ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2016年04月30日
マグナーニ紳士靴 ハーフソール

靴リペア:ハーフソールのご紹介です。 

スペインの高級ブランドMAGNANNI(マグナーニ)の紳士靴です。 

上質なレザーソールです。プレケアとしてハーフソールをご依頼いただきました。 

Vibram#2027にてお修理いたしました。 ソールの保護、雨染み防止、滑り止めの効果がございますので、新品のうちにお修理されることをお勧めしております。

 

 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月28日
シャネルバニティーバッグ 内袋交換

内袋交換のご紹介です。

hanakoya_chanel01.jpg

















CHANEL(シャネル)のバニティーバッグです。


hanakoaya_chanel02.jpg

















内側が劣化しベタベタした状態になっています。こうなると生地の張り替えが必要となります。しかしこのバッグは内側のヘリにパイピング処理をしておりとても丁寧な作り込みとなっています。完全に再現するとなると全て解体しイチから作り直す必要があり革自体にも負担がかかってしまいます。そこで、今回は生地の交換はせずに上から新しい生地をかぶせることにしました。


hanakoya_chanel03.jpg

















シャネルのロゴは消えてしまいますが、また快適に使用することができるようになりました。外側はまだまだキレイなのに内側が劣化してしまったアイテムもあきらめずに一度ご相談いただければと思います。


 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月28日
Fabio Rusconiフラットシューズ メンテナンス

 Fabio Rusconiフラットシューズ メンテナンスのご紹介です。

  イタリアのシューズブランド ファビオルスコーニです。

鮮やかなブルーですが雨染みやキズなどが発生しています。

以前にリフト交換とハーフソールをされたそうですが、ヒールとハーフソールの色合いのバランスが悪いので今回はヒールを黒のラバーに交換しました。

アッパーの黒ずみやキズもクレンジングと染色補正で 改善いたします。

フラットシューズはもちろん、レディースシューズはソールが薄いものが多いので、雨やソールの保護にハーフソールされることをお勧めいたします。

フラットシューズなどは新品時にプレケアとしてハーフソールしてみませんか。

 

 


 

 


 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月26日
ルイヴィトンスニーカーメンテナンス

ルイヴィトンスニーカーメンテナンスのご紹介です。2016042812373032507.jpg

 









レザーとキャンバスのスニーカーです。

2016042812404733092.jpg










つま先が擦れて黒ずんでいます。

2016042812435332552.jpg

 









キャンバスの布地の部分は黄ばみや黒ずみが確認できます。

2016042812454233135.jpg

 









キャンバス部分はクレンジングで汚れを除去いたします。一部、ヌメ革を使用していますのでレザー専用の保湿剤を配合した洗浄液を使用いたします。

2016042812470733738.jpg

 









レザー部分はクレンジングと染色補正で黒ずみやキズを直します。

2016042812480330279.jpg

 









ヴィトンのヌメ革を使用した今回のようなスニーカーは強く洗浄できませんので、内側の汚れや臭いなどはあまり綺麗になりません。あくまでも外側の見栄え重視です。

 

 



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月21日
出張してきました♪

今日は金沢市内の某企業様の会社で出張靴磨き教室を開催いたしました。

皆さんのお仕事でご使用になる靴を持ってきていただきました。私たちも初の試みでしたので緊張しましたが真剣に聞いて頂いて嬉しかったです。

靴磨き前のお客様の靴です。もともとお手入れされていて綺麗でしたが、、、

さらにピカピカに!!

Hanakoya店内では定期的に靴磨き教室を行ってますが、企業様やグループ様の所にも出張で講習も行います。講習で靴への興味、意識が深まればうれしい限りです。

次回靴磨き教室は5月29日(日)ですのでご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月20日
アイロン教室社内講習

現在定期的に靴磨き教室を開催しておりますが、今後の新たな試みとしてアイロン教室を検討してます。プロのかけ方をまずは私たちスタッフが受講し、お客様楽しんでいただける教室を作っていこうと思ってます。

  スタッフの私物のアイロンとシャツを持ち寄り講習開始です。

基本のワイシャツのプレスを習います。

自己流のかけ方とはずいぶん違い、目からうろこの連続です。

いまさら聞けないような初歩的な質問もすることができました。

プロの小ワザが聞けて個人的に満足の教室でした。お披露目できる日を楽しみにお待ちください。

 

 


 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月19日
CHANEL スクエアステッチ チョコバー二つ折り財布のケア
CHANELスクエアステッチ チョコバー二つ折り財布のケアのご紹介です。

201604011235335899.jpg
















キャビアスキンのベージュです。

201604011235495842.jpg
















ロゴの部分は手垢で黒ずんでいます。

201604011236015881.jpg
















四隅は角スレを起こしている状態です。

201604011236415868.jpg
















キャビアスキンはシボの溝部分に汚れがたまって黒ずみますのでクレンジングで汚れを落とします。

201604011236525945.jpg
















汚れが落ちた後に染色補正を施して色落ちや変色を直します。

201604011237105842.jpg
















まったく同じ色を作って染色補正しますので、補正することでオリジナルの色が変わることはございません。





 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月18日
スカート縮み補正
スカート縮み補正のご紹介です。

201604141221067835.jpg
















綿とウールの混紡素材のタイトスカートです。

201604141221237792.jpg
















ご自宅で手洗いしたところ画像のように縮んで裏地が見えるようになったようです。

201604141221517932.jpg
















裏地のポリエステル素材は手洗いでは縮みませんので、表地が縮むと裏地が見えるようになるわけです。

201604141222187835.jpg
















ウール素材が入っている場合は生地がフェルト化していなければ補正が可能です。

201604141222437947.jpg
















ウール素材は洗濯機で洗ったり、洗った後に乾燥機で乾燥するとフェルト化を起こしやすいので、必ず手洗いと自然乾燥をお勧めいたします。

201604141223047934.jpg

















今回は手洗いした後に自然乾燥されたので補正可能でした。このような状況になってお困りの方は治る可能性がありますのでお知らせください。



 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月17日
エルメス財布ベアンコンパクト(茶)メンテナンス

本日はベアンコンパクトのご紹介です。

2016022514130232418.jpg
















こちらはデイリーユースによる汚れです。

2016022514132332223.jpg















  
開閉口や開いたり閉じたりする動きのある部分のステッチが傷んでほつれている状態です。 

2016022514140532229.jpg
















表面の擦れや黒ずみは汚れを落とした後に染色していきます。

2016022514142232226.jpg
















ステッチは元の色に近いお色の糸で縫い直ししていきます。Hのマークに差し込むベロの部分は一周縫い直しをお勧めいています。






rogo_hanakoya.jpg 



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年04月16日
YOKOCHANワンピース縮み補正
YOKOCHANワンピース縮み補正のご紹介です。

201604141225437847.jpg
















ご自宅で手洗いしたところ、生地が縮んでシワっぽくなり、光沢もなくなったようです。

201604141225567847.jpg
















シルエットもなくなり、生地がゴワゴワしています。

201604141226127093.jpg
















アセテートは水に濡れるとシワになりやすい素材です。レーヨンはシワと縮みが起こる素材です。

201604141226317928.jpg
















今回はトリートメント剤に漬け込んで縮み補正を施しました。ごわつきも解消され本来の滑らかな素材感に戻ります。

201604141226507773.jpg
















このようにアセテートやレーヨン素材のものが縮んでもシルク素材同様に概ね改善いたします。





 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
22件中(1件〜10件を表示しています)   前   |