ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2013年06月20日
シャネルツイードジャケットの黄ばみ・変色補正。

今日はシャネルツイードジャケットの黄ばみ・変色補正をご紹介します。

20130619164520503.jpg




















画像はご依頼頂いたジャケットです。画像では分かりづらいのですが、オフホワイトの色合いが全体的に黄ばんでかなりくすんでいます。


20130619164533399.jpg




















ドライクリーニングされたようですが、全く綺麗にならなかったそうです。

20130619164544503.jpg




















袖の黄ばみは日焼けによる変色です。

20130619164615495.jpg




















この場合は漂白加工を施して黄ばみや変色を綺麗にします。

20130619164633495.jpg




















ドライでは落ちなかった汗ジミも綺麗になります。

20130619164649483.jpg




















生地のごわつきなども、水洗いとトリートメント効果で滑らかになります。


 


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年06月07日
チェックジャケットの黄ばみ除去。
今日はチェックジャケットの黄ばみ除去をご紹介します。

2013060518370316054.jpg




















画像はご依頼頂いたヨウジヤマモトのジャケットです。

2013060518371415899.jpg




















綿100%のチェック柄ですが、汗ジミや日焼けによる黄ばみが広範囲に見受けられます。

2013060518372516054.jpg




















チェックの柄物の黄ばみ除去は色落ちする危険性がありますので、漂白剤の濃度と温度を少しずつ高めて黄ばみを除去していきます。

2013060518373616325.jpg




















スッキリと洗い上がったジャケットはこれからの季節に活躍してくれますね。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年05月22日
麻ジャケットの黄ばみ除去。
今日は麻ジャケットの黄ばみ除去をご紹介します。

2012042617074718237.jpg




















画像はご依頼頂いたジャケットです。麻100%のアイボリーです。

2012042617080628283.jpg




















脇の黄ばみは汗ジミが黄変した状態です。ちゃんとクリーニングしたのに翌年着用しようと思ってみたら黄ばんでたということは良くあります。

201204261709002024.jpg




















これはドライクリーニングで汗が完全に取れなかった為、時間の経過と共に黄ばんでくるのです。

2012051911213517581.jpg




















このような場合は水洗いしても綺麗になりませんので漂白加工を施して黄ばみを除去します。

2012051911215523205.jpg




















汗による黄ばみはもちろん、全体的なくすみもなくなり本来の鮮やかなアイボリーによみがえります。

2012051911221519537.jpg




















このようにドライクリーニングでは汗の汚れは取れませんので、黄ばみ予防に水洗いクリーニングをお勧めいたします。また、黄ばんでしまったものでも綺麗になりますので、そのような場合は漂泊加工の出来るクリーニング店にご相談ください。


20080614154504.JPG20080614154504_1.JPGお客様の声です20080614154504.JPG 20080614154504_1.JPG

Hanakoya 御中

 

こんにちは。

麻ジャケット無事に届きました。

 

汗染みの汚れも綺麗になっておりました。

処分しようと思ってたのが、綺麗になって

大変満足しております。

ありがとうございました。

 




お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

  Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish

      

 
rogo_hanakoya.jpg

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年09月08日
agnes b.(アニエスベー)ブラウスの黄ばみ除去。
今日はアニエスベーブラウスの黄ばみ除去をご紹介します。

9.7Hanakoya01.jpg















画像はご依頼いただいたブラウスです。鮮やかな真っ赤な花柄のプリントが印象的です。

9.7Hanakoya02.jpg















洗濯表示は手洗いOKになっていますが、水洗いすると色落ちする恐れがあるため、ドライクリーニングされるケースが多い商品です。

9.7Hanakoya03.jpg















水洗いしていても汗ジミが蓄積されて黄ばんでくるものです。

9.7Hanakoya04.jpg















このような状態は水洗いだけでは黄ばみは取れませんので、漂白加工を施します。クリーニング業界では復元加工というところもあります。

9.7Hanakoya05.jpg















鮮やかなプリントはそのままに、黄ばみだけを取り除きます。難しいように見えますが、比較的簡単な作業です。
9.7Hanakoya06.jpg















色柄ものの漂白加工はご自宅でも出来ますが、うまく汚れが落ちない場合は専門店へご相談されることをお勧めいたします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月28日
TOMORROWLAND麻ジャケットの漂白加工。

皆さんこんにちは。
Hanakoya代表:福永哲夫です。
今日はトゥモローランド麻ジャケットの漂白加工(復元加工)をご紹介します。

6.28Hanakoya01.jpg


















画像はご依頼いただいたジャケットです。

6.28Hanakoya02.jpg


















麻100%の白のジャケットはこれからの季節のアイテムとして活躍しそうですね。

6.28Hanakoya03.jpg


















さあ着ようと思ってクローゼットから出してみると、綺麗だったはずのジャケットの襟や脇が黄ばんでいたということはありませんか?

6.28Hanakoya04.jpg


















シーズンオフにクリーニングしたはずのジャケットがこのように黄ばんでしまっているのには理由があります。

6.28Hanakoya05.jpg


















ちゃんとクリーニングしたからと言ってもドライクリーニングの場合は、汗の塩分が取りきれていないため、このように時間の経過とともに黄色く変色して表面に現れてきます。

6.28Hanakoya06.jpg


















このようにならないためにも、シーズンオフにはウエットクリーニング(水洗い)で、汗や水溶性の汚れをしっかりと取り除く必要があります。

6.28Hanakoya07.jpg


















お気に入りの白のアイテムがこのような状態になっても除去可能ですので、お気軽にご相談いただければと思います。私が対応させていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 
 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月26日
JIL SANDER ジャケットの襟汚れ除去。
今朝の北陸は雨模様で梅雨空となりました。Hanakoyaのまわりの木々も雨に濡れてしっとりとしています。鎌倉の長谷寺は紫陽花が見ごろなんでしょうね。

今日はJIL SANDERのジャケット襟汚れ除去をご紹介します。201006251811196815.jpg



















いつもご利用いただいているお客様の商品です。

2010062518114712255.jpg


















綿素材のこのようなジャケットはウエットクリーニング(水洗い)をお勧めしています。

2010062518121413019.jpg


















今回は襟汚れがひどく黄ばんでいましたので、復元加工を施しました。

201006251812426417.jpg


















お客様は以前に何度かクリーニングに出したそうですが、通常のドライクリーニングのため、汚れはほとんど落ちなかったそうです。

2010062518130413172.jpg


















このような綿のジャケットは通常のドライクリーニングだと後々、黄変や変色などを起こしますのでウエットクリーニングをお勧めいたします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年04月27日
脇の汗ジミ(黄ばみ)の除去(復元加工)。
皆さんこんにちは。Hanakoya代表の福永哲夫です。
昨日はモンクレールジャパンさんにご来店頂きました。
ご担当者の方に弊社のモンクレール仕上がり品やハイパー撥水コーティングの効果をご確認いただきました。本当はハイパー撥水のモンクレールを着て頂いて、ホースで水をかけさせてほしかったのですが、丁重にお断りされました。


今日は脇の汗ジミ除去をご紹介いたします。
4.28.01.jpg





















画像はご依頼いただいた商品です。今回のお客様は何度クリーニング店に依頼しても取れなかったので、弊社へご依頼いただきました。

4.28.02.jpg




















脇の下に汗ジミが付いています。かなり時間が経過したものとみられ、酸化して変色を起こしています。
4.28.03.jpg





















こちらも一緒にご依頼いただいたワンピースです。脇の下はもちろん、全体的に黄ばんでいます。

4.28.04.jpg





















フェラガモのワンピースで素材はアセテートです。このような商品は一般的にはドライクリーニングとなりますが、ドライですと汗ジミなどは綺麗になりませんので、クリーニングしても時間が経過するとこのように黄色く変色してきます。

4.28.05.jpg




















肩ひもは革素材なので取り外して処理します。他のクリーニング店で綺麗にならなかったのはアセテートと革という素材の組み合わせが要因かと思います。

4.28.06.jpg




















アセテートは水に漬けることで縮みやシワが出る素材ですが、今回のように黄ばみがひどい場合はドライクリーニングではなく、水による復元加工を施します。

4.28.07.jpg




















ブラウスも同じような処理方法で黄ばみを落とします。

4.28.08.jpg




















このように白物が黄ばんで時間が経過しても、綺麗になります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 
  

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2008年06月05日
他店で取れなかった襟汚れ除去
今日は他店で取れなかった襟汚れ除去をご紹介します。

20080605150358.JPG




















画像はご依頼頂いた商品です。
カルバンクラインのブルゾンです。素材は綿とナイロンの混紡です。

20080605150318.JPG




















見た感じはブラッシングで簡単に除去できると思ったのですが、他店でも取れなかったと言うこともあり、ブラッシングだけでは簡単に取れませんでした。

今回の襟汚れをじっくりと見てみると、通常のドライクリーニングで取れなかった汗の成分が残り、生地に浸透していました。また、生地自体も塩分や皮脂による黄変を起こしています。
このような場合はブラッシングなどの物理的な除去方法よりも薬剤を使用した染み抜きが効果的です。

20080605150412.JPG




















画像は染み抜き後、仕上がった商品です。
汚れは何でもそうですが、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。
また、汚れによって生地が変退色しますので、汚れが目立ちはじめたらできるだけ早くクリーニングするようにしましょう。

20080605150434.JPG




















今回は綺麗になりましたが、汚れた状態で放置しておくと生地が酸化し始め、劣化によって染み抜き不能となりかねません。
そのようにならないためにもシーズン終了後のクリーニングを心がけましょう。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています