ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年07月17日
エルベシャプリエGPラインのメンテナンス
エルベシャプリエバッグのメンテナンスをご紹介いたします。2018070414205035870.jpg
ご依頼品のHerveChapelierのGPラインのバッグです。本体がナイロンキャンバス地にゴムコーティングを施したコーデッドキャンバスを使用している、ブランドを代表するバッグです。

2018070414205035870_1.jpg
ハンドル部分はコーティングがないため黒ずみが付きやすい箇所となります。

2018070414211136948.jpg
コーテッドキャンバス部分も黒ずみや汚れが付着しています。

2018070414212938127_1.jpg
本体部分はコーティングされている為浸透した汚れについては除去することが出来ません。ただ表面上に付着した汚れについては全体クレンジングにて改善いたします。

2018070414212938127.jpg
表面の汚れが落ちることで本体に浸透した汚れが現れました。エナメルなどもそうですが樹脂コーティング等に汚れが浸透した場合は洗浄での除去は不可となります。
デニムやレザーなどからも移染する場合がございますのでご使用の際はご注意ください。

2018070414211136948_1.jpg
ハンドルや全体の薄汚れが落ちることで明るくすっきり致します。このような場合はお気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月12日
ロエベアマソナメンテナンス
今日はロエベアマソナのメンテナンスをご紹介いたします。
2018013113030446470_1.jpg
ご依頼品のLOEWE AMAZONAです。 

2018013113030446470.jpg
アマソナは1975年に誕生してから今日まで定番の人気を誇るバッグです。様々な色や素材が発売されています。


2018013113030446470_3.jpg
ハンドル部分に細かいキズや黒ずみがあります。


2018013117551834173_3.jpg
キズや黒ずみは全体クレンジング後染色補正し見栄えよくいたします。


2018013117551834173_1.jpg
スレが激しい場合は多少ハリ感が出ますが、ロエベの柔らかい革質が残るようメンテナンスいたします。

2018013117551834173.jpg
革は乾燥するとキズやひび割れが起こりますので定期的に保湿クリームでメンテナンスすると状態よく使用できます。スレや黒ずみがある場合はご相談ください。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月05日
バレンシアガシティオレンジのメンテナンス
バレンシアガシティのメンテナンスをご紹介いたします。

2018021417195333308.jpg
ご依頼品のBALENCIAGAシティです。正面全体が退色し白っぽくなっています。

2018021417195333308_1.jpg
バレンシアガはシティの他、タウンやファーストなど名作が多数あります。最近はキャンバスタイプも人気ですね。

2018021417195333308_2.jpg
元々しわがある革質ですが、シワから退色し全体に白っぽくなっています。このようなしわ感のあるバッグは乾燥もしやすいため定期的に保湿クリームでの保湿をお勧めいたします。

DSC00826.jpg
かなり違って見えますが、内側など退色していない元の色に合わせて染色補正し、退色を修復します。

DSC00827.jpg
ただ、シワ部分にも顔料が入りますので元々の濃淡はなくなり、質感に変化が出ます。

DSC00825.jpg
染色補正後も定期的に保湿を心がけることで顔料の剥がれを予防します。このような柔らかい革質のバッグは染色補正することで多少ハリ感が生まれます。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月26日
ゴヤールサンルイのメンテナンス
今日はゴヤールサンルイのメンテナンスをご紹介いたします。
DSC01190.jpg
ご依頼品のサンルイの白です。軽くて丈夫なPVCを使用した本体にレザーのハンドルが付いています。

DSC01193.jpg
本体が丈夫な分、ハンドルはご使用による経年劣化がおこりやすい箇所となります。今回はハンドルにインクのような付着物が付いたのでこちらの除去のご依頼です。

DSC01467.jpg
レザーのハンドルのため全体クレンジング後染色補正を施し見栄えをよく致します。

DSC01466.jpg
またハンドルが劣化したり底が破れてきた場合も補修可能です。それぞれの状態に合わせた補修方法をご提案させて頂きます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月24日
シャネルリュックのメンテナンス
本日はシャネルリュックのご紹介です。
DSC01362.jpg
カジュアルなリュックもゴールドのシャネルロゴでゴージャスな雰囲気が漂います。

DSC01364.jpg
更にショルダーのチェーン使いにシャネルのこだわりが伺えます。

DSC01363.jpg
ご使用により全体がやや白っぽくなり、フタの縁が擦れて表面が剥げています。

DSC01437.jpg
元々の質感、風合いを意識しながら染色補正する事により擦れによる退色、革の剥げを修復していきます。

DSC01438.jpg
染色補正する事で革に張り感が出たり、多少質感、風合いの変化はございますが、しっとりとした光沢感が蘇ります。

DSC01435.jpg
ラフな夏コーデに似合うリュックにサッと荷物を入れて出掛ける。そんなシーンが多くなるこれからに向けて先ずはメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。ご相談お待ちしております。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月20日
セリーヌラゲージハンドルの黒ずみ除去
今日はCELINEラゲージのハンドルの黒ずみ除去をご紹介いたします。
2018020518074945839.jpg
ご依頼品のセリーヌバッグです。ラゲージのシリーズは豊富なサイズ展開と色の組み合わせがおしゃれなバッグです。


2018020518074945839_1.jpg
今回はドラムドカーフのベージュのご依頼です。


2018020518074945839_2.jpg
ハンドルがすれて黒ずんでいます。


2018020518080147600_2.jpg
このような黒ずみは染色補正にて目立たなく修復致します。


2018020518080147600_1.jpg
ベージュのような明るいお色は光の種類で色ずれする特性がありますが部分的な染色補正で違和感が出ない場合は退色箇所のみケア致します。


2018020518080147600.jpg
このようにセリーヌバッグの黒ずみもメンテナンスで目立たなく修復可能です。多色使いの場合も可能ですのでご相談ください。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月13日
BEAMS BOY×POTERバッグの色泣き除去
本日はBEAMS BOY×POTERバッグの色泣き除去をご紹介いたします。
2018032114541834076.jpg
ご依頼品のBEAMSBOY×POTERのトートバッグです。

2018032114542735816.jpg
うっすらピンク色に見える部分は内側の飲料をこぼしたことで表側のプリントからピンク色がにじんでしまったようです。

DSC01129.jpg
柄が多く、洗浄することでさらにプリントから色が出る可能性がありますが、少しづつ丁寧に色泣きを除去いたします。色泣きはこのようなキャンバス地のプリントや、レザーとのコンビ素材でよく見受けられます。

DSC01128.jpg
柄の具合や状態により薄く残るケースもありますが、このような色泣きは染み抜きにて除去いたします。キャンバス地は色移りもしやすいものですのでご注意ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月10日
セリーヌカバのメンテナンス
本日はセリーヌカバのメンテナンスをご紹介いたします。
DSC01573_1.jpg
とても洗練されたシンプルでスタイリッシュなバッグですね。

DSC01571_1.jpg
モノトーンのシックなスタイルにもカジュアルなコーデにも合わせられるデザインが人気の秘密でしょうか。

DSC01570_1.jpg
様々なシーンで活躍するバッグだからこそ持ち歩く機会が多く、いつの間にか傷みが出ている事もあります。

DSC01572_1.jpg
ご依頼品のこのセリーヌカバにもご使用によるスレや傷がバッグ全体的に付いてしまっています。

DSC01669.jpg
この様なスレ傷や退色は染色補正にて目立たないようにケアさせて頂きます。

DSC01666.jpg
染色補正により多少、革質にハリ感が出て風合いも変化致します。

DSC01667.jpg 強く擦れた跡や深い傷の場合は染色補正後も凹凸はそのままとなりますが修復は可能です。

 


DSC01664.jpg
スレや退色で仕舞いがちになってしまったセリーヌカバがございましたら一度ご相談下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月03日
グッチバンブーバッグのメンテナンス
グッチバンブーバッグメンテナンスのご紹介です。
2018021417244833966.jpg
竹をハンドバッグのハンドルに使うというユニークなアイディアから生まれたグッチのバンブーバッグ。

2018021417244833966_1.jpg
とても趣きあるバンブーバッグは洋服だけではなく、和装にも馴染む貴重なバッグですね。

2018021417244833966_2.jpg
ご依頼品のバンブーバッグはバッグ全体にスレやシミが目立つ状態でしたが、これは染色補正にて目立たないよう修復が可能です。

DSC00855.jpg
染色補正する事により柔らかい革質にハリ感が出て、多少質感や風合いが変化いたしますが、スレやシミは目立たなくなります。

DSC00853.jpg
革が乾燥し、ひび割れがあった箇所は今後のご使用によりひび割れから顔料劣化し剥がれる可能性がございます。

DSC00852.jpg
バッグ本体のスレやシミはメンテナンス可能です。ハンドルバンブーに多少広がりがある場合の補正も承っております。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月29日
ロエベアイレシルバーのメンテナンス
今日はLOEWEバッグのメンテナンスをご紹介いたします。
2017071616121140690.jpg


















ご依頼品のLOWEナッパアイレです。ロエベの柔らかい革の風合いが感じられるハンドバッグです。


2017071616133439727.jpg


















シルバー系のお色でしたがハンドルが退色し地が見えています。


2017071616135742366.jpg


















元々と同じお色を作り染色補正にて退色を修復いたします。シルバーやゴールドなどのラメのあるお色は多少ラメ感が変わります。


2017071616144842382.jpg


















このようにシルバーやゴールドのようなお色のバッグもメンテナンス可能です。同じラメはご用意できない為ラメの光沢感が多少変わりますことご理解ください。















 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
301件中(1件〜10件を表示しています)   前   |