ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2006年07月31日
シワ加工の商品にはシワをつけないで
今日はお客様からシワ加工のクリーニング依頼がありました。

変なタイトルになりましたが、これにはシワ加工独特の仕上げの問題点があります。

皆さんは、今までにシワ加工の商品をクリーニングに出して、大事なシワが伸びきって返ってきたことがありませんか?

シワ加工の商品は素材によってはアイロンや蒸気で簡単にシワが伸びてしまうんです。一度伸びきってしまったシワは元にもどらないこともあります。


クリーニング店にはその商品がシワ加工なのか、着ている間にできたシワなのか見極める必要があります。(洗濯表示に書いてあるものもありますが)知識のないクリーニング店やパートさんだと、シワを伸ばしてしまう危険性があります。

本来、シワ加工の商品だと、そのシワは残しながらも、洗いジワや着ている間にできたシワを伸ばさないといけません。ただこれにはいくらプロといえども、限界があります。

シワ加工の作り方は生地をシワにした状態で圧力をかけそこに熱を加えます。その熱によってシワが取れにくくなります。着用時のシワも生地がシワになった状態で体から出る体温によってシワが取れにくくなります。シワ加工のシワの作り方と、着ている間にできるシワの原理は同じなのです。そのためどちらか一方のシワだけを伸ばすのは難しいということです。当社では後からできたシワは多少残りますが、本来のシワが消えないことを優先します。

「シワ加工の商品にはシワをつけないで」というのはそういうことなのです。ただ、衣類なので着ればシワができるのは当然のことです。必ず、着用後はハンガー掛けしてシワを伸ばすようにしてください(これはどの衣類に関してでもいえることですが)。

ご自宅でシワ加工の商品を洗うのはできるだけ避けて、クリーニング店へ出すことをお勧めします。必ず、受付で「この商品はシワ加工です。」とお伝えください。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月28日
カビがはえた着物クリーニング
今日はお客様からカビ取りの依頼がありました。
品物は夏物の着物(喪服)です。

画像はクリーニング前のものです。全体に白くカビがはえています。襟に白く見えるものは汗ジミや食べこぼしです。
今回はカビもひどく、襟元の汗ジミもひどかったので、汗抜きクリーニングで着物専用の工程「なぎさ京荒い」を施しました。





画像は洗った後のものです。カビはきれいに除去できました。しかし、襟の汗ジミは若干残っているようにみえます。これは汗抜きクリーニングで取りきれていない塩分と、実はシミがついていたことで生地の色素が劣化した色落ちです。
このように、着物はもちろんですが衣類のシミはついたらできるだけ早めにクリーニングしないと、シミが取れにくくなると同時に、生地にもダメージを与えてしまいます。

取りきれなかった塩分は特殊シミ抜きをして除去し、色落ちは「色素復元剤」を使いました。

写真は上記を施した後のものです。
白くなっていた塩分も取り除き、色落ちも回復しました。着物が生き返った。そんな感じです。







梅雨のこの季節クローゼットや押入れには湿気が溜まっています。
カビが発生しやすいのと、クリーニングしていないシミのついた衣類には生地にダメージを与える時期です。寝具にはダニが繁殖し、ダニの糞で小さなお子様などはアトピーを起こす危険もあります




そろそろ、梅雨明け宣言が出る季節になりましたが、今一度、ご自宅の衣類や寝具をご確認ください。
爽やかな夏の到来とともに、衣類や寝具もクリーニングでリフレッシュしませんか?

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月27日
洗濯表示には気をつけて
今日はお客様からのご相談がありました。
キャミソールを自分で手洗いしたところ、色が出たということでした。品物を見せてもらうと、肩ヒモから襟にかけて赤い革が縫い付けてありました。そこから色が出たようです。洗濯表示を見ると「手洗い○」になっています。お客様は洗濯表示どおりに洗ったところ色が出たということです。結論から言うとメーカーの表示ミスです。画像の表示の意味はは「洗濯機は使用せず、30度以下の液温で中性洗剤を使用し、手洗いしてください」です。

お客様にしてみればこの色が取れればそれで良いということなのですが、色移りは時間がたっていないものであれば綺麗になるものですが、今回の商品は色移りして時間がかなり経過したものだったため、完全にはとれませんでした。今回はメーカーに問い合わせすることを勧めました。

衣類に洗濯表示をつけることは法律で決められていますが、洗濯方法まではしっかりとした基準がありません。こういったメーカーの表示ミスというのはたまにあることで、メーカーの責任になります。自分がもし、この商品に洗濯表示をつけるのであれば、全部×にします。基本的に革製品の洗濯表示は全部×になっています。じゃ革は洗えないの?ってことですが、メーカーの逃げ道ではないですが、注意書きに「クリーニングは専門店にてご相談ください」などと書いてあります。
実際、革製品は洗えます。革専門店と知識のあるクリーニング店に限り・・・。

