ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2009年01月29日
ブルゾンの退色補正(染め替え・染め直し)。
今日はブルゾンの退色補正(染め替え・染め直し)をご紹介します。

200901291634309527.jpg




















画像はご依頼のあったブルゾンです。左側全体が日焼けで退色しています。このような状態は保管中に紫外線や蛍光灯の光に反応して色が退色(変色)したものです。素材は綿なので今回は全体を黒で染め直すことにしました。内側や外側のブランドタグは素材によっては染まってしまうため、染め直す前に一度取り外して、染め上がった後に再度縫い付けます。

画像はありませんが、素材にあった染料や助剤を使い分けます。もちろん温度設定や染料の量、時間などは染め上がりに大きく左右されます。

2009012916345025657.jpg




















このように綿素材やナイロン素材、その他レーヨンやシルクなどにも対応可能です。

大切な衣類が日焼けなどで退色(変色)しても染め直すことで修復可能です。(製品によってはできないものもあります)

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年01月26日
G−1ジャケットのカビ除去(バズリクソンズ)。
今日はG−1ジャケットのカビ除去をご紹介します。

2009012619060723712.jpg




















画像はご依頼のあったG−1です。
G−1はいろんなメーカーから出ていますが、こちらの商品はバズリクソンズです。他にもAVIREX(アヴィレックス)やREAL McCOY'S(リアルマッコイズ)、モーガン、クーパーあたりが有名ですね。

2009012619061814647.jpg




















画像のようにカビが広範囲に繁殖しています。お客様は毎年のようにクリーニングに出しているのにカビが生えてしまって困った挙句、弊社にお問い合わせいただきました。

200901261906289166.jpg




















このような状態のカビは通常のドライクリーニングやパウダークリーニングでは完全に除去できません。そのため、クリーニングしてもカビの芯が残っているため、保管中にまたカビが繁殖してしまいます。この場合、一番良い方法がウエットクリーニング(水洗い)です。水洗いすることでカビを芯から除去して再繁殖を防ぎます。

2009012619063723711.jpg




















洗浄液には革専用の洗剤と加工剤を使用していますので、革の色落ちはもちろん、縮みや硬化もありません。

200901261906507884.jpg




















毎年洗っていた革ジャンも洗浄後はこのように洗浄液が真っ黒になるほど汚れが洗い流されました。

画像がありませんが、今回は色補正も施し、カビによる革の退色も補正してあります。革ジャンはカビが生えると色も薄くなってしまいますのでご注意ください。

2009012619070114709.jpg




















色補正後は専用のクリームで保湿します。このようにクリームを塗ることで、今後のカビ予防にもなります。保管する際は必ずクリームを塗ることを忘れないでください。

2009012619071525168.jpg




















このようにG−1ジャケットのカビもウエットクリーニング(水洗い)で除去可能です。もしこのようなG−1や革ジャンを持っていても修復可能です。私がケアさせていただきます。

20080614154504_1.JPGお客様の声です20080614154504.JPG

フクナガプレス 福永様

 

G−1無事届きました。ここまで綺麗になって戻ってきて感動しています。

 

10年位前に購入したものなのですが、見た瞬間買った当時・・いやそれ以上の

 

クオリティーに福永さんに頼んでよかったと本当に思いました。

 

あのカビカビの状態から・・職人技というか技術の高さに感服いたしました。

 

また何かありましたらお願いすることになると思いますので、そのときは宜しくお願い

 

いたします。


お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年01月16日
チーニーのモンクストラップ色補正・傷補正。
今日はチーニーのモンクストラップ色補正・傷補正をご紹介します。

チーニーといえば英国靴界を代表するブランドの一つです。グッドイヤーウェルト製法を取り入れ、耐久性を重視し、シンプルで飽きのこないベーシックモデルが人気でもあります。このような製法の靴はアウトソールなどの交換がスムーズに行えるため、定期的な補修を行えば半永久的に使えるものでもあります。


2009011616434828295.jpg




















画像はご依頼のあった商品です。深みのある茶色のムラ染めですが、全体的に擦れによって色が剥げています。

2009011616440712752.jpg




















つま先部分には深い傷も何箇所か見えます。

今回は全体クレンジング・下地処理・傷補正・色補正・撥水加工・クリーム保湿を施しました。

2009011616424412304.jpg




















画像左の靴は色補正後で右は色補正前です。
画像では黒く見えますが、本来の深い茶色のムラ染めに戻したものです。このようなムラ染めは茶色で濃く色をつけてしまうと、革の深みがなくなり、風合いが全く変わってしまいます。

2009011616422712591.jpg




















仕上げには撥水加工とクリーム保湿を施し、革に光沢を蘇らせます。

このようにグッドイヤーウェルト製法の靴は定期的なケアを施せば長く使えます。大切な靴は弊社の専属スタッフが心をこめてケアさせていただきます。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年01月14日
ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の財布クレンジング・色補正。
今日はボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の財布クレンジング・色補正をご紹介します。

ボッテガ・ヴェネタといえばイタリアのファッションブランドで、「イントレチャート」という、革紐を細かく編みこんだデザインがブランドの代名詞ともなっています。また、柔らかい革質と編み込み製法からできるバッグは自然なシルエットと飾らない独特の雰囲気を持っています。

2009011412022914398.jpg




















画像はご依頼のあった財布です。全体に手垢の汚れが目立ち、摩擦によって表面の色が剥げています。

2009011413103216179.jpg




















今回も全体クレンジング・色補正を施します。色補正は内側の変色していない色に合わせて、革の表面のみを着彩します。革の裁断した部分や裏側のスウェード部分に色が入ってしまうと風合いが損ないます。また、厚塗りになってしまうと本来の柔らかい革質も損ないますので、薄塗りで風合い重視のケアとなります。

仕上げは撥水加工とクリーム保湿を施し、汚れ防止と光沢を蘇らせます。

このようにボッテガヴェネタは弊社の専属スタッフが心をこめてケアさせていただきます。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年01月13日
シャネルマトラッセチェーンショルダーのクレンジング・色補正。
今日はシャネルマトラッセチェーンショルダーのクレンジング・色補正をご紹介します。

シャネルの中でも定番人気アイテムのマトラッセラムスキンです。一目でシャネルとわかるこのバッグは時代を越えて愛され続ける逸品でもあります。

200901131138357007.jpg




















画像はご依頼のあった商品です。全体的に色が剥げてくすんでいます。

2009011311075318559.jpg




















四隅も擦れによる黒ずみが見られます。

200901131107116552.jpg




















裏側は衣類と擦れる箇所なので衣類の色や汚れでかなり黒ずんでいます。

今回は全体クレンジング・下地処理・傷補正・色補正・撥水加工・クリーム保湿を施しました。

200901131108336503.jpg




















シャネルのラムスキンは柔らかい革質が特徴です。そのため、クレンジングと下地処理でできるだけ汚れを取り、着彩は薄く何度も重ね塗りを繰り返して仕上げます。エアブラシでは色が革に浸透しにくく、仕上がりは革質が硬くなりひび割れなどを起こしやすくなりますので使用しません。

200901131108135997.jpg




















色合いに関しては私とスタッフでしっかりと確認しながら作りますので、仕上がりは本来の色合いに復元させます。

2009011311091018563.jpg




















画像では見にくいですが、チェーン部分の革もケアしています。

2009011311085325383.jpg




















チェーンや留め金も磨きを施しますので、くすんだ金属もきれいに輝きが蘇ります。
仕上げは撥水加工とクリーム保湿で革全体に光沢も戻ります。

このようにシャネルの定番アイテムマトラッセは弊社の専属スタッフが心をこめてケアいたします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年01月09日
今年もよろしくお願いします。
ご挨拶が遅くなりましたが皆様、明けましておめでとうございます。
年末の忙しさからか、お正月は今までにないくらいのんびりさせていただきました。

昨年は納期に追われて慌ただしい一年だったのですが、今年は丑年ということもあってのんびりとゆとりをもって作業していきたいと思います。のんびりとですが、一歩一歩しっかりと踏みしめて前へ進んでいく、そんな年にしたいですね。

それでは本年も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

フクナガプレス
福永哲夫

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています