ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年08月08日
デュベティカダウンウェア【AINWEN】ウェットクリーニング
今回はご依頼品のデュベティカダウンウェアについてご紹介いたします。
2018071012322237202.jpg
デュベティカのAINWENというレディースモデルです。
ロング丈でシンプルな作りですが、クールな大人っぽいデザインです。
2018071012322237202_1.jpg
特徴は前立てや襟等にウール素材のパイピングがあしらわれているところです。
よくご自宅でダウンを洗い、ボリュームがなくなった等のご依頼を頂きますが、
このようなウール素材を洗うと、場合によってはフェルト化し硬化してしまいます。
2018071012324437782.jpg
フェルト化すると弊社では修復不可となりますのでご留意くださいませ。
ウールやカシミア素材はトリートメント効果のある洗浄液を使用し洗い上げます。
その為フェルト化や生地を傷める事なく、毛並みを揃え光沢感を修復いたします。
2018071012324437782_1.jpg
尚、ドライクリーニングでは落ちない皮脂の汚れも概ね除去可能です。
この様なアイテムをお持ちの方はご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月01日
デュベティカダウンウェア【CADELL】カデルのウェットクリーニング
本日はデュベティカダウンウェア【CADELL】カデルのウェットクリーニングのご紹介です。
2018061916431613339.jpg
こちらのモデルはマットな2色のナイロン素材とウール素材の切り替えデザインが特徴的な【CADELL】カデルでございます。

2018061916431613339_1.jpg
非常に気密性の高い素材に袖口がニットリブ仕様になっており、とても防寒性の高いモデルです。

2018061916431613339_2.jpg
他店でドライクリーニングを施した際、気密性の高さ故かドライ洗剤の有機溶剤が内部に留まり、袖口のステッチ部分などにシミが出来ておりました。

2018061916483716342.jpg
通常はドライクリーニングですが、ドライでは羽毛の大切な油脂が洗い流されてしまいますので、羽毛のボリュームが無くなると同時に汚れも完全には除去できません。弊社ではウェットクリーニング(水洗い)で、羽毛の油脂はそのままにソフトに洗い上げます。

2018061916433415503_1.jpg
ドライでは落ちない袖口、襟周りの汚れもウェットクリーニングで除去可能です。

2018061916433415503.jpg
仕上げに防汚・防水効果のあるハイパー撥水コーティングを施します。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年03月25日
デュベティカダウン染め替え(紫→エンジ)
今日はダウンウェアのお染め替えについてご紹介いたします。
2018021116320219860.jpg
ご依頼品のデュベティカダウンウエアです。

2018021116320219860_1.jpg
日焼けにより腕周り、背中と広範囲に変色しています。

2018021116320219860_2.jpg
フード内側も皮脂の汚れにより変色しやすい場所です。

2018021116320219860_3.jpg
この様な変色はお染め替えを施す事で概ね修復する事が可能です。

2018021116321922105_3.jpg
今回は元色が紫色でしたのでエンジ色へお染め替えさせて頂きました。

2018021116321922105_2.jpg
ブランドラベルやステッチ、ファスナーはお素材上染まりません。今回は元色が紫だった為、ステッチやファスナーも色馴染みの良い仕上がりとなりました。

2018021116321922105_1.jpg
細かいお色の指定は出来かねます事ご理解下さいませ。

2018021116321922105.jpg
フランス産の良質なグレイグースダウンを使用したデュベティカダウンウエアを永くお使いになるために、変色や退色でお困りの場合はお気軽にご相談下さい。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年08月31日
デュベティカAceクリーニング

今日はDUVETICAダウンウェアのウェットクリーニングをご紹介いたします。
2017070917573237452.jpg























ご依頼品のデュベティカレディスダウンウェアのAceです。ロングセラーのダウンウェアでフードまでの続くファスナーがカジュアルでかわいいダウンウェアです。

2017070917583137451.jpg























襟元は皮脂がつきやすく皮脂がついた状態での保管は裏地の変色の原因の一つになります。
2017070917585334949.jpg























ヘアワックスやファンデーション汚れはウェットクリーニングで除去可能です。
2017070917594037449.jpg























デュベティカダウンウェアは仕上げに防汚・防水効果のあるハイパー撥水コーティングを施します。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年08月02日
デュベティカACEウェットクリーニング

今日はDUVETICAダウンウェアのウェットクリーニングをご紹介致します。
2017072113171721693.jpg























ご依頼品のデュベティカダウンウェアです。
2017072113175521160.jpg























レディスの人気モデルのACEです。
2017072113183021730.jpg























フロントファスナーがフードまでついており、デザイン性のあるモデルです。
2017072113201518809.jpg























襟の内側など皮脂汚れの黒ずみはウェットクリーニングにて比較的簡単に除去可能です。
2017072113211120582.jpg























雨染みがある場合も同様に除去致します。汚れが付いたままの保管はカビや変色の原因になりますので保管の前のメンテナンスがお勧めです。
2017072113293721731.jpg























仕上げにハイパー撥水コーティングを施します。汚れが落ちることで光沢感も改善致します。











 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年03月02日
デュベティカダウン染め替え(ベージュ⇒こげ茶)
今日はデュベティカaidaの染め替えをご紹介いたします。
2017022218362728276.jpg



















ご依頼品のDUVETICAダウンウェアレディースのaidaです。
2017022218364229018.jpg



















袖が緑色に変色しています。
2017022218365625639.jpg


















フードの内側もよく変色していますが、皮脂など汚れが付いたままでの保管が原因の一つと考えられます。
2017022218371228859.jpg


















今回こげ茶に染め変えました。デュベティカのブランドタグはそのまま染めても変化はありません。
2017022218372628273.jpg


















ステッチは染まらないため元のお色のまま残ります。明るい色のステッチは浮いたような仕上がりになります。
2017022218413530095.jpg


















このようにダウンウェアの変色は染め直して修復可能です。こげ茶の他、カーキ、黒、濃紺も可能です。元のお色に合わせてご提案致します。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月28日
デュベティカレザーダウン クリーニング&メンテナンス
デュベティカレザーダウン クリーニング&メンテナンスのご紹介です。

2016080812393917381.jpg
















デュベティカのラムレザーダウン メンズショートイサイズです。

2016080812395717500.jpg
















クリーニングと色褪せの補正をご依頼いただきました。

2016080812401417438.jpg
















クリーニングはナイロン素材同様に水洗いしますので、洗浄後は羽毛のボリュームがよみがえります。色褪せ箇所は染色補正を施します。

2016080812403017494.jpg
















レザーダウンのクリーニングや色褪せ補正は可能です。その他、破れやファスナー交換なども承っております。




 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月03日
デュベティカダウンウェア(ANDROCLEA/アンドロクレア)クリーニング
デュベティカダウンウエア(ANDROCLEA/アンドロクレア)クリーニングのご紹介です。

2016080112155524984.jpg
















マットナイロンのミドル丈です。

2016080112161623268.jpg
















アンドロクレアの大きな特徴で肘に革パッチが使用されています。

2016080112163325011.jpg
















襟元はファンデーションや皮脂汚れが目立ちます。

2016080112165824976.jpg
















革パッチが使用されていますが、クリーニングは水洗い可能なのでスッキリと洗いあがります。

2016080112182424976.jpg
















クリーニングによって革パッチが縮んだり固くなったりすることはございません。

2016080112184125009.jpg
















もちろん、羽毛復元剤を使用して水洗いしますので仕上がりはふっくらとダウンのボリュームがよみがえります。




rogo_hanakoya.jpg



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年08月22日
デュベティカダウン ボリューム復元。
デュベティカダウン ボリューム復元のご紹介です。

2015082116564729350.jpg




















モンクレールやデュベティカなどのダウンで一番多いご相談が羽毛のボリュームダウンです。

2015082116570429484.jpg




















今回はドライクリーニングに出したらボリュームがなくなったとのご相談です。

2015082116571629539.jpg




















ボリュームがなくなった原因としてはドライクリーニングで羽毛の油脂がなくなってしまった、もしくはドライ溶剤が汚れていた、乾燥不十分などが考えられます。

2015082116573429487.jpg




















完全には戻らないケースもございますが、羽毛復元剤配合のオリジナル洗剤を使用したウエットクリーニング(水洗い)で概ね改善いたします。ハイパー撥水コーティングも施しますのでナイロンの光沢感もよみがえります。


rogo_hanakoya.jpg



officialwebsite


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年05月22日
デュベティカダウンウェアRAINSYSTEMのメンテナンス。

本日はデュベティカダウンウェアRAINSYSTEMのメンテナンスをご紹介いたします。
 

2015051817472924179.jpg




















画像はご依頼いただいたダウンジャケットです。デュベティカBALIOCINQUEです。

2015051817480124099.jpg




















ロロピアーナのRAINSYSTEMを使用した撥水性に優れたウール素材です。

2015051817475024198.jpg




















襟周りはコットンコーデュロイを使用して柔らかな肌触りです。

2015051817481424265.jpg




















RAINSYSTEMは生地内側に撥水性を保つための特殊なフィルムが入っています。ドライクリーニングには相性が合わないため、溶剤の輪染みやフィルムの劣化を起こします。

2015051817482924353.jpg




















弊社ではトリートメントを配合した洗浄液を使用しますので、ウール素材でも縮むことなくふっくらと洗いあがります。

2015051817484624313.jpg




















このようにデュベティカRAINSYSTEMのBALIOCINQUEは水洗いでのケアを推奨いたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
18件中(1件〜10件を表示しています)   前   |