ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2014年03月03日
Hanakoyaのシューリペア

Hanakoyaのシューリペアについて

Hanakoyaでは、靴(履物)としての機能性を修復することに加え、できる限りオリジナルに近い仕上がりを目指すというこだわりがございます。

2014030410504918257.jpg




















ルブタンのパンプスです。赤いソールが美しくとても女性らしい華やかなデザインの靴です。こちらにはハーフソール補修を施してあります。できる限り資材が見えないよう補修をしています。

2014030411070519107.jpg




















同じ赤色の資材を用いますので、サイドからも自然な印象です。
このようにHanakoyaでは見た目の美しさも重視し補修をさせていただいております。

できる限りお客様のご要望に沿ったお修理をさせていただいておりますが、あくまでも歩行中危険が及ばないよう補修することが前提です。安全性の面から、美しさをあきらめていただく場合もございます。

靴は手をかけてあげることで、より永くご愛用いただけます。メンテナンス方法等、お気軽にご相談ください。


 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
Beauty & More Stylish
Total  Fashion  Maintenance
Beauty & More Stylish 
〜メンテナンスを通してより美しくスタイリッシュに〜

Beauty & More Stylishはお客様へサービスを通してより美しくスタイリッシュなライフシーンをご提案致します。一般衣料からカシミヤ、ダウンウエア、レザー、ムートン、毛皮などの高級素材までプロのアドバイザーがお客様のご要望を伺ったうえで、11点素材や状態に応じて適切なクリーニングをはじめとしたメンテナンスをご提案いたします。クリーニング以外のメンテナンスとしては特殊リフォームや染め直しなどもご提案し、ブランドの特徴や素材の風合い、発色、シルエットを本来の状態に戻しながらアイテムをよみがえらせます。 



○ウエットクリーニング(水洗いクリーニング)

身にまとうファッションアイテムをメンテナンスするにあたり、石油等の有機溶剤などお肌に合わないもので洗うことには疑問を抱きます。その為、一般的なドライクリーニングではなく、定期的な水質検査を行っている天然水を使用して洗浄します。そうすることでドライクリーニングによる悪臭も無く、皮膚炎などデリケートな女性のお肌への弊害を解消します。身にまとったときに感じる清潔感は肌で感じられ、お客様がおしゃれを楽しんでいただく為に私たちが一番こだわるところです。 



○トリートメント

水で洗浄することでウール素材などは縮みを起こしますが、洗浄水にトリートメントを配合することで、繊維のキューティクルを保護しながら縮みを抑えて洗浄する事ができます。また、環境基準に適合した特殊シリコーンをオリジナル配合していますので、素材の風合いがよみがえり、繊維のいやな肌へのかさつき感も抑えられ、袖を通した時に滑らかな肌触りが実感できます。 



○アイロンワーク

このようなこだわりのクリーニングを完成させる最終工程はフィニッシングによるものです。洗浄や着用によって起きたシワやシルエットのゆがみはハンドアイロンで復元いたします。各メーカーのデザイナーがこだわった様々なシルエットラインを表現するアイロンワークは、アイテムをディテールごとに細かくプレスして全体のシルエットを作り上げます。まさに販売されていたときへの復元なのです。



100点のアイテムには100通りの洗浄方法があります。

ファッションアイテムにはそれぞれデザイナーの感性やブランドのイメージがあり、どれもが一つの個性を持っています。また、着用による汚れの状態や素材の摩耗など、同じアイテムでも一つひとつが同一の状態ではありません。仮に2点の全く同じダウンジャケットがあったとしてもオーナーが違えば商品の状態も違います。同じモデルのダウンジャケットでも違った状態のものはクリーニング及びメンテナンス方法も変わるということです。100点のアイテムがあれば100通りの洗い方があります。 



○ドライクリーニングで満足ですか?

アイテムはディテールごとにデザインや素材が違うパーツがそれぞれ組み込まれ最終的に商品へと姿を変えます。パーツごとに加工されたものが一体になったものは、パーツを取り外してパーツごとにメンテナンスすることが理想的です。ただ、それは現実的に難しいため、一般的にはドライクリーニングという無難な手法を用いて洗浄されます。ドライクリーニングには素材を傷めないメリットがある一方、汚れ落ちが悪く、悪臭や皮膚炎などのデメリットがあります。100点のアイテムを一緒にドライクリーニングする事は可能ですが、その中でお客様のご要望にお応えできる仕上がりは何点あるでしょうか。



○専門的に水洗い

水で洗うことは汚れ落ちが良いといったメリットがありますが、色落ちや縮み、型崩れなどこちらもデメリットも多い洗浄方法となります。ただ、デメリットを起こすことには原因があり、その原因をカバーできることが水洗いを可能にする第一歩となります。製品化されたアイテムを水で洗うことで生じる様々な弊害を、各種加工剤や洗浄方法など専門的な知識と経験によって生まれた感性で最小限に抑え、本来の状態に戻す事が可能になります。豊富な知識と感性は水で洗う事を専門的に行っているからこそ生まれるのです。



○オーダーメイドクリーニング 

私たちが考えるクリーニングはアイテムのデザインやブランドイメージ、ディテールごとの素材、汚れの状態に応じて、お客様のご要望にできるかぎり応えられる洗浄方法を11点ご提案する事です。ほとんどの商品を水洗いすることになりますが、場合によっては水で洗わないものもあります。単に汚れを落とすだけではなく、洗い上がりの風合いやシルエットなどを考慮し、数十種類の洗剤や加工剤の配合量をアイテムの状態によって変えることが大切です。必然的に一度に何点も洗う大量洗浄ではなく、1点ずつ洗浄することになります。一般的なクリーニング工場のような大量洗浄でアイテムがラインに流され無難に仕上げられる工程ではなく、11点の商品を丹念によみがえらせる一連の作業は1つの作品を創りあげるようなものです。それはクリーニングを超えた究極のファッションメンテナンスです。



お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353
      

 
rogo_hanakoya.jpg



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています