ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2007年04月18日
着物の簡単なシミ抜き
今日は着物の簡単なシミ抜きをご紹介します。

着物のシミは(どんなものでもそうですが)時間がたつと取れにくくなります。
付いてすぐのシミであれば弊社でも簡単にシミ抜きできるのですが、時間がたったものや特殊なシミは専門店にお願いすることになります。

専門のシミ抜き業者では「色かけ」など特殊な技術を持っおり、取れないシミでもシミの部分に絵を描いたり、色をかけたりして除去していきます。弊社がいつもお願いしているシミ抜き店も京都で修行された信頼の持てるお店です。
専門的な技術がかかるため料金は割高ですが、着物自体が高価なものなので、仕方のないことですね。

ただ、付いてすぐのシミであれば私でも取ることができますので是非、ご連絡ください。
料金も割安でできますよ。

PIC_0645.JPGPIC_0644.JPG









画像左は今回、お持ち頂いた着物のシミ部分です。
良くみると食べこぼしのようなシミが付いています。このようなシミが全体に3箇所と襟が汚れていました。(良くみないと見えませんが・・・)

画像右はシミ抜き後の着物です。
他の部分のシミも綺麗に除去できました。

今回はシミが付いて3日後に出していただいたので、シミ抜きは比較的簡単にできました。
料金はシミ抜き3箇所と襟の汚れ除去で3150円です
丸洗いすればその倍の金額がかかりますし、時間がたって私でも取れないシミになればさらにその倍はかかります。(シミの程度にもよります)

着物はもちろんですが、どんな衣類でもシミが付いたらすぐにクリーニング店に出すことをおすすめします。
シミは付いた瞬間から酸化を起こしはじめてシミが取れにくくなるとともに、生地自体も損傷させてしまいます。

衣類を長く着るためと、シミ抜き料金を抑えるためにも早めの行動をおすすめします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年04月16日
色物ワンピースの黄ばみ除去(酸素系漂白剤での全体漂白)
今日は色物ワンピースについた黄ばみ除去をご紹介します。

PIC_0643.JPGPIC_0642.JPG









画像はクリーニング前の商品です。
袖の肩口から肘あたりまでに黄色いシミが見えます。その他、襟や前たて袖口などもかなり黄ばんでいます。
これはシミ自体が時間がたったもので、全体の黄ばみは保管中に起こったヤケだと思われます。

このような商品はウエットクリーニングで若干綺麗になりますが、全体漂白しないと汚れは完全に除去できません。

PIC_0641.JPG画像はウエット後、酸素系の漂白剤に漬け込んでいるところです。
今回の温度は60度で、時間は30分程度です。漂白剤の濃度や温度・時間によっては酸素系といっても生地の色が落ちてしまうので、この辺は神経を使います。シミの具合や、生地の色合いなどいろんな要素を加味して決めます。




PIC_0640.JPGPIC_0639.JPG









画像は漂白後、自然乾燥したものです。
前たての刺繍部分が縮んでいます。アイロンで修正します。

PIC_0638.JPGPIC_0637.JPG









画像は仕上がった商品のシミ部分です。黄ばみは綺麗に除去できました。全体の黄ばみも生地の色を落とすことなく、綺麗になりました。縮んでいた前たてもアイロンでもとに戻りました。

PIC_0636.JPGこのように色物でも綺麗に漂白加工できますので、同じような状況の衣類があってもあきらめないでください。
私が自信をもって蘇らせます。(不可能なものもありますが。。。)
全国発送も承ります。






お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年04月13日
がんばれフェルヴォローザ

先週の日曜日、北信越フットボールリーグの開幕戦が金沢市民サッカー場で行われました。地元フェルボローザ石川白山FCが宿敵ツエーゲン金沢と対戦ということもあり、家族で応援に行きました。

会場は開幕戦&地元同士の対戦というこで1700人ほどのサポーターが集まっていました。私たちはもちろんフェルヴォローザの応援席にいたのですが、ツエーゲンのサポーターが多くて隅に詰められながらの応援です。結果、応援むなしく残念ながら0−1で敗れてしまいました。

サッカーの応援って言うのは初めてだったのですが、意外と熱くなれてサポーターたちも活発で楽しかったです。子供たちはフェルヴォマスコットの「フェルボくん」が怖かったようで、応援どころではなかったようです。嫁さんも「〇〇番の選手がカッコいい!」などとこちらも応援どころではなかったようです。。。

フェルボローザはどろりんピック2007にもご協力いただいており、そんなことがきっかけで弊社もスポンサー契約を結びました。今回はユニホームにどんな風に「フクナガプレス」の文字が入っているのかその確認でもありました。

NEC_0013.JPG一流企業の名前が入っている中にどさくさに紛れて「フクナガプレス」の文字が入っていました。意外と目だっているので恥ずかしいです。袖には「北田不動産」さんの名前もあります。









PIC_0635.JPGスポンサー契約と同時にユニホームのクリーニングもさせていただくことになりました。選手たちが気持ちよくプレーできるように綺麗に洗っていこうと思います。

今年はそんなこともあり、フェルヴォの試合にはできるだけ応援に行きたいと思います。
「私たちの町にJリーグクラブを!!」


 
TrackBackURL :
2007年04月10日
夏物スーツのウエットクリーニング
今日はスーツのウエットクリーニングをご紹介します。

PIC_0632.JPG画像はドライクリーニング後の商品です。一見、綺麗に見えますが良く見るとシミが点在していたため、お客様にご連絡してウエットクリーニングをすすめしました。素材もポリエステル混紡なので、水に漬けることでの縮みや風合いの変化も防げます。





PIC_0631.JPGPIC_0630.JPG









画像はシミ部分です。このような水ジミが全体に点在しており、これは通常のドライクリーニングでや汗抜きクリーニングでは落としきれないものです。

PIC_0629.JPGPIC_0628.JPG









画像のようにウエットして一晩、自然乾燥します。水に漬けたことで、生地がシワっぽくなっていますがアイロンで綺麗に修正できます。

PIC_0627.JPGPIC_0626.JPG









画像は仕上がった商品です。シミのあった部分は綺麗に除去できました。また、ウエットしたことで全体の汗やクスミなども除去でき、スーツ自体が軽くなりました。

PIC_0624.JPG肝心の襟部分もプレスでピシッとしています。










PIC_0625.JPGこのように夏物スーツなどは汗などで汚れています。ドライクリーニングや汗抜きクリーニングでは取りきれないシミなのでウエットクリーニングをおすすめします。ポリエステル混紡はもちろん、ウール100%もお任せください。私が責任を持ってクリーニングいたします。






お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年04月06日
ロシアンセーブルの毛皮付キャメルコート
今日はロイヤルコースをご紹介します。

PIC_0622.JPG画像は先日、お客様からご依頼があったロシアンセーブルの毛皮付きキャメルコートです。
ロシアンセーブルとはシベリアなどに生息する「テン」の毛皮で、キャメルはラクダの毛です。どちらも高い保温性と見た目が豪華で、毛皮・素材どれをとっても超高級品です。





価格は50万だそうです。失敗なんてしたら私の給料では払えません。

昨年も依頼がありクリーニングしたもので今回は2度目のケアとなります。高価なものなので、クリーニングもロイヤルコースで行います。

PIC_0623.JPG画像はクリーニング後、数日間自然乾燥したものです。特殊な獣毛専用加工剤を使用しているので、毛皮に艶が出て、フワフワになります。








PIC_0619.JPGPIC_0621.JPG









今回はさらに特殊な加工剤を直接噴霧してブラッシングしました。若干寝ていた毛が立ち上がり、毛皮1本1本に艶が出ました。

PIC_0618.JPGブラッシングした後の毛皮部分です。










PIC_0617.JPGこのように高価な洋服も当社の「ロイヤルコース」にお任せください。私が責任をもってケアさせていただきます。








お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年04月02日
汚れのひどいダウンジャケットクリーニング(モンクレール)
今日は汚れのひどいダウンジャケットクリーニングをご紹介します。

PIC_0615.JPG画像はクリーニング前の商品です。モンクレールのロングダウンです。









PIC_0612.JPGPIC_0611.JPG









よく見ると袖口やポケットの部分がかなり汚れています。

PIC_0613.JPG全体的にも水ジミが点々とついています。









今回のお客様は東京からのご依頼で、近所のクリーニング店に出したが汚れが殆ど取れないで返ってきたそうです。そのクリーニング店では「羽毛が抜けてしまうのでドライ以外では洗えない」と言われたそうです。

確かに、洗濯絵表示では水洗い×になっています。よくメーカーは水洗いによる生地の風合い変化というリスクを避けるためにそのような表示にしますが、クリーニング店はその素材の性質やシミの分析などをして適切なクリーニング方法を決めなければいけません。

弊社ではこのような場合、水洗いをしますが、今回の商品は生地に光沢があり、ナイロン素材といえども風合いの変化を避けるため、ウエットクリーニングで汚れを落とします。

PIC_0610.JPG画像はウエット後、脱水して半乾き状態の商品です。
この後、一晩自然乾燥し、翌日タンブル乾燥で完全に乾かします。表示には「タンブル乾燥禁止」なんて書いてありますが、問題ありません。もちろんタンブル乾燥することで生地や羽毛が痛むことはありません。




PIC_0608.JPGPIC_0607.JPG









画像は仕上がった商品の汚れていた部分です。黒い摩り汚れが綺麗に除去できました。また、全体の水ジミもウエットで除去できました。

PIC_0614.JPGPIC_0609.JPG









何度も言いますがドライクリーニングではここまで綺麗になりません。左がクリーニング前で右が仕上がった商品です。汚れはもちろん、羽毛が膨らみ、ハイパー撥水コーティングするため素材の光沢も蘇りました。弊社のハイパーコートは光触媒を配合していますので、汚れが分解され汚れにくくなると同時に、紫外線もカットしますので日焼けや退色なども予防できます。

PIC_0616.JPGこのように弊社では汚れたダウンジャケットも水洗い(ウエットクリーニング)しますので、ドライでは取れない汚れも綺麗にします。縮みはもちろん、羽毛や生地の風合いも変わらないのでご安心ください。
全国発送も承ります。料金は7,350(税込)からです。1週間で仕上がりますが、特急仕上げも対応できます。ご連絡ください。




 20080614154504_1.JPG
モンクレールのお客様の声です20080614154504.JPG

Hanakoya 福永様

 

お世話になっております。

○○です。

 

モンクレールのダウン、確認しました。ポケットの修復の件、ありがとうございました。

満足しております。

 

今回のモンクレールの件で、

お気に入りの洋服のクリーニングへ出すときの難しさを痛感しました。

こちらとしては、

クリーニングで収入を得ているプロにお願いしているのだから、

良い状態で戻ってくるだろうと思っていても、

結果はそうではないことがあるのだなぁと思いました。

クリーニング結果に対して見解を聞いても、

「ラベル通りにクリーニングしたのだから。」と言われては、

アマチュアの私には返す言葉がありません。

クリーニング店もきちんと選ばないといけないのですね。

不用意にクリーニングに出してしまったのを、

モンクレールのダウンを見ながら後悔しております。

ダウンの寿命を縮めてしまったなぁと思っております。

福永様にはいろいろと親切にしていただき、

感謝しております。

またモンクレールをクリーニングしたいときや、

愛用している革製品などクリーニングしたいときにはお願いしたいと思っており

ます。

そのときにはよろしくお願いいたします。



モンクレールダウンウェアのクリーニング説明はこちら

モンクレールをお持ちの方へ

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL :