ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2015年08月12日
VERY9月号掲載
今月9月号VERY家事負担が軽くなるスマホ活用術のコーナーにHanakoyaがおすすめ紹介されています。

2015081118350210244.jpg




















226ページ

2015081118354510238.jpg






















201508111836129895.jpg





















是非ご覧ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年07月31日
光触媒トリニティーZ
Hanakoyaではモンクレールや靴、バッグのケアに光触媒加工を施しています。

8.8Hanakoya01.jpg


















生体融合型光触媒トリニティーは美容業界をはじめ、最近では飲食業や農業の分野でも注目されています。

8.8Hanakoya02.jpg


















クリーニング業界ではHanakoyaが先駆けて取り入れたため、この度「NEWビーワン7月号」にご紹介いただきました。

8.8Hanakoya03.jpg


















モンクレールや靴、バッグの最終処理として光触媒加工を施すことで、様々な結果を出すことができました。その効果は仕上がり品を見ても分かりませんが、使用していくうちに体感できます。

8.8Hanakoya04.jpg


















以下、記事の全文ですのでご興味のある方はお読み頂ければと思います。

私たちHanakoyaは、高級衣料やバッグ、靴、財布、レザーアウターなどのレザー製品から獣毛類、羽毛類などの衣装を専門にケア(クリーニング)をしています。その中でトリニティーZは、高級ダウンジャケットの代名詞であるMONCLER(モンクレール)やDUVETICA(デュベティカ)のクリーニング工程の最終処理やハイブランドバッグ、その他皮革製品のケアに使用しており、Hanakoyaでの付加価値の高いクリーニングに大きく貢献しています。トリニティーZを処理する目的は、太陽光に含まれる紫外線が原因の染色生地の変退色を防ぐことや食べこぼしや大気中に浮遊する車の排気ガスによる石油系炭化物の強固な付着防止のためです。


8.8Hanakoya05.jpg


















衣類に付着した汚れは時間の経過と共に酸化され、繊維へ強固に定着、固着します。そうなると家庭での洗濯やクリーニングを行ったとしても汚れの除去は難しく、きれいにすることができません。

しかし、トリニティーZを処理することにより、光触媒成分の二酸化チタンが汚れを分解し、繊維への強固な固着を防止することができます。そのため、汚れは比較的容易に除去することができ、高価な衣類を長きに渡り、美しい状態で着用することができます。そして、太陽光線の中に含まれる紫外線は二酸化チタンの活性エネルギーに変換され、紫外線が染色生地の染料へアタックする回数を減らしてくれます。

その結果、染料の変退色を防止する効果に優れ、これもまた衣類のきれいな状態を維持することに繋がっています。


8.8Hanakoya06.jpg



















更には、個人差があるものの、衣類を通過して外に発散される体臭をトリニティーZのアパタイト成分が吸着し、被覆された二酸化チタンの酸化能で悪臭成分を分解するという消臭機能も大きな特性として我々のケア(クリーニング)に大きな付加価値をもたらせてくれています。

トリニティーZは、アパタイト成分が菌やカビ、悪臭などを吸着し、被覆された二酸化チタンが分解するというサイクルで半永久的に効果が持続します。

そして、トリニティーZは、Hanakoyaでのケアにとって非常に大きな役割を担っているのです。


お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年07月25日
Salty!掲載のご案内
フィッシング情報誌の「Salty」9月号(7月21日発行)にHanakoyaが紹介されましたのでご案内いたします。

8.6salty01.jpg



















8.6salty02.jpg


















今回はフィッシングウエアのメンテナンスにつてウエットクリーニングとハイパー撥水コーティングをご提案させていただきました。

8.6salty03.jpg


















フィッシングウエアは購入時は撥水加工されているため、汚れや雨などを弾きますが、着用を重ねるごとに撥水性が低下し、気がついたころには汚れも付着して通常の洗濯では取れないほど汚れるものです。

8.6salty04.jpg


















実際に汚れのひどいフィッシングウエアをシミ抜きしても完全に取れないシミが多いです。

8.6salty05.jpg


















8.6salty06.jpg


















8.6salty07.jpg


















詳細は記事を見ていただければと思いますが、フィッシングウエアはシーズン毎にウエットクリーニングとハイパー撥水コーティングすることで良い状態を維持できます。弊社のハイパー撥水は自宅の洗濯では取れませんので、シーズン中はご自宅で洗濯してもアイロンや乾燥機などでの熱処理を施すことで撥水性が復元いたします。

ウエットクリーニング&ハイパー撥水コーティングで快適な釣りを体感してみませんか。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月21日
Clubism掲載
おはようございます。「Hanakoya研究開発室」です。
Hanakoyaが、『この分野でトップクラスの店』にご指名を頂き、Clubismさんに掲載させて頂きました。ありがたいお話です。
でもHanakoyaスタッフは、これに自惚れず本当のトップクラスを目指して頑張っていきます!
5.21Hanakoya01.jpg



















誌面を飾った修復マイスターのルミさんです。5.21Hanakoya02.jpg




















ルミさんと共同で作業するもうひとりのマイスターです。5.21Hanakoya03.jpg




















作業風景をチラリ。5.21Hanakoya04.jpg




















繊細な作業をこなし、お客様の大切なファッションアイテムを蘇らせるのです。5.21Hanakoya05.jpg




















掲載させて頂いたページです。
Hanakoyaが得意とするケアをイメージして頂けるような構成になっております。実際に可能な業務や専門ケアは誌面では伝え切れないほどたくさんあります。5.21Hanakoya06.jpg




















メディアに掲載されるということは、今まで以上に責任を持ってケアをしなければならないということであり、研究開発室でも現在のHanakoyaで不可能だったケアの技術をお直しが可能となるよう、急ピッチで開発に取り掛からなくてはならないということでもあります。5.21Hanakoya07.jpg




















以前からご依頼を頂いているお客様に加え、新規のお客様にご指導頂き、多くの方々に喜ばれるHanakoyaを目指していきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年07月15日
石川テレビ「リフレッシュ」生出演のご報告とラジオ出演のご案内
先月のことですが、6月3日石川テレビの情報番組「リフレッシュ」に生出演しました。毎週水曜日の「いしかわマエストロ」のコーナーで弊社のスタッフ(嫁)が革製品の修復師として出演してきました。マエストロってイタリア語で「名人・達人」のことらしいのですが、ちょっと恐縮です・・・。

今回はアナウンサーの稲垣さんから直接ご連絡いただき、番組の進め方など詳しくお聞きすることができ、稲垣さんの親しみやすい人柄などもあって彼女も緊張することなく生出演となりました。

2009071511012125455.jpg




















事前に工房内の作業風景を撮っていただき、実際に修復前と修復後の違いをカメラでご紹介していただきました。

2009071511010520732.jpg




















今回はご自宅でも簡単に使える裏ワザもご紹介させていただきました。一番簡単なのは革素材の汚れを消しゴムで取ることです。実際にスタジオで革バッグの汚れを落としてみましたが、簡単に落ちる汚れを見て皆さん驚かれていました。その他にもハンドクリームなどで革の保湿ができることなどなど・・・。番組を見て喜んでいただいた視聴者の方から多くのメールが番組宛てに寄せられたそうです。

2009071511003420669.jpg




















終わった後は稲垣さんとしっかりと握手して帰ってきました。事前の準備段階からほんとにお世話になりました。

放送終了後はそれなりに問い合わせやご依頼のお電話を頂き、地元のお客様に広く弊社の業務をお知らせできたこともよかったです。ブランド品など靴やバッグの修復というのは殆どの方ができないと思い込んでいたようで今回はそのようなお客様に大変喜ばれた放送になったと思っています。今後は地元の方にもどんどん弊社の業務をお知らせして、一人でも多くの方に喜んでいただけるようスタッフ一同取り組んでまいります。

尚、明日16日午前9時30分よりMROのラジオ番組に電話生出演させていただきますので興味のある方はお聞きください。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年07月07日
雑誌「オーシャンズ」掲載のご案内02
今日は先日、お知らせさせていただきました雑誌「オーシャンズ」の記事をご紹介させていただきます。

2009070714495614921.jpg




















今回の記事内容は「よろしく!服ドック」〜ファッションにまつわるアナタのお悩み解決します!〜の中でネクタイのテフロン加工をご紹介させていただきました。

2009070714501114896.jpg




















シルク素材のネクタイはクリーニングすることで生地がよれてしまうことがあります。ネクタイの構造上、生地をしっかりと縫い合わせることができないのでこのようなことがよく起きてしまうのです。でもネクタイは食べこぼしなどシミになりやすいアイテムでもあります。

そんなネクタイにテフロン加工を施すことでシミになりにくくなり、頻繁にクリーニングに出す必要がなくなるのです。

その他にもバーバリーなどのトレンチコートに加工することで撥水性が向上し、雨からコートを守ることはもちろん、汚れが付きにくくなり良い状態を維持できます。

モンクレールなどのシャイニーナイロンは表面をフッ素コーティングしますので、くすんだ光沢も本来の艶を蘇らせます。

オーシャンズ8月号は最寄りの書店で現在発売中です。弊社の記事は184ページに掲載されていますので興味のある方はご覧ください。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年05月17日
スタッフ紹介

弊社のリペアスタッフをご紹介します。

2013042018482729541_3.jpg























 


Hanakoyaのリペアマイスター米倉留美です。2007年より北陸初となるバッグのメンテナンスに取り組み、現在では全国から多くのメンテナンス依頼を受けています。

ボックスカーフやトリヨンクレマンスなどの一般的な素材はもちろん、クロコ、リザード、オーストリッチなどの高級素材まで、素材の風合いやブランドの雰囲気を意識し、状態によっては多少の傷や汚れをあえて残すメンテを心掛けています。特にエルメスやシャネルなどの高級素材を専門とする。


現在は、メンテナンスの傍ら県内外の技術者に指導を行い、メンテナンス技術の普及にも力を入れている。

rumi02.jpg















「母親から受け継いだ大切なバッグにカビが・・・・」、「主人からのプレゼントの財布にキズが・・・」等々、今後も様々なご要望のお力になれればと思います。私たちがケアさせていただきます。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています