ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2010年05月31日
CHANELバッグのカビ跡&シミ&日焼けのケア。
CHANELの定番バッグマトラッセのケアです。
これからの季節にご注意を頂くために今回もカビが発生したケースのケアをご紹介致します。

写真の通り中央CHANELロゴ左側にカビ跡が見られます。
5.30Hanakoya.CHANEL01.jpg




















カビの他には日焼けや汚れや傷、乾燥肌が見られます。5.30Hanakoya.CHANEL02.jpg




















バッグの底角は痛みが最も多く見られる箇所ですね。5.30Hanakoya.CHANEL03.jpg




















カビというのはレザーにとって本当に厄介な症状です。5.30Hanakoya.CHANEL04.jpg




















透かすように眺めると乾燥しているのが分かりますよね。5.30Hanakoya.CHANEL05.jpg




















まずはバッグの革が傷まないよう丁寧にクレンジングし、汚れやカビを出来るだけきれいにして染色を行ないます。5.30Hanakoya.CHANEL06.jpg




















染色で注意したいのは風合いです。バッグ全体の風合いを残しつつもみずみずしさを取り戻すようなイメージで作業を進めます。5.30Hanakoya.CHANEL07.jpg




















ラムスキンの柔らかい風合いを再現いたします。5.30Hanakoya.CHANEL10.jpg




















特徴のあるチェーン部分も分解して染色を行ないます。手間のかかる作業です。
5.30Hanakoya.CHANEL09.jpg


















大切なファッションアイテムがひどい状態にならないよう、普段からオーナーさまでしっかりとメンテナンスすることをお薦め致します。
少々面倒だと思いますが、高価なアイテムや大切なアイテムが傷付かないよう普段からケアをしてあげて下さい。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月29日
LOUIS VUITTON・Cuir Epiのクレンジング。

おはようございます。
今回もカビのクレンジングをご紹介致します。
お品は横ラインエンボスが特徴のLOUIS VUITTN・Epiです。
5.30Hanakoya.VUITTON01.jpg




















バッグ全体にカビが繁殖し、独特の高級感が損なわれています。5.30Hanakoya.VUITTON02.jpg




















お客様は高価で大切なアイテムなだけにショックも大きいだろうと思います。5.30Hanakoya.VUITTON03.jpg




















梅雨時期はレザーアイテムに防カビ処理を行う必要があります。また冬も意外と要注意。
暖房器具を使用して室内を暖めると湿気が結露となって発生しますよね。
これもカビを繁殖させる原因のひとつとなります。
5.30Hanakoya.VUITTON04_1.jpg



















Hanakoyaでは革を傷めないようにケアを行ないます。5.30Hanakoya.VUITTON05.jpg




















今回のお品はカビによるダメージが比較的小さく済んでおりました。5.30Hanakoya.VUITTON06.jpg




















そのためカビ跡の模様が出ておりません。我々としてもダメージが少なくて良かったと思います。5.30Hanakoya.VUITTON07.jpg




















クレンジングでケアをすることにより、カビが除去されて艶のある表情へと変わりました。5.30Hanakoya.VUITTON08.jpg


















レザー製品にカビは大敵です。自分は大丈夫だろうと油断しているといつの間にか発生しているのがカビです。ある意味、病気と同じです。
インフルエンザにかからぬようワクチンを接種するのと同じでレザー製品にも防カビ処理は必要です。もしものときに大きなダメージを受けぬように・・・。

 


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月28日
革靴のカビ除去。
Hanakoyaでよくご依頼のあるケアのひとつです。
そうです。レザーに付き物のカビの除去です。

カビ菌はどこにでもウヨウヨと浮遊していて、レザー製品を管理の行き届かない、あるいはカビが繁殖しやすい条件化で保管するとこのようにカビが発生します。
5.29Hanakoya01.jpg



















これからの季節は高温多湿となり、カビの繁殖に適した環境となるため、特に気を付ける必要があります。5.29Hanakoya02.jpg




















Hanakoyaではカビを防ぐためにクレンジングと防カビ処理のW処理をお薦めしています。5.29Hanakoya03.jpg




















カビはクレンジングで除去します。5.29Hanakoya04.jpg




















もちろん革製品に水は大敵ですから革にダメージを与えないよう、特殊な薬剤を使用して革を傷めないようにクレンジングします。5.29Hanakoya05.jpg




















仕上げにご希望に応じ防カビ剤を施します。これでカビのほとんどの繁殖を防ぐことができます。
ただしカビの臭は完全に除去できない場合があります。
5.29Hanakoya06.jpg



















シューズは足の臭いも付着します。Hanakoyaではオリジナルの消臭剤も揃えております。
お気軽にお問い合わせ下さい。



rogo_hanakoya.jpg 



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月28日
学生服とLITHIUM HOMMEのクリーニング&ハイパー撥水コーティング。
ここ3日ほどは、全国的に冷え込んでいるようですね。北陸も寒いです。
そろそろ衣替えだというのに上着が手放せないのでは?と、心配してしまいます。

今回は学生服(ウール50%、ポリエステル50%)のクリーニングをご紹介致します。
最近の学生さんは雨の日でも傘なしで通学する光景をよく目にします。ずぶ濡れになっているのに若いなぁ〜なんて、思わず自分の年を見つめ直してしまいます。5.27Hanakoya01_1.jpg




















学生服は衣類の中でも水を弾きやすい繊維で構成されていますが、水をかけるとご覧の通りズブ濡れとなります。5.27Hanakoya02_1.jpg




















バサバサと水気を振り払ってもこのように水染みができます。これでは通学中にインナーまで水が浸透することでしょう。5.27Hanakoya03_1.jpg




















クリーニングを行い、Hanakoyaオリジナルのハイパー撥水コーティングを施工しました。
クリーニング前に比べ、大きな差が見られます。5.27Hanakoya04_1.jpg




















水をかけても学生服に広がることなく脇の方から流れ落ちていきました。5.27Hanakoya05_1.jpg




















水を振り落とすと水滴は残りません。これで突然の雨でもインナーまでズブ濡れになることはないでしょう。学生服は黒ですから黒ズミの汚れは目立ちませんが、これがまた意外と汚れているものです。
秋の衣替えシーズンに備え、ご依頼を承った学生服のクリーニング&ハイパー撥水コーティングをご紹介致しました。5.27Hanakoya06_3.jpg





















次は自前のLITHIUM HOMME2Bスーツ(ウール100%)のクリーニングをご紹介致します。
2月に購入し、まだ1度もクリーニングを行なっていなかったため洗いに出しました。5.27Hanakoya07_1.jpg





















営業に出かける際に着用しているのですが、突然の雨に降られるとYシャツまで濡れてしまいます。5.27Hanakoya08_1.jpg




















LITHIUM HOMMEですから、良い品質のスーツなんですが・・・。5.27Hanakoya.LITHUM09_1.jpg




















水を落とした後にはこんな風に水染み跡が残ります。5.27Hanakoya.LITHIUM10_1.jpg




















雨が降ると全身に水がかかる訳ですから、Yシャツが濡れるのは当然のことです。(特に肩)
5.27Hanakoya.LITHIUM11_1.jpg



















そこでクリーニング後にハイパー撥水コーティングを施工しました。5.27Hanakoya.LITHIUM12_1.jpg




















水滴がこんな玉コロとなります。5.27Hanakoya.LITHIUM13_1.jpg




















水を振り落とすと水滴が滑り落ちて水跡が残りません。5.27Hanakoya.LITHIUM14_1.jpg




















これで突然雨に降られてもズブ濡れになることはないでしょう。また酒の席でふざけて何かをこぼしたとしてもハイパー撥水コーティングが大切なスーツを汚れから守ってくれます。5.27Hanakoya.LITHIUM15_1.jpg



















ハイパー撥水コーティングは、突然のアクシデントから発生するスーツの汚れを最小限に食い止めてくれるでしょう。


今回のクリーニング料金
学生服
上着詰襟・・・630円
パンツ・・・525円
ハイパー撥水コーティング・・・4,200円(上下)

スーツ(機械洗い)
ジャケット・・・1,050円
スラックス・・・630円
ハイパー撥水コーティング・・・4,200円(上下)

スーツ(手洗い)
ジャケット・・・2,625円
スラックス・・・1,575円
ハイパー撥水コーティング・・・4,200円(上下)

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月25日
DOLCE&GABBANAレザースニーカーのケア。

おはようございます。
宮崎県では口蹄疫問題でエース級種牛の忠富士がとうとう殺処分されました。
とても残念なニュースです。その他の種牛は特例で移動し、感染を免れる処置をとられましたが、畜産家の方々は、非常に辛い思いで生活していることでしょう。
一刻も早く安心した生活が送られることをお祈り申し上げます。

さて、本日はDOLCE&GABBANAのレザースニーカーのケアをご紹介させて頂きます。
2010052509231920612.jpg




















ご依頼を頂いたお客様は大変気に入られているアイテムのようで、長い間履き込まれていたのが分かります。2010052509234620268.jpg




















そしてメンテナンスを施し、これからもトコトンこのドルガバスニーカーと時をお過ごしになられるのでしょう。Hanakoyaはそんな方々のお力になりたい。そう願ってケアを行ないます。2010052509242929036.jpg




















シューレースもクリーニングしましたが、強固に付着した汚れは除去することができません。残念です。


2010052509245117714.jpg




















しかしながら本体の黒ずみはクレンジングと染色で、きれいなホワイトに蘇りました。2010052509251417960.jpg




















ソールの汚れはシューレース同様完全に除去することはできませんでしたが、ある程度はきれいになりました。2010052509254517957.jpg




















これからもこのスニーカーに愛着を持たれて、共に過ごすお時間が増えることをHanakoyaは望んでおります。2010052509261029036.jpg



















大切なファッションアイテム、思い入れのあるファッションアイテムなど丁寧にケアをさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月23日
GOLFウエアのハイパー撥水コーティング。
本日のブログもハイパー撥水コーティングの施工をご紹介致します。
近年、宮里藍選手や横峰さくら選手、上田桃子選手、石川遼選手などの目覚しい活躍で人気急上昇のGOLFですが、HanakoyaはGOLFを楽しまれている方々へ快適なGOLFLIFEをご提案させて頂きます。

写真のウエア、キャップは、毎週のようにラウンドを周られているGOLF大好きなお客様のお品で、ご了承を得て撮影させて頂きました。(ご協力を頂いたお客様に感謝を申し上げます)

今回の写真ですが、カメラのホワイトバランスの調整を行なわなかったためにBefore → Afterで色合いが変わっております。ご了承下さい。

ウエア:Before
5.23Hanakoya.GOLF01.jpg




















ウエア:After5.23Hanakoya.GOLF02.jpg




















ウエア:Before5.23Hanakoya.GOLF03.jpg




















ウエア:After5.23Hanakoya.GOLF04.jpg




















キャップ:Before5.23Hanakoya.GOLF05.jpg




















キャップ:After5.23Hanakoya.GOLF06.jpg




















キャップ:Before5.23Hanakoya.GOLF07.jpg




















キャップ:After5.23Hanakoya.GOLF08.jpg




















コーデュロイキャップ:Before5.23Hanakoya.GOLF09.jpg




















コーデュロイキャップ:After5.23Hanakoya.GOLF10.jpg




















ハット:Before5.23Hanakoya.GOLF11.jpg




















ハット:After
5.23Hanakoya.GOLF12.jpg



















キャップ:Before
5.23Hanakoya.GOLF13.jpg



















キャップ:After5.23Hanakoya.GOLF14.jpg




















写真の通り、GOLFウエア類にもハイパー撥水コーティングは抜群の効果を発揮します。
これで雨の日のラウンドでもインナーに雨が染み込むことなく集中力を持続したまま、GOLFが楽しめるものと思います。
GOLFは成績が数値として表現されるスポーツですから、雨の日でも良いスコアが叩き出せるかもしれませんね。
ハイパー撥水コーティングは、快適なアウトドアライフに貢献できそうです。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月22日
靴のハイパー撥水コーティング

梅雨の湿気は、時にレザー製品へ大きなダメージをもたらすことがあります。実際にHanakoyaへケアをご依頼されるお客様の中にもカビが生えた!と、ショックを受けられている方が非常に多いのが印象的です。
そこで私物のレザースニーカーへ梅雨を控えた防カビ対策としてハイパー撥水コーティングを施しました。


5.22Hanakoya01.jpg



















写真右側がハイパー撥水コーティング未施工のスニーカーです。水をかけたとたんに吸水しました。左側がハイパー撥水コーティングを施工したスニーカーです。5.22Hanakoya02.jpg




















交互、交互に水をかけます。
5.22Hanakoya03.jpg



















ご覧頂いている通り、ハイパー撥水コーティングを施工した左側は全く水を吸い込みません。5.22Hanakoya04.jpg




















どこの部位も同じです。
5.22Hanakoya06.jpg



















次はレディースのサンダルです。右側がハイパー撥水コーティングを施工していないサンダルで、左側がハイパー撥水コーティングを施工したサンダルです。
生地の部分が水を吸水しています。
5.22Hanakoya07.jpg



















ハイパー撥水コーティングを施工した左側です。完全に水を弾いています。5.22Hanakoya08.jpg




















両足同時に水をかけた比較写真です。
5.22Hanakoya10.jpg



















少し分かり難いかもしれませんが、水をかけた後にはこんな差が現れます。
生地の部分が濡れているのがわかります。
5.22Hanakoya09.jpg




















カビは、空気中に浮遊しているカビ菌がレザーに付着して、レザーの栄養素を吸収しながら梅雨の適切な湿度で大繁殖します。
それを防ぐためには、保管場所に除湿機を設置したり、湿気取りを置いたりして湿気を取り除くことが必要です。

もちろんHanakoyaでは、レザーの防カビ処理を承っておりまして、内容は、ご依頼品に防カビ剤を浸透させ、ハイパー撥水コーティングを施工します。
レザー製品への水浸透を防ぐだけならハイパー撥水コーティングだけでも効果はあります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月21日
Clubism掲載
おはようございます。「Hanakoya研究開発室」です。
Hanakoyaが、『この分野でトップクラスの店』にご指名を頂き、Clubismさんに掲載させて頂きました。ありがたいお話です。
でもHanakoyaスタッフは、これに自惚れず本当のトップクラスを目指して頑張っていきます!
5.21Hanakoya01.jpg



















誌面を飾った修復マイスターのルミさんです。5.21Hanakoya02.jpg




















ルミさんと共同で作業するもうひとりのマイスターです。5.21Hanakoya03.jpg




















作業風景をチラリ。5.21Hanakoya04.jpg




















繊細な作業をこなし、お客様の大切なファッションアイテムを蘇らせるのです。5.21Hanakoya05.jpg




















掲載させて頂いたページです。
Hanakoyaが得意とするケアをイメージして頂けるような構成になっております。実際に可能な業務や専門ケアは誌面では伝え切れないほどたくさんあります。5.21Hanakoya06.jpg




















メディアに掲載されるということは、今まで以上に責任を持ってケアをしなければならないということであり、研究開発室でも現在のHanakoyaで不可能だったケアの技術をお直しが可能となるよう、急ピッチで開発に取り掛からなくてはならないということでもあります。5.21Hanakoya07.jpg




















以前からご依頼を頂いているお客様に加え、新規のお客様にご指導頂き、多くの方々に喜ばれるHanakoyaを目指していきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月20日
フィッシングウエア類のハイパー撥水コーティング。
宮崎県では、家畜の伝染病である口蹄疫(こうていえき)が流行し、東国原県知事は非常事態宣言を発令しました。そのため、県や国を含め家畜の殺処分を実行するようです。
生産家にとっては大打撃でお嘆きになられている様子が想像できます。
何もお手伝いをすることはできませんが、早く事態が終結されることをただただ祈るばかりです。
宮崎県の関係者のみなさま、どうか頑張って下さい!

さて、『Hanakoya』では、MONCLERダウンジャケット、DUVETICAダウンジャケットなどに開発をした『ハイパー撥水コーティング』をフィッシングウエア用に改良を加え、商品化しておりまして、少しずつではありますが、ご注文を頂いている次第です。ご依頼を頂いた方々には心より感謝申し上げます。

高機能なお品でも水をかけるとこのように撥水性にヘタりが見られます。当然のことなのですが・・・。
2010052011210514635.jpg




















Hanakoyaのハイパー撥水コーティングを施工すると、このように撥水性が回復します。2010052011212616232.jpg




















キャップに対しても効果は抜群です。たかがキャップですが、アングラーとしては個人的にかなりお薦め。5.20.ZIP03.jpg




















AQUOLIAも使い込んでいく内にご覧の通り吸水してしまいます。5.20.AQUOLIA04.jpg




















ハイパー撥水コーティングを施工すると、やっぱり撥水性が回復します。5.20.AQUOLIA05.jpg




















RBBもAQUOLIA同様に使い込むと吸水してしまいます。5.20.RBB06.jpg




















しつこいようですが、ハイパー撥水コーティングの施工で撥水性が回復します。
5.20.RBB07.jpg



















ハイパー撥水コーティングは一時的な撥水性付与ではありません。
せっかくお金を支払って施工をお願いするのですから、撥水性に持久力がないといけませんよね。
Hanakoyaでは、その点もふまえ、施工をご注文頂いたお客様に対してハイパー撥水コーティングが長持ちするように簡易的でありますが説明書も添付させて頂いております。

ケアに対するフィードバックといったところでしょうか。

今はナイロンウェーダー用の防穴開き加工(ヤブコギや引っ掻き傷などに対して穴が開き難くする加工)を開発しておりまして、かなり形になってきております。
そろそろ商品化できそうですので、ご興味のある方は当ブログをチェックし続けて下さい。
必ず発表しますので。ではよろしくお願い致します。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年05月19日
Hanakoya店舗の道路脇整備
おはようございます。
初めてブログを書かせてもらう『Hanakoya』オペレーターのフラワーマイスターです。
前のブログで『花師』なんて書かれていましたけど、そんなダサいネーミング付けないでほしいわ!
それと、スタッフのみんなからは『天然ボケ』なんて呼ばれているようですけど、全然そんなことないもーん!
実は私はガーデニングが趣味で、お花がとーっても大好きなの。今はお店に大好きなお花がたくさんあって、気持ち良く毎日のオペレーションをこなしています。

私的にどーしても気になることがあって、お店の前にこんなお花咲いているんですけど、その周りが雑草だらけで、もっときれいにしたいなぁ・・・。なんて思っていたの。
5.19Hanakoya01.jpg




















そこで私が手入れをしてガーデニングをすることに決めちゃった♪
エヘ(^_^)v5.19Hanakoya02.jpg




















まずは草むしりから。雑草だらけで、もう大変!5.19Hanakoya03.jpg




















暑いけど、頑張るもんっ!5.19Hanakoya04.jpg




















きれいになったら私が持ってきたこの鉢植えのお花を植えるの。5.19Hanakoya05.jpg




















アリッサムでしょ。5.19Hanakoya06.jpg




















すずらんでしょ。5.19Hanakoya07.jpg




















ガーベラでしょ。
私がきれいなお花畑に変えるんだぁ♪5.19Hanakoya08.jpg




















いっぱい、いーっぱい咲いてね。5.19Hanakoya09.jpg




















とりあえず植えてみたけど、まだ何か寂しい(涙)
はやくいっぱい咲いてほしいな。5.19Hanakoya10.jpg






























『頑張れ!お花さん!』
私がお水とかあげて一生懸命育てるからね。5.19Hanakoya11.jpg




















今はまだこんなに寂しいけど、『Hanakoya』の成長と一緒に、このお花ちゃんもスクスクと育っていくもんね。
もしお店に来られる機会がありましたら是非お花の成長も見てあげて下さいね。

あっ、言っておきますけど私は絶対に天然ボケではありませんからね。
5.19Hanakoya12.jpg



















お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
20件中(1件〜10件を表示しています)   前   |