ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年09月10日
ニューヨーカーレザージャケットの汗染み除去
本日はニューヨーカーレザージャケットの汗染み除去をご紹介いたします。
DSC02550.jpg
ご依頼品のレザージャケットです。


2018072512073422663_2.jpg
脇部分に汗じみがあります。単色のレザージャケットはシミが濃く見え、黒など濃色のレザージャケットの場合は白っぽいシミになります。

DSC02551.jpg
この様なシミは水洗い後染色補正を施し目立たなく修復いたします。アリニン染めなど染料染めの革の場合は染色補正するとせっかくの風合いが無くなる為お勧めできないケースや洗浄のみ行うケースもあります。

2018072512073422663.jpg
この様にレザージャケットの汗染みは染色補正にて目立たなく致します。水洗いも行いますので裏地もスッキリ致します。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月09日
ANNA MOLINARIジャケット メンテナンス
今回はご依頼品のANNNA MOLINARIのコートについてご紹介いたします。
ANNA MOLINARIは1980年にイタリアで創立されたファッションブランドです。
DSC01057.jpg
大人っぽくエレガンスなイメージですが、どことなくかわいさも演出するところが人気のブランドです。
今回のご依頼品はそんなANNA MOLINARIのウール地のコートに襟元、袖口等にハラコが縫いつけられているデザインです。
DSC01059.jpg
ハラコとは動物のお腹の中にいる子供の革です。
動物の毛並みがそのままついているところが特徴で、魅力は手触りがとてもやさしく気持ちの良いところにあります。
そんなハラコも通常の革と同じく乾燥していきます。
乾燥しますと画像のように毛が抜けます。
乾燥時は擦れただけでも抜けますのでお手入れが欠かせません。
DSC01060.jpg
ハラコのお手入れの仕方は馬毛などの柔らかいブラシでブラッシングします。
毛並みを整えるの同時に、汚れも落とします。
ハラコの場合は保湿クリームなどは使えない為、吹きかけるタイプの保湿スプレーを使用しメンテナンスすることをお勧めいたします。
DSC01061.jpg
こちらのように珍しいアイテムをお持ちの方もお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年11月23日
フェラガモレザーコートのメンテナンス
今日はフェラガモレザーコートの修理・クリーニングをご紹介いたします。
2017081115194321439.jpg






















ご依頼品のSalvatore Ferragamoのラムレザーコートです。
2017081115212621381.jpg






















かなり風合いのあるとても柔らかい革のコートです。
2017081115215020236.jpg






















ポケット下部は負担がかかりやすく、本体の革が破れています。
2017081115224522556.jpg






















今回は目立たない箇所だったので裏から革を当てて補強後表から縫い合わせて補修します。負荷のかかる箇所は接着だけでは強度が弱いので補強後縫い合わせをいたします。
2017081115231822514.jpg






















目立つ箇所やお客様のご要望によっては接着のみの補修の場合もあります。
2017081115234820236.jpg






















レザーの風合いを生かすため染色補正は行わずクリームで仕上げます。このようにレザーコートのクリーニングや修理も可能です。





rogo_hanakoya.jpg



official website





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月10日
Chloéスエードスカートのカビ

本日はChloéスエードスカートのカビ除去を紹介いたします。
2017070311561740046.jpg























ご依頼品のChloéスカートです。
2017070311563135994.jpg























白いカビが所々に見えます。
2017070311564535994.jpg























ウエスト裏にもカビがございます。
2017070311571140678.jpg























カビは水洗いで概ね除去可能です。レザー自体がカビの栄養源になりますので今後も保管の状況によってはカビは生えます。
2017070311573140704.jpg























スエードは染色補正出来ない革質の為、カビの状態によってはカビによる変色が残ります。
2017070311575340035.jpg























今後のカビを発生し辛くする防カビ加工を施しメンテナンスいたします。高温多湿になるこれからの時期はクローゼットの空気を入れ替えカビを予防しましょう。











 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年09月15日
GALERIE VIEレザーダウンメンテナンス
GALERIE VIEレザーダウンメンテナンスのご紹介です。

2016090512181919201.jpg
















ギャルリーヴィーのシープレザーダウンです。

2016090512183819201.jpg
















襟元にはファンデーションや汗の汚れが付いています。

2016090512190518593.jpg
















水洗いなのでスッキリとした洗い上がりですが、汚れやシミ自体は完全には落ちません。

2016090512205818611.jpg
















Hanakoyaではレザーダウンも水洗いしますので羽毛のボリュームがアップいたします。


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年09月12日
レザージャケット(白)メンテナンス
レザージャケット(白)メンテナンスのご紹介です。

2016081211554914414.jpg
















メンズのノーカラーレザージャケット ホワイトです。

2016081211560914411.jpg
















保管中に黒く変色したようです。変色の原因はカビです。

2016081211564713758.jpg
















お客様は白なのでホームセンターでレザー用のラッカースプレーのようなものを購入して、ご自身で上から塗ってみたようですが変色は隠れなかったそうです。色合いも同じ白のように見えますが、微妙に色が違うと違和感がでます。

2016081211571513758.jpg
















この場合は、塗料を落として変色も目立たないくらいのレベルまで落とし、最後に染色補正を施します。

2016081211573812425.jpg
















黒い変色はもちろん、色合いもドンピシャなので違和感なく仕上がります。

2016081211575914415.jpg
















白や黒などは市販のレザースプレーでも使えそうですが、色合いが簿妙に違うケースは良くあります。ご自身で直しても上手くいかないケースが良くありますので、大切なアイテムの場合は専門店にご相談されることをお勧めいたします。




 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月17日
レザージャケット破れ修理
レザージャケット破れ修理のご紹介です。

2016071312145127576.jpg
















ラムレザーの柔らかいジャケットです。

2016071312150928941.jpg
















ラムは柔らかく、薄い革なので突起物などに引っかかると、画像のように破れることがあります。

2016071312153224063.jpg
















この場合は内側に革や布を当てて接着補修します。破れた跡は多少残ります。接着だけでは強度的に不安であれば破れた個所にステッチを入れるjことも可能です。

2016071312155728655.jpg
















このようにレザージャケットの破れは接着補修もしくはステッチを入れて縫う補修です。強度はステッチの方が強いですが、補修跡は目立ちます。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月14日
GUCCIレザージャケット日焼け 染色補正
GUCCIレザージャケット日焼け 染色補正のご紹介です。

2016071312194829266.jpg
















グッチのライダースジャケットです。

2016071312200229263.jpg
















アリニン染めのブラックですが、保管中の日焼けによって袖が白っぽく変色しています。

2016071312202929249.jpg
















保管中の変色の原因は直射日光による紫外線や蛍光灯に含まれる紫外線、その他汚れやホコリなどによるものが多いです。

2016071312205929838.jpg
















全体クリーニング後、染色補正を施して変色を直します。

2016071312211929252.jpg
















染色補正することでレザーに張り感が多少出ますが、出来るだけ風合い変化しないようにケアいたします。

2016071312213729836.jpg
















このようにGUCCIのレザージャケットが変色しても改善いたします。仕上りには保管用に紫外線カットの不織布もお付けいたします。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月07日
アルマーニレザージャケット日焼けメンテナンス
アルマーニレザージャケット日焼けメンテナンスのご紹介です。

2016052512054719219.jpg
















メンズのレザージャケットです。

2016052512060521153.jpg
















保管中の紫外線による日焼けが原因でレザーが変色している状況です。

2016052512061820503.jpg
















アリニン染めのレザーは変色しやすいので、保管中は直射日光はもちろん、蛍光灯の光やホコリなどに気を付けてください。

2016052512063220207.jpg
















全体をクレンジングした後に顔料による染色補正を施します。

2016052512064720503.jpg
















顔料を使用しますのでレザーに多少張りがでますが、出来るだけ本来の質感を変えないように補正いたします。

2016052512070320007.jpg
















このようにレザージャケットが保管中に変色しても改善いたします。カビなども除去可能です。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年05月17日
ラムレザージャケットメンテナンス
ラムレザージャケットメンテナンスのご紹介です。

2016032411112810187.jpg
















レディースのライダースジャケットです。

2016032411114110375.jpg
















長年の着用によって全体的に革が擦り切れた感じになっています。

2016032411115710561.jpg
















表面が毛羽立って乾燥気味です。

2016032411121510588.jpg
















保湿剤を配合した洗浄液でクリーニングした後に染色補正を施して本来の色合いと光沢感を再現いたします。

2016032411123310603.jpg
















ラムレザーは非常に柔らかい素材ですが、染色補正することで張りがでます。

2016032411124810645.jpg
















このようにラムレザージャケットの色褪せや革の乾燥はメンテナンスすることで改善いたします。





rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
56件中(1件〜10件を表示しています)   前   |