ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2017年08月10日
エルメスエブリンのメンテナンス
今日はエルメスエブリンのメンテナンスをご紹介いたします。
2017080413545629301.jpg























ご依頼品のエルメスエブリンです。
2017080413555729842.jpg























このHのマークは本来裏側として作られているそうです。
2017080413583630415.jpg























入り口付近は爪などで傷がつきやすいですね。
2017080413590529311.jpg























キズや擦れは染色補正を施し目立たなく修復致します。

2017080414011329808.jpg























パンチングに顔料が入るケースがございますができる限り気を付けメンテナンス致します。

2017080414021929309.jpg























このように擦れや退色は染色補正にて目立たなく修復可能です。深い傷や革のえぐれは残りますが現状より目立たなく致します。










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年10月18日
エルメス カンヌPMクリーニング
エルメス カンヌPMクリーニングのご紹介です。

2016080812334316774.jpg
















HERMESトートバッグカンヌPMブラックです。

2016080812340016758.jpg
















全体的に薄汚れてブラックのキャンバス地は色褪せしている状態です。

2016080812341616149.jpg
















内側にはポーチが付いていますが、黄ばんでいる状態です。

2016080812343616149.jpg
















全体をクレンジングして汚れを落とし、ポーチの黄ばみは漂白加工で落とします。

2016080812345416834.jpg
















縁などの色褪せは染色補正を施して黒く戻します。

2016080812351216834.jpg
















このようにエルメスのカンヌ黒もクリーニングや染色補正可能です。アイボリーやベージュ、グレーなどの黄ばみなどもスッキリ洗いあがります。






 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月01日
エルメスキャンバスバッグAline(アリーヌ)クリーニング
エルメスキャンバスバッグAline(アリーヌ)クリーニングのご紹介です。

2016080112363927969.jpg
















HERMESアリーヌ トアルシェブロン ナチュラルです。

2016080112365227461.jpg
















キャンバス部分に食べこぼしのようなシミと全体的な黄ばみが確認できます。

2016080112371126835.jpg
















このバッグはレザーの持ち手を一度取り外して、本体のキャンバスのみ漂白加工することで黄ばみはシミは概ね綺麗になります。

2016080112373127451.jpg
















アリーヌの黄ばみや汚れは時間の経過したものでも綺麗になります。




rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年07月28日
エルメスメリー ブルーサフィール メンテナンス

エルメスケリー ブルーサフィール メンテナンスのご紹介です。
 

201607251231439956.jpg
















HERMESブルーサフィール×ゴールド金具 ボックスカーフです。

2016072512320110592.jpg
















革が乾燥して全体的に擦り切れたように傷がついています。

2016072512321310581.jpg
















ボックスカーフは傷がつきやすい素材なので、こまめにクリームで保湿されることをお勧めいたします。

201607251232279437.jpg
















保湿することでレザー表面に潤いが与えられ、キズ予防にもなります。

2016072512324010645.jpg
















エルメスのブルーサフィールはまったく同じ色合いを作ることが出来ませんので若干色ずれしますことをご理解ください。

201607251232539972.jpg
















このようにブルーサフィールは多少の色ずれがありますが、キズを目立たなくすることは可能です。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年03月20日
HERMESフールトゥ(カビ)のクリーニング
HERMESフールトゥ(カビ)のクリーニングをご紹介いたします。

2016031414115618462.jpg
















フールトゥMMブラックです。

2016031414120818462.jpg
















保管中にカビが繁殖したようです。

2016031414122818483.jpg
















キャンバス地全体に黄色っぽくカビが付着しています。

2016031414124718468.jpg
















この場合は全体クレンジングすることでカビは概ね除去できます。

2016031414130718443.jpg
















しっかりと水で洗浄しているのでカビや表面のホコリ、汚れも綺麗になりスッキリと洗いあがります。

2016031414132618460.jpg
















このように長年仕舞っておいたバッグにカビが付いても綺麗になります。キャンバスバッグはもちろん、レザーバッグも綺麗になります。



rogo_hanakoya.jpg 



official website




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年10月26日
エルメスエールライン カビ除去。

エルメスエールライン カビ除去のご紹介です。
 

201510261134395884.jpg




















エールライントート カバス グレーとトートMMです。

201510261134505758.jpg




















バッグは衣類と同様にレザーに限らずキャンバス素材でも保管環境によってカビが発生します。

201510261135025853.jpg




















エールラインのキャンバス素材は撥水性を高めるために高気密素材を使用しているために、通気性が通常のキャンバスよりも悪いため、カビが生えやすいのです。

201510261135145874.jpg




















高気密素材の利点は水を通しにくいので、ハイパー撥水コーティングをお勧めいたします。

201510261135255873.jpg




















キャンバスバッグ専用の洗浄水でクレンジング致しますので、カビは綺麗に洗い流せます。

201510261135405777.jpg




















今後のカビ予防に防カビ加工をお勧めいたします。


rogo_hanakoya.jpg 



official website



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年10月21日
エルメス フールトゥ染め直し。
エルメス フールトゥ染め直しのご紹介です。

2015100913565925049.jpg




















エルメスのキャンバスバッグの定番フールトゥ ブラックです。

2015100913573625116.jpg




















四隅やパイピングの部分など擦れやすい所を中心に全体的に色褪せしている状態です。

2015100913574725117.jpg




















全体を漬け込んで染め直ししますのでハンドルや帯(ライン)の部分も黒く染まります。

2015100913581925117.jpg




















オリジナルではなくなりますので基本的にはお勧めしませんが、日焼けや色褪せが激しい場合は最終手段としてご提案させていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年09月17日
HERMESトロカ色褪せ補修。
HERMESトロカ色褪せ補修のご紹介です。


2015091118380429447.jpg




















トロカオリゾンタルPM ブラックです。

2015091118392529399.jpg




















全体的に色褪せしている状態です。

2015091118393829826.jpg




















本来は真っ黒なキャンバス地なのですが、口周りを中心に白く色落ちしています。

2015091118395529399.jpg




















トロカは部分的にレザーを使用していますので全体的な漬け込み染めはできませんので、部分的に染色補正します。

2015091118410929867.jpg




















全体染めできないため、色褪せが激しい場合は完全には戻りません。

2015091118412429814.jpg




















原状よりも目立たなくなるような補正は可能なので、色落ちが気になる方はご相談ください。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年09月06日
HERMESボラボラのクリーニング。
HERMESボラボラのクリーニングのご紹介です。

201509011224244070.jpg




















ご依頼いただいたボラボラです。

201509011224394213.jpg




















わかりずらいですが、全体的な黄ばみと黒ずみ汚れがあります。

201509011224554353.jpg




















ボラボラはキャンバス素材なのでご自宅でも簡単に洗えそうですが、このバッグは洗うと持ち手の色が白地に付いてしまう傾向があります。

201509011225104213.jpg




















エルメスのバッグでは珍しく内側に洗濯表示が付いていますが、すべて×印で「洗濯できません。」と言う表記になっています。

201509011225294373.jpg




















弊社でクリーニングしても持ち手から色がでますが、洗浄後にできる限り目立たないように処理いたします。

201509011225494395.jpg




















このようにエルメスボラボラは洗濯すると持ち手から色がでますのでご注意ください。誤って色が出ても概ね綺麗にすることは可能です。


rogo_hanakoya.jpg 



officialwebsite


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年07月27日
HERMESケリーのケア。
本日はHERMESケリーのケアをご紹介いたします。

2015042411551810879.jpg




















画像はご依頼いただいたケリーです。

2015042411553010657.jpg




















エルメスケリー35ゴールド金具 内縫い 素材はボックスカーフです。

2015042411554210975.jpg




















かなり使用感があり、四隅などが擦れて白っぽくなっている状態です。

2015042411555510914.jpg




















ハンドルは長年のご使用で手垢などがついて革自体が乾燥している状態です。

2015042411560910601.jpg




















染色補正する前にトリートメント剤を配合した洗浄液でクレンジングして革に栄養分を与えます。

2015042411562010705.jpg




















ボックスカーフの風合いを崩さないで細心の注意をはらってメンテナンス致します。

2015042411563510596.jpg




















ボックスカーフなどは染色しすぎると光沢感や透明感が変わりますので、深い傷の場合は多少傷を残して仕上がるように心がけています。

2015042411564511216.jpg




















エルメスのメンテナンスは弊社の風合いを知り尽くした専属修復師が素材や状態を見てケアさせていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 
 


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
66件中(1件〜10件を表示しています)   前   |