ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月28日
エルベシャプリエGPライン黒ずみ除去
今日はエルベシャプリエGPラインの黒ずみの除去をご紹介いたします。
2019012917392741786.jpg
ご依頼品のバッグです。GPラインはコーテッドキャンバスが非常に丈夫で軽いバッグです。


2019012917392741786_2.jpg
ハンドルに黒ずみが見られます。ハンドルが白色の為黄ばみも確認できます。


2019012917393335975_2.jpg
このような汚れは1点1点手作業で除去いたします。ハンドル全体の黒ずみが除去されると仕上がりは明るくなります。


2019012917393335975.jpg
本体部分は素材上、浸透した汚れの除去は不可となりますが、表面に付着したような汚れは除去可能です。このようにエルベシャプリエトートバッグもメンテナンスいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年03月16日
シャネルキャビアスキンバッグのクリーニング
  
今回はシャネルのキャビアスキンバッグのメンテナンスのご紹介です。

201901301701254539.jpg

こちらはシャネル定番のお素材でキャビアスキンのラインになります。キャビアスキンとは牛革にキャビアに似た模様を型押しした革になります。丈夫で長持ちすると言われるキャビアスキンは他の素材と比べると少し固めにできています。

201901301701254539_1.jpg

角擦れや型崩れが気になります。

201901301701254539_3.jpg

通常白いバッグのハンドルは使い込むと黒ずんできますがこのキャビアスキンの革は汚れも付きにくく気になる黒ずみはありませんが一か所革めくれがありますね。(ステッチはさすがに黒ずんでいますが染色することは可能です)

201901301701254539_2.jpg

角はスレて型押しも無くなっています。

DSC04304.jpg

元々顔料染めの革ですので状態の悪い所に色補正しても違和感なく仕上がります。

DSC04306.jpg

革めくれの部部も色補正することで目立たなくなります。

DSC04307.jpg

型崩れにかんしてはプレスやあんこを常に入れたりすることで多少改善いたします。(特に硬めのレザーバッグは保管時型崩れしないように気を付けましょう

DSC04303.jpg

キャビアスキンシリーズはお財布も数多く作られています。お財布も同様にメンテナンスさせていただきます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年03月02日
レディディオールバッグ べたつき除去

本日はナイロンキャンパス素材のレディーディオールのご紹介です。

DSC05061.jpg

こちらのレディディオールは内側のポリウレタン樹脂が経年劣化をおこしキャンバスの部分がべたつきを起こしている状態です。

DSC05066.jpg
 
飾りチャームにもべたつきが付着しています。

DSC05065.jpg

ハンドル部分はべたつきによりしっとりと濡れたように染み出ています。

DSC05357.jpg
   
手洗いのクレンジングによりハンドルの黒いしみだしは除去できました。

DSC05359.jpg

金具部分のべたつきも金属磨きにより除去致します。

DSC05355_1.jpg




















ナイロンキャンバス地の経年劣化によるべたつきのご相談は非常に多いアイテムの一つですがクレンジングによりべたつきは概ね改善致します。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年02月24日
バレンシアガカバ クラッチのクリーニング
今日はバレンシアガカバ クラッチバッグのクリーニングをご紹介いたします。
2019012818330128161.jpg
ご依頼品のBALENCIAGAカバのクラッチバッグです。メンズもレディスもご使用いただけるスマートなバッグです。


2019012818330128161_1.jpg
バレンシアガカバはトートバッグ他多数ご相談をいただきます。


2019012818330128161_2.jpg
よく触れる部分は黄ばみやシミが見受けられます。


DSC04708_1.jpg
こちらのシリーズは洗浄時に縁の革から色がにじむため、高い技術が必要になります。にじみが起こらぬように丁寧にしみや汚れを除去します。


DSC04707_1.jpg
古いしみや濃い黄ばみは薄く残るケースもありますが、全体のくすみや黒ずみが除去されますのでバッグが明るくなります。


DSC04706_1.jpg
防水・防汚効果のあるハイパー撥水コーティングを施す事でより快適にご使用いただけます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年02月05日
TUMIバッグ クリーニング
今回はご依頼品のTUMIバッグをご紹介いたします。
ハンドルがエナメル素材、本体はナイロン素材のバッグです。
TUMI(トゥミ)は1975年に「旅をより快適にしたい」という想いから創設されました。
創立者のチャーリー・クリフォードが南アメリカで平和部隊の任務に就いていた時に出会ったペルーの偶像にちなんで「トゥミ」と名付けました。
TUMIのバッグは機能性に優れている為ビジネスマンにとても人気です。


DSC04290.jpg
そんなTUMIバッグがご使用によりポケットの縁や全体的に黒ずんでおります。


DSC04293.jpg
底も汚れが付きやすいですね。
このようなバッグの汚れは全体クレンジングにて出来る限り除去致します。


DSC04291.jpg
レザーが付いているバッグは強く洗うと革から色が出る為強く洗えず、汚れが残りますがナイロンバッグは革が付いていない分汚れが比較的落ちやすいです。


DSC04470.jpg
キャンバス、ナイロンバッグは弊社でハイパー撥水コーティングを施す事が可能です。
撥水性も出ますが汚れが付きにくくなるコーティングです。


DSC04471.jpg
ハンドルのエナメル部分はお磨きしスッキリ致しますが、エナメルの浸透した汚れは弊社では除去不可となります。


DSC04469.jpg
このような症状の方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年02月02日
シャネルバッグ 染色

本日はシャネルマトラッセのご紹介です。

2018111517303845176.jpg

ラムレザーとキャンバス地のコンビタイプでレザー部分はスレによる退色とキズが目立ちます。


2018111517303845176_1.jpg

背面部分はキャンバス地になっていますが目立った汚れは見当たりませんがキャンバス部分はクリーニングにより汚れを除去しスッキリ致します。

2018111517303845176_2.jpg

四つ角は擦れやすい部分でもあるため毛羽立ったように擦れています。

DSC03530.jpg

レザー部分は色補正する事でキズやスレを目立たなくしていきます。

DSC03529.jpg

背面のクリーニング後の画像です。画像では分かりずらいですがスッキリした仕上がりです。

DSC03528.jpg

チェーン部分のレザーの色補正も状態に応じて染色可能です。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月29日
エルベシャプリエバッグの汚れ除去
今回はご依頼品のエルベシャプリエバッグについてご紹介いたします。
エルベシャプリエはフランスのパリ発祥のブランドでポーチやバッグ等を取り扱っております。
耐久性、防水性に優れた素材がとても人気のブランドです。
2019012817483825171.jpg
今回のバッグ本体は一見レザーの様に見えますが、コットンキャンバス地にゴムのような素材のコーティングを施したコーンテッドキャンバスという素材です。
ツルンとした触り心地で尚且つ硬めの素材です。
お客様よりバッグ入口の帯部分の汚れ除去のご依頼を頂きました。
2019012817483825171_3.jpg
このような汚れは全体的にクレンジングしできる限り除去いたします。
2019012817483825171_2.jpg
帯部分のキャンバスは素材上汚れ落ちが悪い為、完全には取り切れない可能性がございます。
DSC02423.jpg
本体のコーンテッドキャンバス地は全体クレンジング致しましても、汚れは落ちず見栄えは変わりません。
DSC02422.jpg
このようなデイリーユースしやすいアイテムはどうしても汚れが付着します。
お素材上見栄えが変わらないアイテムもあるかと思いますが、一度スッキリさせてみてはいかがでしょうか。
DSC02420.jpg
このようなアイテムをお持ちの方もお気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月24日
バレンシアガネイビーカバスのクリーニング
今日はバレンシアガネイビーカバスのクリーニングをご紹介いたします。
2018122916235946087.jpg
ご依頼品のBALENCIAGAです。コットンキャンバスとレザーのコンビ素材となり、コントラストが美しいバッグです。


2018122916235946087_1.jpg
キャンバスはご使用によって黒ずみやほこりが付きやすいものです。


2018122916235946087_2.jpg
細かいシミが見受けられます。またレザー部分にも退色があります。


DSC04424.jpg
ネイビーカバスは付属の革から洗浄時色が出る為あまり強く洗浄することができません。ただ細かいシミ等は出来る限りしみ抜き・クレンジングを行い除去致します。


DSC04426.jpg
また今後の汚れの予防にハイパー撥水コーティングを施し、快適にご使用いただけるようにメンテナンスいたします。


DSC04423.jpg
このようにネイビーカバスもクリーニング可能です。黄ばみがある場合もお気軽にご相談下さい。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月15日
プラダカナパライトグレー飲料のシミ除去
今回はご依頼品のプラダカナパのメンテナンスについてご紹介いたします。
全体的に薄っすらと黒ずみがございます。2018122710174417796.jpg























内側に飲料をこぼした際のシミがございます。
2018122710180717818.jpg























カナパのボーン部分にもシミがございます。
2018122710182217796.jpg























このような黄ジミになっている場合は全体クレンジング、漂白加工にてできる限り除去いたします。
2018122710185917825.jpg























黄ジミ、黄ばみは経年劣化の為完全に取り切れない可能性がございます。
2018122710193917762.jpg























デイリーユーズしやすいアイテムは通常使用による汚れがどうしてもついてしまいますが、
そのままにしておくと黄ジミになったり変色する場合がございます。
2018122710201917819.jpg























このようなシミが付いた場合やデイリーユースするアイテムは定期的にメンテナンスすることをお勧め致します。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年12月08日
LOEWEロエベアマソナミニボストンバッグ クリーニング染色


本日はロエベアマソナミニボストンのご紹介です。


2018110717224048103.jpg

お色はゴールドでスレの激しい箇所は黒っぽく変色しています。

2018110717224048103_1.jpg

背面の画像です。

2018110717224048103_2.jpg

ハンドル部分は特に触れる箇所の為ほぼゴールドの色が剥げてしまっています。

DSC03407.jpg

ゴールドなどのお色に関してはラメの粒子の関係上元のお色よりマットに見える場合があります。ハンドルのコバ部分もしっかり染色いたします。

DSC03406.jpg

こちらのアマソナは元もマット寄りのためオリジナルに近いお色で染色する事が出来ます。

DSC03405.jpg

カギのゴールドの黒ずみもお磨きいたします。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
320件中(1件〜10件を表示しています)   前   |