ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2016年04月03日
モッズコート血液のシミ除去
モッズコート血液のシミ除去のご紹介です。

201603301506346385.jpg
















綿100%カーキのダッフルタイプのコートです。

201603301507336334.jpg
















血液が付いたようでクリーニングに出したが取れないまま帰ってきたそうです。

201603301541526638.jpg
















血液のシミはドライクリーニングでは取れません。水洗いでも落ちにくいので、シミ抜きで除去します。クリーニングの仕方によっては血液のシミが落ちにくくなることもありますので、血液が付いた場合は染み抜きのできるお店にご相談されることをお勧めいたします。

201603301542256758.jpg
















モッズコートはシミ抜きすると色落ちしやすい素材です。ご自身で強くこすったりしても色落ちしますのでご注意ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年08月05日
エルメススカーフの血液のシミ除去。
今日はエルメススカーフについた血液ジミ除去をご紹介します。

8.16Hanakoya01.jpg


















画像はご依頼いただいた商品です。エルメスバッグの持ち手がシルク素材のスカーフ生地になっているものです。

8.16Hanakoya02.jpg


















2本の色違いの持ち手に血液のシミがついたそうです。

8.16Hanakoya03.jpg


















血液のシミは比較的簡単に除去できますが、シルク素材は擦れたりしますので、超音波で除去します。時間が経っていないものは、簡単に取れますのでやってみてください。その場合は水を固く絞った布で上からたたくように血を吸い取ると綺麗になります。熱をかけると取れにくくなりますので、お湯などは使えません。

8.16Hanakoya04.jpg


















エルメスのスカーフなど高価なものはプロにお任せすることをお勧めします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年01月30日
血液のシミヌキ ナイロンジャンパーに血がついた場合
今日はお客様から血液のシミ抜き依頼がありました。

PIC_0458.JPG画像はシミ抜き前の商品です。
素材はナイロン100%・中綿ポロエステル100%です。
洗濯表示は水洗いOKになっています。







PIC_0459.JPG画像はシミ部分です。右前部分に広範囲で血液が付いています。
小さな血液のシミであれば部分的にシミ抜きしますが、今回は広範囲なのと素材的にも水洗いOKなので、血液部分に酵素を塗ってブラッシングしてから洗うことにしました。





PIC_0460.JPG以前、お話しましたが、血液は熱ががかかると取れなくなるので、常温の水を使って落とします。お湯はだめです。
また、血液は水溶性のシミのためドライクリーニングでは落ちません。
ある程度ブラッシングで落ちれば、そのまま水洗いします。




PIC_0461.JPG画像は水洗い後の商品です。
血液のシミは綺麗に除去できました。









PIC_0462.JPG今回のお客様は血がついてすぐにクリーニングに出していただいたので、比較的簡単に除去できましたが、
すべてのシミにいえることですが、血液のシミも時間がたつと、落ちにくいシミです。
熱をかけるのも厳禁です。

今回のシミ抜きは素材やその他、いろんな要素で簡単に除去できましたが、ウールやシルクなど、また時間がたった血液でも対応できますのでもしそのようなものがあれば、ご連絡ください。県外からも宅配便でお送りしていただければ対応します。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月14日
ジャケットに血が付いた場合(シミ抜き+プレスのみ)
今日もシミ抜きのみのご紹介をします。

PIC_0311_1.JPG画像は綿のジャケットですが襟元に血がべっとりと付いています
今回のお客様は買ったばかりの商品で初めて袖を通して付いたシミらしく
こちらもシミ抜きのみをおすすめしました。






PIC_0310_1.JPG画像はシミ抜き後の商品です。
血のシミは綺麗に除去できました。









今回は商品が綿素材ということもあり、シワが目立ったので
プレスも一緒に依頼があったので、シミ抜き+プレスを施しました。

ちなみにプレス料金はクリーニング料金の7掛けとなっています

PIC_0309_1.JPG液のシミヌキでもご紹介したように、血は熱をかけることで成分が固まってしまいシミが取れなくなります。
もしご自宅で血のシミを取るのであれば濡れタオルでシミをたたきだすようにして取ってください。
決して擦ったりはしないでください。
もちろんお湯は厳禁です。





お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月25日
血液のシミヌキ
今日はお客様から血液のシミヌキのご依頼がありました。
今回のお客様はご自分で取ろうとしたのですが、完全に取りきれずに当社にお持ちいただきました。写真ではお見せできないのですが、全体に血液が薄くにじんだ状態で生地も黄色く変色していました。

血液用のシミヌキ剤をシミの部分に塗り、(超音波を使用します)で丹念に取り除いていきます。血液の成分の中には鉄分が含まれていますので、最後にその鉄分を薬品で除去します。今回は生地も変色していたので、漂白もしました。

写真は漂白後の品物です。シミも黄変もきれいに除去できました。









シミは時間がたてば経つほど落ちにくくなります。特に血液のシミはついた直後から酸化を始め取れにくいシミに変化します。また血液で注意したいのは熱をかけないことです。水よりもお湯の方が取れそうですが、血液に関してはお湯はお勧めできません。そうすることによって取れるシミでも取れなくなってしまいます。今回のお客様は比較的早めに出していただけたのできれいに取れました。




お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています