットです。手首と裾にはスピンドルコードが付いていて絞れるようになっているのも特徴ですね。

201603301559447236.jpg

















ダウンパックを使用していないため、羽毛が汚れやすいのでボリュームが無くなっています。

201603301600066874.jpg

















トリートメントを配合したウエットクリーニング(水洗い)を施して羽毛の汚れを落とし、ダウンのボリュームを復元いたします。

201603301600217211.jpg

















内側のブランドラベルの汗ジミや黒ずみも綺麗になります。

201603301600367212.jpg

















このように軽くて柔らかいシャンティリーはウエットクリーニングでふんわり・ツルツルに仕上がります。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年03月26日
モンクレールダウンBULGARIEのカビ除去
モンクレールダウンBULGARIEのカビ除去をご紹介いたします。

2016032411412311079.jpg
















MONCLERブルガー シャイニーブラックです。

2016032411413612524.jpg
















全体が真っ白なくらいに白カビが繁殖しています。ブルガリはファーが取り外しできないタイプなので一般的には水洗いができないタイプです。一般的なドライクリーニングではカビの汚れは綺麗になりません。

2016032411414812537.jpg
















Hanakoyaではレザーの水洗いが可能なので、ウエットクリーニングでカビを洗い落とします。トリートメント効果でナイロンの光沢感もよみがえります。

2016032411420412526.jpg
















このようにモンクレールにカビが生えても水洗いでよみがえります。ファーが取り外しできないブルガりやアルバートも水洗い可能です。





rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月29日
モンクレールMAYA 油染み除去 光沢復元
モンクレールMAYA 油染み除去 光沢復元のご紹介です。

2016022513522031898.jpg

















メンズの人気モデルMAYAシャイニ―ブルーです。

2016022513523231875.jpg

















両袖に油染みが付いたようです。食べこぼしなどで油性汚れがついた場合は水を固く絞ったタオルなどで拭き取っても取れないものです。

2016022513525031973.jpg

















水溶性の汚れであれば水に溶けるので拭き取ればある程度綺麗になりますが、油性はそうはいきません。落ちないからといって無理に擦るとナイロンが毛羽立ったり、色落ちしたりしますのでご注意ください。

2016022513530831819.jpg

















このようなシミはウエットクリーニングで概ね綺麗になります。トリートメント効果でナイロンの光沢もよみがえります。もちろんボリュームも改善いたします。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
66件中(1件〜10件を表示しています)   前   |