ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2017年07月30日
第13回靴磨き教室のご報告

今日は第13回靴磨き教室が開催されました。
2017073012480319921.jpg



















真剣な表情で靴をケアし、ポリッシュのころには無言で磨いてらっしゃいました。その結果、皆様仕上がりが素晴らしい出来栄えでした。
2017073012481425314.jpg



















次回開催は9月を予定しています。詳細が確定次第メールマガジンなどでご案内致します。よく多くの方々に靴磨きの楽しさを知っていただければと思っています。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月28日
レディディオールのハンドル張り替え
Christion Dior(クリスチャンディオール)です。

2017072817551425670.jpg























このバッグは、レディダイアナ(ダイアナ妃)が使っていたバッグとして、レディディオールとなったそうです。


2017072817554824557.jpg























ハンドルの布地がすり減っていますので、張り替えのお修理をします。



2017072817584126789.jpg























出来るだけ近いお色をお探しいたします。交換の際ハトメ(金具)を外す必要があり、こちらは新しい物に代わります。

2017072818004724567.jpg























元々のハンドルの雰囲気も再現させていただきます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月26日
バーバリーダウンウェア染め替え(ベージュ→黒)

ダウンウェアの染め替えをご紹介致します。

2017072620363542458.jpg
























ご依頼品のバーバリーダウンウェアです。

2017072620365642472.jpg
























よく見ると後ろ下裾が変色しています。

2017072620372741242.jpg
























お染め替えは元より濃い色で染め変えることで変色を隠します。

2017072620374541854.jpg
























今回は黒にお染め替えしました。同系色でのお染め替えがなじみが良いためお勧めです。

2017072620380841910.jpg
























ステッチは染まりませんので元のお色のまま残っております。

2017072620382841910.jpg
























変色は皮脂など汚れが付いたままでの保管が原因の一つと考えられます。
シーズンオフ時には一度クリーニングに出してからの保管をお勧めいたします。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月22日
Givenchy(ジバンシー)バッグのハンドル根元補修

フランス パリのファッションブランドGivenchy(ジバンシー)のバッグです。

2017072217212623949.jpg























象徴的な中にもエレガンスさのあるデザインが特徴です。




2017072217222823968.jpg























ハンドルと本体を継ぐ根革部分が破れています。使用中テンションのかかる部分ですので、どうしても傷みやすい箇所です。



2017072217231020388.jpg























逆サイドの根革も内側の革が切れています。お修理方法としましては、破損箇所に革を当てて補強する方法と根革自体を新しく作成する方法がございます。




2017072217234424521.jpg























今回は破れが激しいことと、元革が乾燥し傷んでいる為『新しく作成』をさせていただきました。出来るだけバッグの雰囲気を崩さないよう同色の革をお選びし作成します。
ロゴ入りの金具パーツは再利用させていただきましたが、出来ない場合もございますのでその場合は既製品の金具へ交換となります。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月20日
バーバリーダウンウェア染め替え(ベージュ⇒こげ茶)
今回はバーバリーダウンウェアの染め替えをご紹介いたします。

2017072018024833425.jpg
























全体的に緑色に変色しています。
2017072018031932860.jpg
























良く見ると襟内側部分も変色しています。襟部分は肌が触れやすいので皮脂汚れが付着したまま保管すると変色の原因となります。
2017072018034332860.jpg
























お染め替えは元より濃い色で変色を隠します。同系色でのお染め替えがなじみが良いためお勧めです。
2017072018054933436.jpg
























今回は濃いこげ茶で染め替えを行います。裾の変色はほとんど分からなくなります。
2017072018062031071.jpg
























ステッチやファスナーは染まりませんので元のお色のまま残っております。
2017072018063729342.jpg























このように同じ色にすることはできませんが変色は染め替えし補修可能です。このような場合にはどうぞご相談ください。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月15日
職場体験

毎年この時期になるとキャリア体験で中学生がHanakoyaに三日間職場を体験しにやってきます。労働観や技術や社会的マナーを身に着けるなどといった目的があるそうです。私の行っていた中学校では職場見学というものはありましたが体験(しかも三日間)というのはなかったので何だか楽しそうだなと思いました。


CIMG8217.jpg



















今回Hanakoyaでは家から持ってきてもらったお父さんやお母さんの靴やバッグのお手入れの仕方や靴磨きなど実際に体験してもらいました。
他にもアイロンの正しい使い方や学校で履いている内履きズックをあらったりと色々体験してもらいました。

CIMG8219.jpg



















先程生徒さん達からお礼の手紙が届きました。とても礼儀正しく少しシャイで可愛らしい生徒さん達でした(^^)










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月14日
ボッテガヴェネタローファーのプレケア
靴リペア:ハーフソールのご紹介です。


CIMG3856_1.jpg























ご依頼品のボッテガヴェネタローファーです。ボッテガヴェネタの代表的なデザインといえば、レザーを編み込んだ独特のイントレチャートです。


CIMG3858.jpg






















今回は新品時のプレケアとしてハーフソールをご依頼いただきました。


CIMG3912.jpg






















ハーフソールはブランドロゴに重ならないよう、ロゴの手前にお貼りします。(ロゴの位置によっては重なる場合もございます。)


CIMG3911.jpg























ハーフソールにはソールの保護、雨染み防止、滑り止めの効果がございますので、新品のうちにお修理されることをお勧めしております。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月12日
トリ―バーチバッグのハンドル補修
バッグハンドル補修のご紹介です。


2017071118514225730.jpg






















ご依頼品のトリーバーチバッグです。


2017071118520426284.jpg






















手の当たる部分を中心にハンドルのコバ剥がれています。


2017071118522226284.jpg






















コバの剥がれは手の当たる部分に革を巻く補修がお勧めです。革はできるだけ似たものをお付けしますが、お色などズレる可能性がございます。


2017071118524125206.jpg






















今回はオリジナルと同じ型押しの黒レザーで補修致しました。このようにハンドルのコバ剥がれは革を巻く事で補修可能です。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月10日
Chloéスエードスカートのカビ

本日はChloéスエードスカートのカビ除去を紹介いたします。
2017070311561740046.jpg























ご依頼品のChloéスカートです。
2017070311563135994.jpg























白いカビが所々に見えます。
2017070311564535994.jpg























ウエスト裏にもカビがございます。
2017070311571140678.jpg























カビは水洗いで概ね除去可能です。レザー自体がカビの栄養源になりますので今後も保管の状況によってはカビは生えます。
2017070311573140704.jpg























スエードは染色補正出来ない革質の為、カビの状態によってはカビによる変色が残ります。
2017070311575340035.jpg























今後のカビを発生し辛くする防カビ加工を施しメンテナンスいたします。高温多湿になるこれからの時期はクローゼットの空気を入れ替えカビを予防しましょう。











 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年07月03日
マッキントッシュグランジのクリーニング

本日はマッキントッシュキルティングコートのクリーニングをご紹介いたします。
2017070311123833589.jpg























ご依頼品のマッキントッシュグランジです。細身の中綿コートで、内側が全面ボアがついています。
2017070311130333040.jpg























襟元はファンデーションがついたり、ヘアワックスがついたり汚れやすい箇所となります。


2017070311132434196.jpg























着用による汚れはウェットクリーニングにて概ね除去可能と思われます。内側のボアもブラッシングし整えます。
2017070311141335351.jpg























仕上げにハイパー撥水コーティングを施します。このようにキルティングコートもウェットクリーニング可能です。汗や汚れが抜け、着心地が軽くなります。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています