ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年07月15日
エルメスバーキンのメンテナンス
今日はエルメスバーキン(ゴールド)の染色補正によるメンテナンスをご紹介いたします。
DSC01575.jpg
熟練の職人が全工程を手作業で仕上げるというバーキン。

DSC01577.jpg
Hanakoyaでは専属の修復師が素材の特徴を最大限活かしたメンテナンスを施していきます。

DSC01576.jpg
ハンドルや本体表面にご使用によるかさつきや色ハゲが見られます。

DSC01578.jpg
バッグにとっては宿命とも云える角擦れ。

DSC01677.jpg
色合いや状態を見ながら違和感が出ないよう丁寧に染色補正していきます。

DSC01676.jpg
かさつきや色ハゲも染色補正と保湿で修復していきます。

DSC01679.jpg
エルメスのレザーは最高品質素材を使用している為、ある程度劣化が見られる場合もメンテナンスにより復元します。

DSC01675.jpg
エルメスバーキンは素材の特徴を見極め、全体の風合いと質感バランスを意識したケアを施します。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月30日
エルメスカンヌのしみ除去
本日はエルメスカンヌの染み除去をご紹介いたします。
2018051712230732117.jpg

ご依頼品のHERMESカンヌです。エルメスのキャンバスは耐久性もあり美しいストライプが魅力的なバッグです。


2018051712232132137.jpg

今回は飲料がかかったとのご依頼で茶色のシミが多数あります。

2018051712232132137_1.jpg

またご使用により全体に黄ばみがあります。


2018051712234432112_1.jpg

この様な黄ばみは漂白加工を施すことで改善可能です。白地がくっきりし見栄えが軽くなります。


2018051712234432112.jpg

飲料のシミも染み抜きにて除去いたします。古い茶シミの場合は多少残る場合もございます。


2018051712233132091.jpg

クリーニングによる生地の退色はございません。大切なお品物を永くお使いいただけるようお手伝いを致します。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月27日
HERMESエブリンのクリーニング


本日はエルメスのショルダーバッグを代表するエブリンのご紹介です。

2018022417210542083.jpg























ショルダー部分は布素材になっていますがショルダーの黒ずみはクリーニング致しますが完全には取りきれません。

2018022417225740121.jpg























鞄の入り口部分はおそらく爪痕でしょうか・・・ひっかき傷の跡が見られます。

2018022417241940676.jpg























後部分も同様です。

2018022417250142913.jpg























染色する事でキズを目立たなくしてもともとあった光沢も戻します。

2018022417253737417.jpg























パイピンクグの擦れも染色する事で見栄え良く致します。






2018022417265143463.jpg























内側は内装がされていないタイプでスエード素材になってますのでクリーニング致しますが黒ずみはのこりますことご了承くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年10月18日
エルメス カンヌPMクリーニング
エルメス カンヌPMクリーニングのご紹介です。

2016080812334316774.jpg
















HERMESトートバッグカンヌPMブラックです。

2016080812340016758.jpg
















全体的に薄汚れてブラックのキャンバス地は色褪せしている状態です。

2016080812341616149.jpg
















内側にはポーチが付いていますが、黄ばんでいる状態です。

2016080812343616149.jpg
















全体をクレンジングして汚れを落とし、ポーチの黄ばみは漂白加工で落とします。

2016080812345416834.jpg
















縁などの色褪せは染色補正を施して黒く戻します。

2016080812351216834.jpg
















このようにエルメスのカンヌ黒もクリーニングや染色補正可能です。アイボリーやベージュ、グレーなどの黄ばみなどもスッキリ洗いあがります。






 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月01日
エルメスキャンバスバッグAline(アリーヌ)クリーニング
エルメスキャンバスバッグAline(アリーヌ)クリーニングのご紹介です。

2016080112363927969.jpg
















HERMESアリーヌ トアルシェブロン ナチュラルです。

2016080112365227461.jpg
















キャンバス部分に食べこぼしのようなシミと全体的な黄ばみが確認できます。

2016080112371126835.jpg
















このバッグはレザーの持ち手を一度取り外して、本体のキャンバスのみ漂白加工することで黄ばみはシミは概ね綺麗になります。

2016080112373127451.jpg
















アリーヌの黄ばみや汚れは時間の経過したものでも綺麗になります。




rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月28日
エルメスメリー ブルーサフィール メンテナンス

エルメスケリー ブルーサフィール メンテナンスのご紹介です。
 

201607251231439956.jpg
















HERMESブルーサフィール×ゴールド金具 ボックスカーフです。

2016072512320110592.jpg
















革が乾燥して全体的に擦り切れたように傷がついています。

2016072512321310581.jpg
















ボックスカーフは傷がつきやすい素材なので、こまめにクリームで保湿されることをお勧めいたします。

201607251232279437.jpg
















保湿することでレザー表面に潤いが与えられ、キズ予防にもなります。

2016072512324010645.jpg
















エルメスのブルーサフィールはまったく同じ色合いを作ることが出来ませんので若干色ずれしますことをご理解ください。

201607251232539972.jpg
















このようにブルーサフィールは多少の色ずれがありますが、キズを目立たなくすることは可能です。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年03月20日
HERMESフールトゥ(カビ)のクリーニング
HERMESフールトゥ(カビ)のクリーニングをご紹介いたします。

2016031414115618462.jpg
















フールトゥMMブラックです。

2016031414120818462.jpg
















保管中にカビが繁殖したようです。

2016031414122818483.jpg
















キャンバス地全体に黄色っぽくカビが付着しています。

2016031414124718468.jpg
















この場合は全体クレンジングすることでカビは概ね除去できます。

2016031414130718443.jpg
















しっかりと水で洗浄しているのでカビや表面のホコリ、汚れも綺麗になりスッキリと洗いあがります。

2016031414132618460.jpg
















このように長年仕舞っておいたバッグにカビが付いても綺麗になります。キャンバスバッグはもちろん、レザーバッグも綺麗になります。



rogo_hanakoya.jpg 



official website




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年10月26日
エルメスエールライン カビ除去。

エルメスエールライン カビ除去のご紹介です。
 

201510261134395884.jpg




















エールライントート カバス グレーとトートMMです。

201510261134505758.jpg




















バッグは衣類と同様にレザーに限らずキャンバス素材でも保管環境によってカビが発生します。

201510261135025853.jpg




















エールラインのキャンバス素材は撥水性を高めるために高気密素材を使用しているために、通気性が通常のキャンバスよりも悪いため、カビが生えやすいのです。

201510261135145874.jpg




















高気密素材の利点は水を通しにくいので、ハイパー撥水コーティングをお勧めいたします。

201510261135255873.jpg




















キャンバスバッグ専用の洗浄水でクレンジング致しますので、カビは綺麗に洗い流せます。

201510261135405777.jpg




















今後のカビ予防に防カビ加工をお勧めいたします。


rogo_hanakoya.jpg 



official website



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年10月21日
エルメス フールトゥ染め直し。
エルメス フールトゥ染め直しのご紹介です。

2015100913565925049.jpg




















エルメスのキャンバスバッグの定番フールトゥ ブラックです。

2015100913573625116.jpg




















四隅やパイピングの部分など擦れやすい所を中心に全体的に色褪せしている状態です。

2015100913574725117.jpg




















全体を漬け込んで染め直ししますのでハンドルや帯(ライン)の部分も黒く染まります。

2015100913581925117.jpg




















オリジナルではなくなりますので基本的にはお勧めしませんが、日焼けや色褪せが激しい場合は最終手段としてご提案させていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年09月17日
HERMESトロカ色褪せ補修。
HERMESトロカ色褪せ補修のご紹介です。


2015091118380429447.jpg




















トロカオリゾンタルPM ブラックです。

2015091118392529399.jpg




















全体的に色褪せしている状態です。

2015091118393829826.jpg




















本来は真っ黒なキャンバス地なのですが、口周りを中心に白く色落ちしています。

2015091118395529399.jpg




















トロカは部分的にレザーを使用していますので全体的な漬け込み染めはできませんので、部分的に染色補正します。

2015091118410929867.jpg




















全体染めできないため、色褪せが激しい場合は完全には戻りません。

2015091118412429814.jpg




















原状よりも目立たなくなるような補正は可能なので、色落ちが気になる方はご相談ください。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
68件中(1件〜10件を表示しています)   前   |