ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2012年10月31日
バレンシアガバッグのメンテナンス。
今日はバレンシアガバッグのメンテナンスをご紹介します。

2012102219014820914.jpg




















画像はご依頼頂いたバレンシアガの定番ザ・シティーのパープルです。

2012102219015821027.jpg




















バレンシアガは独特のレザーの模様が特徴ですが、使用していくうちに乾燥して白っぽくなってきます。

2012102219020821058.jpg




















独特のムラ感があるため、経年劣化は分かりにくいのですが、全体的に色褪せしていきます。

2012102219021921069.jpg




















この場合は全体クレンジングで汚れを落とした後に染色補正を施して色合いを元の状態に戻します。

2012102219022920914.jpg




















できるだけ風合いを損なわないように、場合によっては多少の汚れなどはあえて残すようにケアいたします。

2012102219030221117.jpg




















バレンシアガのバッグは風合いを無視して染色補正するとイメージが明らかに変わるケースがあります。メンテナンスされる場合はご注意ください。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg




 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月29日
ダウンコートの日焼け補正(部分染色)
今日はダウンコートの日焼け補正(部分染色)をご紹介します。

2012102616595132725.jpg




















画像はご依頼頂いたダウンコートです。

2012102617001632723.jpg




















ポリエステル100%素材のコートの左腕が日焼けで赤っぽく変色しています。

2012102617002632766.jpg




















変色している範囲が狭いので、今回は部分的に染色補正いたします。

2012102617004032726.jpg




















もちろん、ウエットクリーニング・ハイパー撥水コーティングも施工していますのでダウンのボリュームもふっくらして全体的な艶感もよみがえります。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月26日
COACH財布のクレンジング。
今日はCOACH財布のクレンジングをご紹介します。

2012102417225330712.jpg




















画像はご依頼頂いた財布です。ナチュラルレザーとのコンビでコーチの財布では良くあるタイプです。

2012102417230630755.jpg




















レザー部分は染色するとエイジングしなくなりますので、クレンジングのみとなります。

2012102417231630666.jpg




















キャンバス部分は手垢の黒ずみや黄ばみが確認できますが、クレンジングすることで概ね綺麗になります。

2012102417232630446.jpg




















綺麗になったことでくすんでいたシグネチャーが浮かび上がります。

2012102417233730419.jpg




















ナチュラルレザーは定期的に保湿クリームを塗ることで綺麗にエイジングしますので、色が濃くなるまではこまめに保湿されることをお勧めいたします。保湿を怠るとひび割れやムラになりやすいのでご注意ください。

2012102417234830711.jpg




















このように財布のキャンバス地の手垢汚れは概ね綺麗になりますので、汚れて使わなくなった財布は一度クレンジングしてみてはいかがですか。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月24日
モンクレールセザンヌの染め直し、袖口・裾の擦りきれ補修。
今日はモンクレールセザンヌの染め直し、袖口・裾の擦りきれ補修をご紹介します。

2012101918511423533.jpg




















画像はご依頼頂いたセザンヌです。このモデルは現在では製造されていないもので、ゆったりとしたシルエットで外側にブランドロゴが付いていないため、スーツの上からも気軽に羽織れるタイプです。モンクレールの中では名品ですね。

本来黒色のダウンジャケットですが、このモデルは綿素材を使用していますので色褪せして赤っぽく変色します。

2012101918512223559.jpg




















こちらもセザンヌに良くあるケースですが、袖口が擦り切れて中の羽毛が噴き出しています。

2012101918513423520.jpg




















裾も擦れやすいところですね。

2012101918514423608.jpg




















このような場合、多少丈が短くなりますが破れた箇所を中に折り込んでまつり縫いすることで改善いたします。

2012101918520323643.jpg




















今回の補修方法では1cm程度、丈が短くなります。5cmほど短くなっても良い場合は元の状態と同じような形状で補修できます。

2012101918521223517.jpg




















このようにセザンヌの日焼けは染め直しすることで概ね改善いたします。袖口や裾が擦り切れている場合は併せて補修されることをお勧めいたします。永く愛用したセザンヌは今回のようにメンテナンスして着用しませんか。ブラック・カーキ・ブラウンともに染め直し可能ですが、いずれも黒っぽい仕上がりとなります。


20080614154504_1.JPG
お客様の声です20080614154504.JPG

モンクレーのセザンヌの染め直しを依頼していた○○です。
 先日、商品受け取りました。予想以上の仕上がりで、またクリーニングも素晴らしく感動しました。実は、はなこやさん以外にも何件か見積もりをしていただいていたお店があるのですが、安さではなこやさんに決めたのであまり期待はしていませんでした。しかし出来上がりの商品を見て本当に素晴らしい出来上がりで、アドバイスなども同封されておりはなこやさんに依頼してよかったと思いました。ありがとうございます。 

 




Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月18日
ヌバック トートバッグのクレンジング・汚れ予防。
今日はヌバック トートバッグのクレンジング(クリーニング)・汚れ予防をご紹介します。

2012101616580823450.jpg




















画像はご依頼頂いたバッグです。

2012101616581923143.jpg




















ヌバックはスムースレザーの表面をサンディングして毛羽立たせた素材でスウェードとは違いますが、スウェード同様に汚れが付きやすい素材となります。

2012101616583023272.jpg




















スムースレザーは汚れが付いても染みにくい性質があるのですが、ヌバックは毛羽立っている分、染み込みやすく結果的に染みになりやすいものです。

2012101616585723449.jpg




















この場合はクレンジングで出来るだけ染みを取り除きます。スムースレザーの場合は色補正することもできますが、ヌバックやスウェードの白は色補正すると素材の風合いが損なわれてしまいます。

2012101616590923260.jpg




















簡単に言うと、ヌバックを顔料で色補正すると銀面(スムースレザー)になり、独特のマットな色合いがなくなってしまいます。

2012101616592023290.jpg




















その為、このような起毛素材のものはブラッシングして、こまめに汚れを取り除くことをお勧めいたします。防水スプレーなども効果的です。もし、汚れが付いた場合は消しゴムで擦ってみるのも効果的ですが、濃色のものは色落ちすることもありますので、見えないところでテストしてやってみてください。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
CHANELキャンバスバッグの黄ばみ漂白加工・底板交換。
今日はCHANELキャンバスバッグの黄ばみ漂白加工・底板交換をご紹介します。

2012101618571424923.jpg




















画像はご依頼頂いたバッグです。

2012101618572724980.jpg




















画像では分かりづらいのですが、本来オフホワイトだったキャンバス地が黄色く変色しています。

2012101618573724923.jpg




















台紙でできた底板もゆがんでいたのでプラスチック製の底板に交換します。

2012101618574725005.jpg




















底板を交換することでバッグのシルエットもよみがえります。

2012101618575724969.jpg




















キャンバス地の黄ばみは漂白加工を施すことで本来のオフホワイトに戻ります。そうすることでプリントも浮き上がってスッキリとします。

2012101618581325004.jpg




















表面にハイパー撥水コーティングを施すと今後の汚れ予防にもなりますのでお勧めです。


20080614154504_1.JPG
お客様の声です20080614154504.JPG


かばん受け取りました。見事な仕上がりに大変びっくりしております。本当に本当にありがとうございました。

早速、明日次のかばんを送らせて頂きたいと思います。このかばんも主人からのプレゼントでして、大切に使ってたつもりが…白色は汚れが目立ちます。宜しくお願い致します。

 




Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月14日
ポールスチュアート スーツの黄ばみカビ除去。
今日はポールスチュアート スーツの黄ばみカビ除去をご紹介します。

2012101118213827726.jpg




















画像はご依頼頂いたスーツです。

2012101118214927705.jpg




















綿100%の夏物スーツですが、保管状態が悪かったせいか全体的に黄ばんでいます。

2012101118220027779.jpg




















この黄ばみは実はカビによるもので、カビが繊維を黄色く変色させています。

2012101118221127736.jpg




















汚れたままや湿気の多いところに保管すると、このような綿素材のものは変色しやすいものです。お客様はクリーニング店にご相談されたそうですが、このような汚れは専門店でないと取れないケースが多いです。

2012101118222327751.jpg




















この場合は全体を漂白して黄ばみを除去することで本来の色合いに戻ります。

2012101118223327778.jpg




















夏物の綿素材のスーツなどは水洗い専門のクリーニングに出してメンテナンスされることをお勧めいたします。ドライクリーニングして保管すると汗の成分が取りきれていないため、来シーズンには黄ばみが発生しますのでご注意ください。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月11日
変色したダウンの染め替え 変色予防について
年々、増えてきているダウンの変色ですが、今年は特に染め直し・染め替えのご依頼が多いようです。猛暑だったことも影響していると思われます。下段に変色予防について説明していますので気になる方はご確認ください。

2011年11月よりダウンの染め替えの色合いが変わりましたので、改めてご案内いたします。今までは明るいブラウン系への染め替えでしたが、今後はこげ茶(モカブラウン)での染め替えとなります。元色によっては黒やピンクオレンジなどへも染め替え可能となりました。

また、2012年10月より今まで濃く染まらなかったデュベティカのベージュマット素材も濃く染まるようになりましたので改めてご案内いたします。

2014年11月よりベージュ、ブラウン、カーキ系の変色をカーキで染め替えることが可能となりました。

2014102218220329644_1.jpg




















こちらはシャイニーのベージュ(染め替え前)です。

2014102218224629704_3.jpg




















シャイニーのベージュからカーキに染め替えたものがこちらです。元色がマットな場合は仕上りもマットとなります。どちらかというとマットの方が色合いは薄くなります。

カーキへの染め替えの詳細ページはこちらをご確認ください。

2011120111161625279.jpg




















以前の色合いでは酷い変色は染め替えしても完全に隠れなかったケースがありましたが、これからは殆どわからない状態まで染め変えることができるようになりました。一部、状態によっては若干変色が残るケースもございます。

201112061723497034.jpg




















画像は染め替えした状態です。以前のブラウンよりも濃い色合いなので、緑色の変色は殆どわからなくなっています。

2011120111172222526.jpg




















モンクレールの変色もワッペンを取り外して染め変えることができます。内側のアニメラベルやブランドロゴも染まりますので、気になる場合は取り外して染めることが可能です。

2011121110135117272.jpg




















裏地のナイロン素材もブラウンに染まりますが、裏地が黒の場合は黒のままとなります。画像では黒っぽく見えますが、色合いはモカブラウンです。

2011122213443010458.jpg




















こちらはモンクレール「バディー」です。グレーが日焼けでこちらも緑色っぽく変色しています。

201112221343218651.jpg




















裏地が黒の場合はブラウンに染め替えてもそのまま黒く残ります。

2012021014381126656.jpg




















こちらもグレーのモンクレールですが、袖や襟のあたりが緑色っぽく変色しています。

201202231513243941.jpg





















ぐれーのモンクレールを黒に染め変えたものですが、色合いは真っ黒にはならずに黒に近いグレーとなります。

2011111517352727623.jpg




















こちらのダウンは窓際で直射日光が当たっていた状態と思われます。

201111291647584834.jpg




















ボタンやファスナーなどは保護して染めますが、場合によっては傷がつくケースがございます。

2012022315135229056.jpg




















こちらはカーキのモンクレールですが、目立った変色はありませんが、ブラウンへの染め替えをご希望されました。

201202231514131354.jpg




















カーキからモカブラウンへの染め替えだとこのような色合いです。

200912221211425957.jpg




















セザンヌは黒・カーキ・ブラウンが染め直し可能となりますが、素材の特性上、カーキ・ブラウンは黒に近い色合いになります。

200912221231173495.jpg




















セザンヌの染め直しは以前、ボリュームダウンする事がありましたが、現在は改善しています。

201112221347568976.jpg




















こちらもセザンヌと同様の綿とポリエステルの混紡素材です。

2011122213483611071.jpg




















黒に染め直すことで雰囲気が引き締まります。

201211111728108625.jpg




















こちらはモンクレールTANYです。モカブラウンの左袖が緑色に変色しています。
201211111729128463.jpg




















この場合は色合いはそのままにモカブラウンで染め直しとなります。

2012111714542216371.jpg




















TANYのベージュの変色です。

2012111714552216196.jpg




















ベージュの変色の場合はモカブラウンへの染め替えとなります。変色は概ね改善いたしますがステッチがベージュのまま残ります。

2011120111175716292.jpg




















元色によって染め替え後の色合いは若干変わりますが、明るいベージュのダウンも以前よりも濃いブラウンに染め変えることが可能となっています。

2011120617260514167.jpg




















黒への染め替えも可能ですが、ブラウン系のステッチが残りますのであまりお勧めはできません。デュベティカの黒への染め替えは元色がカーキもしくはグレーであればステッチはあまり目立ちません。

2011120111185425174.jpg




















染め替え後はダウンのボリュームがなくならないですかとお問い合わせいただきますが、殆どのケースでそのようなことはありません。デュベティカの場合は内側のブランドロゴは殆ど染まりませんが、気になる場合は取り外して染めることも可能です。

201112061732198974.jpg




















袖口や裾のゴムが伸びきっている場合は修理も可能ですが、一部できないものもございますので、お知らせいただければ現品を見て診断させていただきます。

2011120111191422525.jpg




















シャイニーナイロンの場合は光沢もそのまま残ります。マットは染め替えてもマットな状態で染まります。

2011120315054713988.jpg




















シャイニーナイロンのほうが濃く染まりますので、マットなベージュは若干薄く染まるとお考えください。

20120213161044958.jpg




















こちらはデュベティカとモンクレールのピンクの日焼けによる変色(退色)です。どちらも全体的に白っぽく色落ちしています。

201202131611149591.jpg




















ピンクの変色は元色よりも若干濃い色合いに染めてお直しいたします。

201212131147328122.jpg




















こちらはタトラスのダウンジャケットです。ベージュが同じように緑色に変色しています。

201212131149248198.jpg




















TATRASのダウンジャケットもモンクレールやデュベティカ同様に染め替え可能です。

2013031212150730029.jpg




















こちらはモンクレールのリバーシブルタイプのものです。ナイロン素材のキルティング側が変色しやすくなります。

201304101747277271.jpg




















キルティングされていない側はポリエステル素材となりますので、染まらずにベージュのままとなります。

その他のダウンの染め替え画像は今後、随時アップしていきます。

2011080314575525330.jpg

●染め替えに関する良くあるお問い合わせ

Q、染め替え後は変色や色落ちしませんか?
A、国内の気候に対応した変色しにくい染料を使用していますので、今までよりも変色しにくくなりますが、保管状況によっては同じように変色しますので、保管にはお気を付け下さい。もちろん、クリーニングしても色落ちすることはございません。

Q、染め替えの色合いは選べますか?
A、基本的にはモカブラウンへの染め替えをお勧めしていますが、色合いによっては可能な限り対応させていただきます。2014年11月より、カーキへの染め替えも可能となっております。

Q、ダウンのボリュームがなくなりませんか?
A、ナイロン素材の染め替えであれば極端にボリュームがなくなることはございませんが、綿素材の場合はボリュームがなくなりますので、保温性を重視される場合はあまりお勧めできません。

Q、ファーも染め替えできますか?
A、ファーは染め替えできません。

Q、クリーニング済ですが、染め替えだけお願いできますか?
A、染め替えの前後には必ずクリーニングすることになります。クリーニングで表面の加工剤を落として染め替えし、その後、再度コーティング処理を施します。

2011080314575525330.jpg

☆☆☆ダウンの変色について☆☆☆

以前もお話しさせていただきましたが、ダウンの変色には様々な要因があります。特にブラウン・ベージュ・グレー・カーキ系のナイロン素材は緑色に変色するケースが良くありますので、下記の項目をご確認いただき、シーズンオフの保管には十分ご注意ください。

・直射日光が当たる場所で保管しないでください。窓際などに保管すると間違いなく変色しますが、蛍光灯の明かりなどが当たる場所でも変色しやすくなります。

・汚れた状態で保管すると、襟周りやフードまわり、袖口が変色しやすくなります。

・ボタンやファスナー周りは鉄分の酸化によって変色するケースがあります。その為、たたんで保管される場合は金属類がナイロンに触れて変色しますのでご注意ください。

・ビニール袋に入れたまま保管するとビニールから発生するガスによって変色します。

・消臭剤を噴霧しすぎると変色するケースがあります。

その他にも変色の要因はあるのですが、シーズン終了時は専門店にて水洗いを行い、ビニール袋から取り出してクローゼットなど暗室での保管をお勧めいたします。定期的に風通しの良いところで陰干しされると効果的です。


20080614154504_1.JPG
お客様の声です20080614154504.JPG

はなこやの皆様

 

この度はDUVETICAダウンジャケットの染め替え&クリーニング、どうもありがとうございました。本日受領致しました。

 

染め上がりはもう少し黄色味のあるお色かと思っておりましたが、

上品なブラウンでこちらはこちらで合わせやすく落ち着いたいい色だと思いました。

お気に入りだったダウンが変色し、もう着れないかと思っておりましたが、

はなこやさんのおかげでまた別の素敵なダウンに生まれ変わり、感謝しております。

これからますます活躍させようと思います。

またクリーニングの際はよろしくお願い致します。

 

どうもありがとうございました!

 



2011080314575525330.jpg

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353
      

rogo_hanakoya.jpg



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月09日
シャネルニュートラベルライン底板交換。
今日はシャネルニュートラベルライン底板交換をご紹介します。

201210081739375597.jpg




















画像はご依頼頂いたバッグです。

201210081739485626.jpg




















シャネルのトラベルラインは底板にダンボールのような厚紙を使用していますので、使っていくうちに画像のように厚紙がボロボロになってきます。

201210081740015575.jpg




















底鋲は厚紙に止めるようなかたちでついています。

201210081740135636.jpg




















底板交換の場合は厚紙で直しても同じように劣化していきますので、プラスチック製の板で交換します。

201210081740285635.jpg




















交換することで重いものを入れてもバッグのシルエットがゆがむこともなく、気持ちよくご使用頂けます。

201210081740415621.jpg




















このようにバッグの底板が折れたり、ボロボロになっても交換可能です。そのままご使用されるとバッグの型崩れなどを起こしますので、交換されることをお勧めいたします。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年10月05日
マッキントッシュ×ロロピアーナコートのメンテナンス。
今日はマッキントッシュ×ロロピアーナコートのメンテナンスをご紹介します。

2012092017471214442.jpg




















画像はご依頼頂いたコートです。ロロピアーナのストームシステムを使用したマッキントッシュです。

2012092017472114337.jpg




















MACKINTOSHのコートに、Loro pianaのテキスタイルを使用したものです。ロロピアーナのストームシステム(STORM SYSTEM)は生地の裏側に防水機能のある樹脂を使用したものでゴム引きとは違い通気性があり、独特の張りと風合い、しなやかなシルエットが特徴です。

2012092017473014104.jpg




















この素材はゴム引きと違いドライクリーニング可能ですが、ドライクリーニングすることで内側の樹脂の劣化を早め、撥水性も低下します。そのため、Hanakoyaではゴム引き同様にウエットクリーニング(水洗い)を推奨しています。

2012092017474414104.jpg




















水洗いすることで防水機能を持った樹脂も劣化させることなく、発色も良くなり色合いが深くなります。

2012092017475514568.jpg




















仕上げにはブラッシングを施すことで、生地に光沢感がよみがえります。

2012092017481014702.jpg




















もちろん仕上げにはハイパー撥水コーティングを施しますので、本来の撥水性もよみがえります。


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

 
Hanakoyaコンセプト
      Beauty & More Stylish
    

 
rogo_hanakoya.jpg


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
11件中(1件〜10件を表示しています)   前   |