ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2006年12月31日
2006年度を振り返って

今年も今日で終わりですね。
皆さんは今年一年どうでしたか?

7月から始めたブログですが、少しでもクリーニングについて皆さんに理解してもらえるよう私なりに書かさせて頂きました。

ブログを見てクリーニングを持ってこられた方々やまた、県外からクリーニングを送っていただいた方本当にありがとうございました。

ブログを通していろんな方と出会え、また仕事を通して皆さんに喜んでもらえたこと、自分にとってはこれ以上の喜びはないと思います。

来年もできるだけ皆さんのお役に立てるような記事を書いていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

新年は5日より営業いたします。

新しい年が皆さんにとって素晴らしい年でありますように・・・・


福永 哲夫


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月28日
メイド衣装のアイロン
今日はお客様からメイドの衣装クリーニングがありました。
クリスマスパーティー用に購入したもので、このお客様は毎年この時期に出されます。

PIC_0355.JPG画像はクリーニング前の衣装です。
白いワンピースは綿100%で、シワシワになっています。








メイド服はフリフリが命です。

PIC_0356.JPGPIC_0357.JPG









画像は衣装を手洗いしているところです。
綿のワンピースはもちろん、黒の前掛け部分も綿なので、ドライクリーニングは適していません。
色を分けて、別々に手洗いします。

PIC_0358.JPG洗浄後、綿のワンピースは糊付けします。
糊を付けることによって、プレスで生地に張りがでて、ワンピースが広がり、フリフリになります。







PIC_0359.JPG画像はクリーニング後の衣装です。
この状態で自然乾燥して、仕上げに入ります。








PIC_0361.JPG乾いた衣装にもう一度霧吹きをかけて湿らせプレスしていきます。
湿らせることによって糊が効き、シワが伸びて生地に張りが出ます。







PIC_0360.JPGPIC_0362.JPG









画像はプレス前の衣装とプレス後の衣装です。
シワが伸び、スカート部分のフリルも広がり、フリフリになりました。

何度も言いますが、メイド服はフリフリが命です。

PIC_0366.JPGこのように綿の衣装などはプレスしないとシワシワになります。
だからと言って、アイロンも高度な技術が必要とされます。

当社ではこのような衣装も綺麗に仕上げますので、安心してお持ちください。
自信をもってフリフリに仕上げます。




お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月27日
モップクリーニング
今日はモップクリーニングについてご紹介します。

当社では学校が休みに入るこの時期、学生服と同じように大量にクリーニングに出るものがモップです。
各学校は春・夏・冬休みに校内を清掃するモップをクリーニングに出します。
もちろん、ご自宅や普通のクリーニング店では洗えない特殊なものなので、殆どが私の会社に集まります。

PIC_0346.JPGPIC_0354.JPG









画像はクリーニング前のモップです。特に学校のモップは汚れが激しいです。
本来オレンジ色のモップですが、汚れで真っ黒になっています。

当社のモップクリーニングは80度の熱湯で何度も洗浄しますので、汚れはきれいに落ちます。また、熱湯で洗うため、
モップの色自体も落ちるので、色落ちしたモップを染料を入れて染め直します。

PIC_0347.JPG画像はクリーニング後、染め直したモップです。汚れもきれいに落ちて、色も鮮やかに染まりました。
モップには黄色いモップとオレンジ色のモップがあるので、その色に応じた染料を使用します。





PIC_0348.JPG画像は洗い上がったモップを乾燥機で乾かしているところです。









PIC_0349.JPG乾燥が終わると、次はモップにホコリなどを付きやすくするための吸着剤を噴霧します。
画像の機械は乾燥機ではなく、吸着剤の吹きつけ機です。中は特殊な構造になっており、モップ全体に均等に吹きつけできるようになっています。





PIC_0353.JPG吸着剤を吹き付ければ、後はたたんで袋詰めです。
いろんな学校のモップがあるので、混ざらないように仕分けしていきます。







PIC_0350.JPGこのように当社ではこの時期、1日2000枚程度のモップが県内はもちろん、県外からも運送便で毎日届きます。
小中高から大学まで、工場がモップで溢れかえります。

もし、学校の関係者で、モップのクリーニングに困っている方いましたらご一報ください。
県内はもちろん、県外の方でも全国発送しますので、お問い合わせください。



お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月26日
学生服クリーニングは水洗いで
クリスマスが終わると今年ももう残りわずかですね。

今日はこの時期よく出る学生服クリーニングについてお話します。

学校が冬休みに入ると同時にクリーニングに出てくる学生服ですが、当社でも先週末あたりから
学生服が出だしました。

学生服はご自宅でも洗えるものがほんとんですが、
せめて学校が休みに入る時くらいはクリーニング店に出してみませんか。
普段の洗濯よりも洗い上がりが違うはずです


学生服は毎日、着ているものなので汚れ方はすごいです。はっきり言って綺麗な学生服などは殆どありません。
そんな汚れた学生服をクリーニング店によってはドライクリーニングするところもあります。
それでは自宅で洗ったほうがよっぽど綺麗になります。その辺はお店に尋ねてみると良いと思います。

当社の学生服クリーニングはすべて水洗いしますので、ドライでは取れない汚れも綺麗に落とし
スッキリと洗い上がります。

もちろん、スカートのヒダも1本1本丁寧にアイロン掛けしますので、よれよれになったスカートもよみがえります。

PIC_0345.JPG画像はヒダスカートをアイロン掛けしているところです。
ヒダのラインがずれないように丁寧に手仕上げしていきます。







PIC_0344.JPG画像は仕上がった学生服です。
スカートはヒダが収まってスッキリとしました。









PIC_0343.JPGこのように当社では汚れた学生服を水洗いによって綺麗にし、スカートはもちろんズボンのラインもしっかりとアイロンで押さえます。お正月休みも挟むので、学生服はできるだけ年内にクリーニングすることをおすすめします。
また、学生服によくあるのですがボンドなどが付いたシミはご自宅で洗っても落ちません。専用の薬品を使ってシミ抜きしますので、そのような場合も事前に言っていただければシミ抜きいたします
当社の学生服クリーニングで気持ちよく新学期を迎えてみませんか。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月25日
クリスマス
先日23日に1日早いクリスマスをしました。

当日は仕事も休みということで夕方5時ごろから私の家族や兄弟が実家に集まって
一緒に行いました。

料理はオードブルやお刺身、ローストチキン(2匹)、手巻き寿司のネタ、酢飯(7合)

手巻き寿司用の酢飯が7合って・・・・多すぎないかって思ったのですが、あっという間になくなりました。

私の姪っ子たちは上は短大一年で真ん中は高校二年、下は中学三年でみんな体育会系で体も大きく
3姉妹ながらも、食べ盛りで私の3倍くらいは食べます。

結局、私の口には手巻き寿司が3つほど入っただけです。

先日、サンタの衣装クリーニングをご紹介しましたが、うちの社長も自前の衣装を持っています。

ゴハンが終わってしばらくすると社長が「風呂入るわ」といって部屋から出て行き、しばらくして電話が鳴りました。
私の姉が出ると電話の向こうでは社長が「サンタクロースが今からそっちに行くと言っておけ」・・・

PIC_0339_1.JPG画像はその直後です。サンタクロースが我が家に来てくれました。(腰の曲がったサンタですが・・・)
上の娘は本当のサンタクロースと思っているらしく、握手をして「ありがとう」と言っておりました。
下の娘はサンタが怖いらしく、泣きながらプレゼントを受け取っていました。



PIC_0341_3.JPGPIC_0342_3.JPG









いつまでサンタクロースを信じるかわかりませんが、信じてくれている間は可愛らしいものです。
そのうち、プレゼントの金額も嵩んでいくのでしょうか・・・・

今年のクリスマスはもう一人サンタクロースが我が家にプレゼントを置いていってくれました。
なぜか、プレゼントの横に北田理事長の名刺が置いてありました。
ありがとうございます。

今朝、会社に来ると社長がサンタの衣装を洗っていました。。。。

 
TrackBackURL :
2006年12月22日
着物の襟の変色修正

今日はお客様から着物の襟のシミ抜き依頼がありました。

PIC_0337.JPGPIC_0338.JPG









画像はシミ抜き前の襟部分です。ちょうど首があたる部分に白くシミみたいなものが見えます。お客様は襟にファンデーションなどのシミが付いたとお持ちになられたのですが、
実はこれはシミではなく、時間がたって生地が変色しているのです。

カビがはえた着物クリーニングでもご紹介したように、シミがついていたことで生地の色素が劣化した色落ちです。

まず最初に、シミ抜き専用の有機溶剤で色落ちしている部分の汚れを除去します。
汚れが取れたら、変色している部分に色素復元剤を噴霧して修正します。

PIC_0335.JPGPIC_0334.JPG









画像は修正後の襟部分です。
汚れと変色は元通りに修正できました。

このように、シミが付いて時間がたつと生地の色素が劣化して変色します。
特に、着物などの絹素材は生地がデリケートなので、シミが付いた場合はすぐにシミ抜きすることをおすすめします。

PIC_0336.JPGもし、このような変色した着物があれば知識のあるクリーニング店に出すことをおすすめします。
変色はある程度修正できますが、シミ自体は時間がたつと取れなくなる恐れがあります。







お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月21日
着物シミ抜き
今日はお客様から着物のシミ抜き依頼がありました。
また、全体的に汚れているということなので、丸洗いも行います。

PIC_0325.JPGPIC_0327.JPG









画像はクリーニング前の着物です。袖や襟の部分にシミが付いています。
着物なので、特に前処理などは行わず、当社の着物専用コース「なぎさ京洗い」を施しました。

PIC_0329.JPG画像は丸洗い後のシミ部分です。
油性のシミは取れましたが、水溶性のシミが若干残っています。








前回もご紹介しましたが、着物などのデリケートな素材には超音波を使ってシミ抜きします。
超音波の細かい振動でシミを浮き出しますので、生地を傷めずに優しくシミ抜きできます。

PIC_0330.JPGPIC_0331.JPG









画像はシミ抜き後のシミ部分です。シミはすべて完全に除去できました。

PIC_0333.JPGこれからお正月や成人式など着物を着る機会が増えます。
もし、着物にシミが付いた場合はできるだけ早めにクリーニング店に出すことをおすすめします。

また、着物に汚れを寄せ付けない着物版撥水加工の「パールトン加工」も当社で承っております。
料金は8400円です。




お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月20日
ジャケットの裏地とり付け
今日はリフォームのご紹介をします。

PIC_0321.JPGPIC_0322.JPG









画像はリフォーム前のジャケットです。
裏地のないジャケットでお客様から裏地をつけてほしいとご依頼がありました。

PIC_0323.JPG画像はリフォーム後のジャケットです。
裏地がとり付けられました。









PIC_0324.JPGこのように裏地をとり付けることによって、洋服自体がしっかりとし暖かくなり、裏地にはキュプラを使用していますのですべりやすく着心地も変わります。
シルエット的にも変わりますので、もしこのようなリフォームがあればご一報ください。
洋服はもちろん、着物や革製品など、なんでも承ります。





お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月19日
サンタの衣装クリーニング(トナカイの衣装クリーニング)

もうすぐクリスマスですね。
毎年この季節になると出てくるのが、サンタの衣装クリーニングです。

PIC_0320.JPG画像はクリーニング前の衣装です。画像でお伝えできませんがかなり臭います。
私が所属する青年会議所の備品なのですが、数年前に新しく衣装を購入して初めて洗います。
汗の臭いやかび臭いというか、汚れは特に目立たないのですが、とにかく臭いです。

この場合、ドライクリーニングしても汚れや臭いは取れません。
水洗いしないと洗う意味がないです。

また、このような衣装は洗う前に必ず、目や尻尾など付属品がどのように付いているかチェックします。
きちんと糸で縫いつけてあれば問題ないのですが、
ボンドなどで接着しているものはクリーニングで剥がれる恐れがあります。

この衣装は糸で縫いつけてあるので問題はなさそうです。
だからと言って洗濯機でガンガン洗ってもだめです。
尻尾などは簡単にちぎれてしまいます。

PIC_0319.JPG画像は衣装を洗濯機に投入しているところです。
専用のソフト洗いコースで、ゆっくりと洗濯機を回して洗います。
ベルトや帽子など小物はネットに入れて洗います。





PIC_0318.JPGヒゲは口にあたることもあり、熱湯で漂白剤に漬け、消毒します。









PIC_0317.JPG画像は洗い上がった衣装です。
付属品もしっかりと付いています。
画像でお伝えできませんが、臭いもなくなりました。







PIC_0316.JPGもし、ご自宅で洗濯するのであれば、ソフト洗いコースで洗うと問題ないと思います。
その際、必ず付属品がどのようについているか確認してください。
また、色も出やすいので、できるだけ他のものと一緒に洗うのは避けましょう。

心配な場合はクリーニング店に出すことをおすすめします。
弊社ではこのような着ぐるみやコスプレ衣装なども問題なく綺麗に洗い上げます。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2006年12月18日
年賀状

みなさんはもう年賀状作りましたか?
私の会社では毎年この時期、年賀状作成のピークを迎えます。

といっても実は今、プリンター待ちの状態で小休止しております。
というのも、プリンターの給紙するローラーが磨り減ってしまって新しいプリンターが来るのを待っているんです。

私の会社のプリンターは普通の一般家庭などで使うタイプで、業務用ではないため
ある程度、印刷すると給紙できなくなるようです。
本体自体が安いため、修理するくらいなら新しいものを買ったほうが良いって言われました。
(本当でしょうか・・・・?)

業者の方に聞くと、業務用のプリンターは安いプリンターの10倍程度金額が違うそうで
安いのを毎年買い換えるか、業務用を長く使うかだそうです。

結局、今年も安いプリンターを買うことにしました。(予算がないもので・・・)

私の会社では年賀状は3000枚程度印刷します。
そのほかに、お店のセール時などお客様へハガキでご案内するので、年間に数万枚印刷します。
ランニングコストを考えると、業務用のほうがいいのかもしれませんが、どうなんでしょう????
皆さんの会社はどのようにしているのでしょうか?

数年前まではすべて手書きで作っていたのですが、今はパソコンで管理しているので手書きの頃から見れば
楽にはなりましたが、楽になった分、枚数も増えました。

年賀状や、DMのデザインは私が作るので、何かとあわただしいこの時期、年賀状作成が終わらないと
落ち着きません。

PIC_0315.JPG画像は印刷中の年賀状です。
あと1000枚ほど残っています。。。。









新年は5日より「初洗いセール」を行いますので、皆さんよろしくお願いいたします。
詳細はまたおってご案内いたします。


 
TrackBackURL :
20件中(1件〜10件を表示しています)   前   |