自分は洗う前(特に水洗い)は必ず洗濯表示を見ます。ただ、今回のように表示ミスもあるので、洗い方を決める判断基準として
1、素材
2、色合い
この二つは大事です。間違えるとトラブルの原因になります。
3、汚れ具合
4、生地(織り方など)
その他、プリントなどの装飾類等いろいろあります。

皆さんも、洗濯表示には気をつけてください。もし、お気に入りの洋服が手洗い○だったとしても、上記の点に気をつけてください。心配な場合は知識のあるクリーニング店にご相談されることをお勧めします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月26日
癒しの給水タンク
写真は最近気に入っている給水タンクです。当社には地下に7トンの給水タンクを設置しているのですが、先日100kg洗濯機を2台購入した際、給水量が足りなくなったため、改めて設置したものです。

車多酒造さんの紹介で羽咋の酒造会社から格安にていただきました。容量は10トンで高さは3メートルにおよびます。当初、新品のFRP構造のタンクを見積もりしたところ100万以上するとのことで、これはその20分の1の金額ですみました。(車多酒造さんありがとうございました)酒造会社で使っていたものなので中はガラス質のホウロウで、周りの鉄板も分厚く、頑丈にできています。

先日、木村塗装さんにお願いして表面をペンキで塗りなおしました。もとは青色で一部塗装がはげて錆も出ていました。木村塗装さんのブログにもありますが、緑は疲れをいやす・鎮静作用、緊張緩和などリラックスの作用がある・穏やかな気持ちになる・目の疲れに効果的など・・・。

そのとおりで、このタンクを眺めているだけで、リラックスできます。個人的に「癒しの給水タンク」と呼んでいます。

当社の水は天然の地下水(定期的に成分検査しています)を使用し、飲み水としても美味しい水で洗っています。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月25日
血液のシミヌキ
今日はお客様から血液のシミヌキのご依頼がありました。
今回のお客様はご自分で取ろうとしたのですが、完全に取りきれずに当社にお持ちいただきました。写真ではお見せできないのですが、全体に血液が薄くにじんだ状態で生地も黄色く変色していました。

血液用のシミヌキ剤をシミの部分に塗り、(超音波を使用します)で丹念に取り除いていきます。血液の成分の中には鉄分が含まれていますので、最後にその鉄分を薬品で除去します。今回は生地も変色していたので、漂白もしました。

写真は漂白後の品物です。シミも黄変もきれいに除去できました。









シミは時間がたてば経つほど落ちにくくなります。特に血液のシミはついた直後から酸化を始め取れにくいシミに変化します。また血液で注意したいのは熱をかけないことです。水よりもお湯の方が取れそうですが、血液に関してはお湯はお勧めできません。そうすることによって取れるシミでも取れなくなってしまいます。今回のお客様は比較的早めに出していただけたのできれいに取れました。




お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月24日
浴衣たたみのポイント
今日は浴衣のたたみ方のポイントついてお話します。
ほとんどの着物はこの「本だたみ」というたたみ方になります。和服の基本のたたみ方です。
たたみ方はご存知の方が多いかと思いますが、意外と間違ったたたみ方をされている方がいますので、ポイントだけ書きます。

このたたみ方は縫い目にそってたたむような仕組みになっていますが、実は一部縫い目じゃないところがあります。下前(向かって左前)の縫い目ですが、写真のように下前の縫い目にそってたたむと襟にシワができます。






こちらの写真は襟と肩の付け目でたたんだ図ですが、襟にシワができません。そのまま上前(向かって右側)を下前に合わせるようにたためば反対側の襟にもシワができません。






写真では見づらくてわかりにくいかもしれませんが、参考になったでしょうか?
襟がシワになっていると結構目立つものです。きちんとたたんでたとう紙に入れて保管しておきましょう。







お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月21日
浴衣クリーニングしました
じめじめとした毎日が続きますが、梅雨明けももうすぐそこまで来ていますね。これから夏の到来とともに夏祭りや盆踊り、花火大会などが各地で行われます。皆さんも浴衣を着る機会が増えるのではないでしょうか。
今日はお客様から浴衣クリーニングのご依頼がありました。
当社の浴衣クリーニングはプレス機仕上げのスタンダードコースと手洗い・手仕上げのロイヤルコースがあります。今回はノーマルコースのご依頼でした。
浴衣は物によっては色移りするものがあり、一度色が出た場合はその品物はもちろん、他の浴衣にまで色が移り、大変なことになります。当社では洗剤に特殊な薬品(人体には無害です)を配合し、色移りはもちろん色止めまで施して洗います。










仕上げはプレス機仕上げといえども、難しい品物です。ハンカチのアイロン方法でもお話したように、浴衣の生地も伸びる方向と伸びない方向があります。浴衣自体が正(長)方形の集合体だと思ってください。浴衣の一部の生地がよじれてしまうと全体にゆがみがでてしまいます。丹念に生地を整えながらプレスしていきます。
また、糊は天然原料100%を使用し、リンス効果のあるソフターを配合しています。ほのかな香りと糊のきいた綿の浴衣に袖を通すと気持ちが良いですね。今年、浴衣を着るご予定の方は当社の浴衣クリーニングをお試しください。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月20日
ハンカチのアイロン方法
今日はお客様からハンカチのクリーニングのご依頼がありました。ハンカチのアイロンは必ず自分がしています。以前、東京のクリーニング店で修行(最近こんな言葉あまり使いませんね)していたころ、初めてアイロンを教えてもらったのがハンカチでした。アイロンの基本です。簡単そうに見えますがハンカチを真四角に仕上げるのは意外に難しいのです。











ハンカチには縦と横で伸びる方向と伸びない方向があります。伸びない方を横向きにしてアイロンします。あらかじめ糊付けしたハンカチを霧吹きで湿らせます。手で四角を整えて真ん中から横に向かってハンカチを軽く押さえるようにアイロンします。次に縦は伸びるほうなので生地を引っ張らないでアイロンで同じように真ん中から押さえます。最後に四隅の方も引っ張らずに形を整えるように押さえます。写真はお客様のハンカチです。たたんだときに四隅がしっかりと合わされば合格です。

生地には伸びる方向と伸びない方向があるので伸びる方向をむやみに引っ張らないことです。アイロンをかけながら手でシワを伸ばすのではなく事前に形を整えてからアイロンするようにしてください。それと、もうひとつ大事なことですが、アイロンはなでるのではなく、こするのでもなく、押さえるということです。よく見かけるのはアイロンの先で何度も同じところをこするようにかけている方がいますが、それではシワは伸びません。一度アイロンした場所は何度も押さえるのではなく、「一発で決める」ということです。

当社ではポケットに入っていたハンカチはサービスでアイロンをさせていただいております。糊のきいたハンカチをポケットに入れておくのは清潔感があってさりげないお洒落ですね。是非、皆さんもご自宅でやってみてください。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月19日
古着洗いました
当社では火曜日になると若干洗濯機が空く時間があります。そんなときに洗っているのが古着です。写真は見づらいですが古着を梱包した絵です。一包みが約50kgもある大きなもので、この中身はアメリカ直輸入の古着です。

県内の某古着ショップを経営している方とお話する機会があり、その社長曰く、「古着独特の臭いとシワを何とかしてほしい」とのことで、試行錯誤を繰り返しながら、なんとか社長の要望をクリアーすることができ、現在一緒に仕事をさせていただいています。今回は15包みですが、お店のオープン前などは200個とかで10トン車に載せて届いたりもします。当社にはフォークリフトというものがないので積み下ろしは手作業なのでかなり大変です(社員総出で下ろします)

そもそも量が半端じゃないので洗うのも大変です。当社の一番でかい洗濯機(100kg)で洗っています。一般に家庭用洗濯機で5kgとかなのでかなり大きいです。左の写真は稲本社製の100kg洗濯機と乾燥機です。被洗物が乾いた状態で100kg入るので濡れた状態だとその倍以上の重さを洗うことになります。当社では古着専用の洗浄工程をプログラムに組み込み洗い、乾燥します。

圧縮した状態で梱包されてくるので洗濯・乾燥した後は古着が膨らんですごい量になります。左の写真は乾燥後の古着です。さっきの一包みがカゴ2箱分に変わります。これを一枚ずつたたんでいきます。洗濯・乾燥でシワは完全に伸びきっているのでアイロンなどはかけません。




今回の作業で一番大変なのがたたみです。何千着もの古着を一枚ずつたたんでいくのは根気がないとできません(私にはできません・・・)学生のアルバイトさんにいつもたたんでもらっています。






今回の古着はアメリカから輸入したもので、中身はTシャツやジーンズが主でした。これから革ジャンやウールのコートなど冬物が入ってくる予定です。普通では考えられませんがすべて水洗いします。

県内にある大型古着ショップご存知ですか?一度足を運んでいただけるとうれしいです。古着独特の臭いもないし、洋服がきれいです。中にはビンテージ物などもあるかもしれませんよ。

この仕事は2年前からさせてもらっていますが、自分自身いろいろと勉強させていただきました。最近では高価なビンテージ物のジーンズを持ってこられる方もいます。ビンテージ物のジーンズもお客様の要望どおりにクリーニングします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年07月18日
衣類のリフォームについて
ズボンやスカートの裾がほつれていたり、ファスナーが壊れていたり、衣類は着込めば着込むほど修理が必要になってきます。新しいものでも破れたり、穴があくことなどもあります。もしお気に入りの一着に穴があいたりしてもあきらめないでください。かけつぎ(かけはぎ)できれいに穴をふさいでしまいます。サイズ直しやその他、革製品やぬいぐるみ、着物、布団など何でもご相談ください。Yシャツのボタンは無料で付け替えいたします。

左の写真は当社で40年以上働いている足踏みミシンです。
かなり年季が入っていますが、たまに油をさす程度で
壊れることもなく毎日がんばっています。









お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
20件中(1件〜10件を表示しています)   前   |