ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2010年06月30日
COACH財布のケア。
コーチ財布のクリーニングをご紹介します。
7.2COACH01.jpg



















画像はご依頼いただいた財布です。

7.2COACH02.jpg


















財布では良くあるケースですが、全体的に手垢で黒ずんでいます。

7.2COACH03.jpg


















ちょうど蓋が閉まる個所は本来の色合いです。

7.2COACH04.jpg


















今回の財布は表面に凹凸がありますので、できるだけクレンジングで汚れを落として薄く染色補正いたします。

7.2COACH05.jpg


















染色後はクリームで保湿します。

7.2COACH06.jpg


















手垢で汚れてしまったレザーの財布は弊社の専属スタッフがケアいたします。


rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月29日
alfredo BANNISTERのレザー靴のケア。
今日はアルフレッドバニスター革靴のケアをご紹介します。2010062313172925471.jpg2010062313175524618.jpg









画像はご依頼いただいた靴です。爪先のシワ感や革の風合いはバニスターの特徴でもあります。

2010062313181424618.jpg2010062313182825444.jpg








全体的に汚れや雨ジミが目立ちます。革も乾燥した状態で、茶色い部分が本来の色合いです。

2010062313184624893.jpg2010062313190813207.jpg








今回は風合いを損なわないように、汚れやシミを出来るだけ落として染色しました。今回のような靴はべったりと染色してしまうと全く別物になってしまいます。若干汚れなどは残りましたが風合い重視でケアしています。

2010062313192713676.jpg2010062313194225471.jpg








全体を保湿したことで革の表情が甦り、かさつきもなくなります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月28日
TOMORROWLAND麻ジャケットの漂白加工。

皆さんこんにちは。
Hanakoya代表:福永哲夫です。
今日はトゥモローランド麻ジャケットの漂白加工(復元加工)をご紹介します。

6.28Hanakoya01.jpg


















画像はご依頼いただいたジャケットです。

6.28Hanakoya02.jpg


















麻100%の白のジャケットはこれからの季節のアイテムとして活躍しそうですね。

6.28Hanakoya03.jpg


















さあ着ようと思ってクローゼットから出してみると、綺麗だったはずのジャケットの襟や脇が黄ばんでいたということはありませんか?

6.28Hanakoya04.jpg


















シーズンオフにクリーニングしたはずのジャケットがこのように黄ばんでしまっているのには理由があります。

6.28Hanakoya05.jpg


















ちゃんとクリーニングしたからと言ってもドライクリーニングの場合は、汗の塩分が取りきれていないため、このように時間の経過とともに黄色く変色して表面に現れてきます。

6.28Hanakoya06.jpg


















このようにならないためにも、シーズンオフにはウエットクリーニング(水洗い)で、汗や水溶性の汚れをしっかりと取り除く必要があります。

6.28Hanakoya07.jpg


















お気に入りの白のアイテムがこのような状態になっても除去可能ですので、お気軽にご相談いただければと思います。私が対応させていただきます。


rogo_hanakoya.jpg 



official website

 
 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月27日
Bottega Veneta バッグのケア。
これからの季節は高温多湿とレザーには悪い環境が続きます。お気に入りのアイテムは定期的にクリームなどでメンテナンスして、天気の良い日は陰干しなどされることをお勧めいたします。

また、レザーのバッグなどを日中、車の中に入れっぱなしなんてことは絶対にお避け下さい。炎天下の車内は想像以上に温度が上がります。ダッシュボードなどに置いて直射日光をまともに受けたバッグは変形してしまいますのでご注意ください。

今日は6.26VOTTEGA01.jpgボッテガヴェネタバッグのケアをご紹介します。



















画像はご依頼いただいたバッグです。30年前にご購入されたものだそうです。ボッテガのバッグはラムスキンの柔らかい素材でイントレチャート製法が特徴です。
6.26VOTTEGA02.jpg


















時とともに色褪せ、痛んでくるバッグは30年という月日を共ににすごしてきた愛着の証でもあります。歴史が刻まれた大切なバッグに、心を込めたケアで新しい生命を吹き込んでいく。私たちは「きれいにする」をこのように考えています。

6.26VOTTEGA03.jpg


















角も擦れて汚れも目立ちます。

6.26VOTTEGA04.jpg


















本来の鮮やかなブルーが失われて、全体的に光沢もなくなっています。
6.26VOTTEGA05.jpg


















革製品はすべてそうですが、こまめにクリームで保湿するだけでかさつきや色はげを抑えられますので、定期的にクリームでメンテナンスすることをお勧めいたします。
6.26VOTTEGA06.jpg


















クリームは手のひらに薄く塗ってまんべんなく全体にいきわたるように擦りこむようにして塗ります。

6.26VOTTEGA07.jpg



















塗りすぎもはシミなどになりやすいため、薄く塗ってください。
6.26VOTTEGA08.jpg


















今回は内側の色合いに合わせて染色してあります。もちろんクリームで保湿もしますので、仕上がりは本来の質感に甦ります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 
 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月26日
JIL SANDER ジャケットの襟汚れ除去。
今朝の北陸は雨模様で梅雨空となりました。Hanakoyaのまわりの木々も雨に濡れてしっとりとしています。鎌倉の長谷寺は紫陽花が見ごろなんでしょうね。

今日はJIL SANDERのジャケット襟汚れ除去をご紹介します。201006251811196815.jpg



















いつもご利用いただいているお客様の商品です。

2010062518114712255.jpg


















綿素材のこのようなジャケットはウエットクリーニング(水洗い)をお勧めしています。

2010062518121413019.jpg


















今回は襟汚れがひどく黄ばんでいましたので、復元加工を施しました。

201006251812426417.jpg


















お客様は以前に何度かクリーニングに出したそうですが、通常のドライクリーニングのため、汚れはほとんど落ちなかったそうです。

2010062518130413172.jpg


















このような綿のジャケットは通常のドライクリーニングだと後々、黄変や変色などを起こしますのでウエットクリーニングをお勧めいたします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月25日
第1回モンクレール&デュベティカ クリーニングモニターご報告
Hanakoyaオープン記念として募集させていただいたモンクレールモニター企画が終わり、仕上がり品もすべてお客様のお手元に届きました。今日はモニター様の仕上がり品に対するご感想が随時アップされていますので、ご紹介させていただきます。

MONCLER & DUVETICAダウンジャケットのモニターさんです。

セレブログ るぅさん
es*journal みんみんさん
Waffleな日々
名古屋のselect shop
Octet Blog
☆IKU'S☆ HAPPY DIARY
キラキラアート
◇Elilai's ゆるりLife◇
tomoppiyのブログ

今回は最終的に8名の方にご依頼いただきましたが、もう一人の方はmixiにてアップしていただいています。全員の方に評価していただいていますので、ご興味のある方はご確認いただければと思います。

また、この場をお借りしてご依頼いただいたモニターの皆様には改めて感謝申し上げます。今後もモンクレールクリーニングに関してはボリューム・光沢回復、撥水性の向上など、さらに進化したものをご提供できるよう、研究開発を重ねていきますので、引き続きご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

201007061248072085.jpg









お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月24日
Cartierベルトのケア。
今日はカルティエベルトの色剥げ(擦れ)補正をご紹介します。

6.23cartiel01.jpg6.23cartiel.jpg








バックルがあたる部分が擦れて表面にキズや色剥げを起こしています。

6.23cartiel02_1.jpg6.23cartiel03_1.jpg








このような傷はベルトでは良くあるケースですが、全体的にも革の乾燥による傷や色剥げを起こしています。

6.23cartiel04_1.jpg6.23cartiel05.jpg








全体をクレンジング後、表面の下地を整えて染色補正を施します。

6.23cartiel06.jpg6.23cartiel07.jpg








補正後はクリームにて保湿しますので、本来の質感が蘇ります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月23日
FENDIスエードバッグのケア
今日はFENDIスウェードバッグのケアをご紹介します。6.24FENDI01.jpg



















画像はご依頼いただいたバッグです。フロントにフェンディーの象徴である「F」のゴールドバックルが印象的です。

6.24FENDI02.jpg6.24FENDI03.jpg








ワインレッドの鮮やかな色合いがスウェード素材とも合って深い色合いのバッグです。

6.24FENDI04.jpg6.24FENDI05.jpg








バッグでは良くある四隅の汚れが黒く目立ちます。スエード素材は汚れを吸いやすい性質を持っていますので、日頃のブラッシングなどを怠るとすぐにこのような状態になります。

6.24FENDI06.jpg


















今回はクレンジングで汚れを除去しました。

6.24FENDI07.jpg6.24FENDI08.jpg








退色はしていなかったため、染色せずに全体を発色してあります。6.24FENDI09.jpg6.24FENDI10.jpg









今後はこまめにブラッシングすることで良い状態を維持できます。防水加工も効果的です。

6.24FENDI11.jpg


















金具のメッキが剥がれた場合はメッキ処理も承ります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 
 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月22日
CHANELキーケースのケア。
今日はシャネルキーケースのケアをご紹介します。6.22CHANEL01.jpg6.22CHANEL02.jpg










画像はご依頼いただいたキーケースです。全体的に手垢で真っ黒です。6.22CHANEL03.jpg
6.22CHANEL04.jpg









今回のような薄いピンク系の色合いは非常にご依頼が多く、色が剥がれやすいのと汚れが目立つためかと思われます。
ちょうど蓋が被るところは本来の綺麗な状態です。内側は金属の黒ずみです。6.22CHANEL05.jpg6.22CHANEL06.jpg










全体を水で洗浄して汚れを取り、取りきれなかった黒ずみは染み抜きで革の染料ごと取ってしまいます。6.22CHANEL07.jpg6.22CHANEL08.jpg









全体を本来のピンク色に染色し、仕上げにはクリームで保湿いたします。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2010年06月21日
MARNIレザージャケットの日焼け退色(色褪せ)のケア。
今日はマルニ レザージャケットの日焼け退色(色褪せ)のケアをご紹介します。
IMG_4963.jpg


















画像はご依頼いただいたレザージャケットです。

IMG_4964.jpg


















全体的に日焼けによる色褪せを起こしています。本来のピンク色が抜けて白っぽくなっています。

IMG_4965.jpg


















前身ごろも同じように日焼けや擦れで退色しています。

IMG_5888.jpg


















このような状態は全体クレンジングと染色補正することで修復可能です。今回は淡いピンクということもあり、微妙な色味を出して風合いを損なわないようにケアしております。

IMG_5890.jpg


















補正後は吸着処理しますので、今後は退色しにくくなります。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
26件中(1件〜10件を表示しています)   前   |