ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2009年08月28日
シャネル財布クリーニング(ボールペンの染み抜き)。
今日はシャネル財布クリーニング(ボールペンの染み抜き)をご紹介します。

2009082811572929989.jpg














画像はご依頼いただいたシャネルの二つ折り財布です。

2009082811574116837.jpg














お客様は買って間もない新品の状態の財布にボールペンが付いてしまい、あわてて除光液でとろうとしたのですが、革の色まで剥げてしまってお問い合わせいただきました。

ボールペンのシミなどは除光液でも取れますが、今回のように革素材には除光液は使えません。このような状態になると、ボールペンのシミと一緒に革の色も落としますので色補正が必要となります。画像では分かりづらいですが革の色も落ちています。

2009082811570916837.jpg














他の部分は状態が良かったため、ボールペンが付いた部分と折れ曲がった部分のみ色補正を施しました。色合いが少しでも違うと違和感が出てしまいますので、慎重に色を調合していきます。

2009082811575725911.jpg














財布に限らず革製品にボールペンのシミなどが付くケースはよくあります。そんな場合は除光液などを使わずにすぐにご連絡いただければ状態を確認して適切な方法をご提案いたします。

ご自分で取れなくても色補正などの技術のある専門店なら比較的簡単に取れるしみかと思います。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年08月12日
エルメスケリー(ケリー・ラキス) 染色補正。

今日はエルメスケリーの染色補正をご紹介します。

2009081214505523813.jpg




















画像はご依頼いただいたケリー・ラキスです。素材はカーフとキャンバス地のコンビです。

ケリーはバーキンと並んでエルメスの看板バッグの一つです。その名の由来となったのがモナコ王妃のグレースケリーが妊娠中にマスコミが彼女を撮影しようとしたとき、とっさに手にしていたバッグでお腹を隠したのがきっかけでその後、バッグをケリーバッグと呼ぶようになりました。モナコ王妃の名に相応しい細部にわたってエレガントなバッグです。

エルメスのケアは色合いはもちろん、素材の特徴や風合いを最大限に意識してのケアとなります。今回のケアをBEFORE・AFTER画像でご確認ください。

2009081214523021222.jpg




















2009081214521228003.jpg





















2009081214564720683.jpg




















2009081214513228079.jpg





















2009081214573824043.jpg




















2009081214511520667.jpg





















2009081214515523215.jpg




















2009081214583427918.jpg





















2009081214575423812.jpg




















2009081214581421222.jpg




















エルメスバッグは弊社の専属スタッフがケアさせていただきます。


 
20080614154504_1.JPG
お客様の声です20080614154504.JPG

フクナガプレス

福永哲夫 様

 

御世話になります。

今実家の方にかばんが届きました。

母が確認して、新品同様に修復されているとのことです。

かばんは遺品でして、とても大切なかばんです。

本当に感謝しております。

有難うございました。



その他のエルメスバッグケアの記事はこちら


関連記事はこちら

 



rogo_hanakoya.jpg 



official website

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2009年08月06日
ボッテガヴェネタセカンドバッグ 染色補正。
今日はボッテガヴェネタセカンドバッグクリーニングをご紹介します。

2009080617213412087.jpg




















画像はご依頼いただいたバッグです。ボッテガヴェネタのイントレチャートで、上質な羊革は編み込みの中にも一つひとつ表情の違う風合いを持っています。

200908061723512845.jpg




















お客様は中に入っていた化粧品がこぼれてシミになったようです。見にくいですが化粧品のアルコール成分で革の染料が変色してシミになっています。

2009080617221712087.jpg




















ボッテガヴェネタのイントレチャートは一つひとつの革質が異なるため色合いも様々なので、安易に一辺倒に染色するとその部分だけ雰囲気が変わってしまいます。そのため、染色(色補正)は現状の色に合わせて何色も作って仕上げていきます。

200908061722391781.jpg




















ボッテガヴェネタのイントレチャートは弊社の専属スタッフがケアさせていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています