ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年04月29日
BRIEFINGバッグのメンテナンス
今日はBRIEFINGバッグのメンテナンスをご紹介いたします。
2018021417553137013.jpg
ミルスペックに準拠した耐久性・機能性を持つ、その卓越した品質が魅力的なバッグです。

2018021417552337022.jpg
機能美を感じさせる外観と使い勝手に優れた収納力を持ち合わせたバッグなので、ビジネスシーンで重宝されている方も多いのではないでしょうか。

2018021417552337022_1.jpg
メイン素材の強靭なナイロンは優れた耐摩耗性を備えていますがカビが生えています。

2018021417552337022_2.jpg

カビはウェットクリーニングする事により除去いたします。


2018021417554136926_3.jpg
カビの下の生地が変色している場合はカビ跡が残ります。

2018021417554136926_2.jpg

今回のご依頼品は変色によるカビ跡もなくスッキリと仕上りました。


2018021417554136926_1.jpg
今後カビを生えにくくする防カビ加工や、防水・汚れ防止効果がございます、ハイパー撥水コーティングも承っております。

2018021417554136926.jpg
BRIEFINGバッグのキャンバス地の汚れやカビでお困りのことがございましたらHanakoyaまでご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月28日
LVバッグのハンドル補修
バッグリペアのご紹介です。

2018022318272729699.jpg
ご依頼品のルイヴィトンヴェルニのバッグです。ヴェルニはエナメル加工が施されたカーフスキンに、モノグラムを型押しした独特の光沢感のあるラインです。


2018022318270430296.jpg
ハンドルの根元がステッチのところで切れてきています。


2018022318270430296_1.jpg
反対側はより亀裂が広がっています。ハンドルの根元はご使用によりちぎれやすいため、ご相談頂くことが多い補修です。



2018022318270430296_3.jpg
ハンドルの根元を補強いたします。内側に補強材を当てることにより、多少厚みが出ます。


2018022318270430296_2.jpg
このようにハンドル根元のちぎれは内側を補強する事で補修可能です。全体的に傷んでいる場合はハンドル全体の作り変えをお勧めさせて頂く場合もございます。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月27日
シャネルジャケットの染め直し
今日はシャネルジャケットの染め直しをご紹介いたします。
2018021116280921566.jpg
ご依頼品のCHANELデニムスーツです。


2018021116280921566_1.jpg
セットアップの場合は上下ともお染め替えを行いますが、今回それぞれ単品で着用するとのことでしたので退色のあるジャケットのみお染め直し致します。

2018021116280921566_3.jpg
デニム素材は縦糸に色糸、横糸に白糸を使用して織っているので霜降り感が出ますが、お染め直しは衣類を染料に漬け込みますので白糸にも染料が入ります。染めあがりは濃淡がなくなり風合いが変わります。


2018021116280921566_2.jpg
ボタンが痛む場合ははずしてから染め再度付け直しをいたします。このようにシャネルデニムジャケットの退色はお染め直しを行い修復いたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月24日
グッチイントレチャートローファーのメンテナンス
紳士靴メンテナンスのご紹介です。


201804201846321559.jpg



















イントレチャートが特徴的なグッチローファーです。イントレチャートはラムスキンなどの柔らかなレザーをテープ状に裁断し、それを編みこんでいくというイタリアの伝統技法です。


201804201847191571.jpg



















つま先が擦れて退色しています。


20180420184747375.jpg



















レザーソールも摩耗により減っています。


201804201848131560.jpg



















ソール保護にはハーフソールがおすすめです。すべり止め効果もございます。今回はビブラム(♯7673)ブラックをお付けしました。


201804201848401563.jpg



















アッパーの擦れは染色補正により目立たなく致します。染色しますと革の裁断面にも顔料が入りますが、違和感のないようにケアいたします。


201804201849031569.jpg



















イントレチャートのアイテムは靴の他、バッグやお財布のメンテナンスも可能です。








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月22日
プッチバッグのメンテナンス
本日はエミリオ・プッチバッグのメンテナンスのご紹介です。
2018030816591031809.jpg
春夏にとても映えるプッチ柄。ネイルでも定番人気の柄ですね。

2018030816591031809_1.jpg
プッチのキャンバスバッグはプリント部分から色が出やすいので全体を強く洗浄することは出来ません。

2018030816591031809_2.jpg
キャンバス部分は比較的綺麗な状態ですが、レザー部分に黒いシミがあります。

2018030816591031809_3.jpg
サイドのレザー部分も擦れにより色が白く剥げています。

2018030816592531705_3.jpg
レザーの黒ずみや色剥げは染色補正を施して目立たないよう仕上げていきます。

2018030816592531705_1.jpg
キャンバス部はプリント部分から色が出やすく全体を強く洗浄することが出来ないため汚れがひどいものなどはあまり綺麗になりませんが、今回のようにレザー部分の汚れや擦れは染色補正にて除去可能です。

2018030816592531705.jpg
フェミニンな大人可愛いデザインのプッチバッグ。お困りのことがございましたらHanakoyaまでご相談ください。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月21日
第10回アイロン教室
 

本日アイロン教室がHanakoya店舗内にて開催されました。本日はポカポカ陽気でアイロンがけを真剣に取り組みアイロンの熱と熱気で教室内は熱いぐらいでした(^_^;)



899.jpg
 
















ハンカチのアイロンがけにもいくつかの注意点があることに興味深く沢山の質問をされてました。ハンカチ一枚でもなかなか奥深いものです。アイロン教室ではハンカチと綿のシャツにアイロンがけをする内容になっています。後半にはパンツの膝の部分のでっぱりを解消するアイロンがけのデモンストレーションもありました。本日の教室でアイロンがけが楽しくなっていただければ嬉しく思います。ご参加ありがとうございました。 
次回開催は6月を予定しています。ぜひ皆様の参加をお待ちしております。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月20日
モンクレールARCのウェットクリーニング
今日はモンクレールARCのウェットクリーニングをご紹介いたします。
201604141208587099.jpg

















ご依頼品のMONCLERダウンウェアARCです。袖や胸にロゴワッペンの無いシンプルなダウンです。




201604141209307099.jpg

















素材はナイロンのマット素材でさらっとした手触りです。襟元やフードの縁は皮脂汚れで白っぽくなっています。


201604141209487029.jpg

















ARC以外のモデルでも見かける「DOUDOUNE ELASTIQUE」のシリーズはダウンパックがないデザインで軽量タイプのダウンウェアです。



201604141210097036.jpg

















皮脂汚れや雨染みなどの汚れはウェットクリーニングで比較的簡単に除去できます。


201604141210557029.jpg

















ARC以外の様々なモデルもウェットクリーニング可能です。皮脂やほこりが付いたままの保管はカビや変色の要因の一つとなります。シーズン後はメンテナンスされてからの保管をお勧めいたします。






 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月18日
グッチ財布のメンテナンス
今日はグッチ長財布のメンテナンスをご紹介いたします。
2018021111514339113.jpg
ご依頼品のGUCCI財布です。


2018021111514339113_2.jpg
Gマークの型押し部分は擦れにくいので元の色が残ってますが、触れる部分は退色しやすく、色あせがあります。


2018021111514339113_3.jpg
濃い色はご使用により色褪せし、薄い色のレザーはご使用により色が剥げ黒ずんできます。


2018021111515839113_3.jpg
退色や擦れは専門のスタッフが手作業で染色補正し元の状態に戻るようケア致します。


2018021111515839113_2.jpg
型押しの刻印部分にも顔料がのるため多少刻印が薄く感じられます。


2018021111515839113.jpg
この様にレザーの財布の退色や黒ずみも概ね改善可能です。革が乾燥すると劣化やキズが入りやすくなりますので定期的に保湿クリームでメンテナンスされることをお勧めいたします

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月15日
バレンシアガバッグのメンテナンス
本日はトレンドに敏感なお洒落な女性を中心に安定した人気を博す、バレンシアガバッグのメンテナンスをご紹介します。
2018021417311334554.jpg
一見シンプルなデザインの中にスタッズ・ジップ・ベルトをうまく溶け込ませ、バレンシアガ独特の高級感を漂わせるところが魅力的です。

2018021417311334554_1.jpg
バレンシアガ特有の革のシボ感が生み出す柔らかな風合いに惹かれる方も多いのではないでしょうか。

2018021417311334554_2.jpg
この独特のレザーの模様が醸し出す風合いのあるムラがバレンシアガの魅力の一つですが、退色を隠すには染色補正が必要です。

DSC00831.jpg
全体クレンジングで汚れを落とした後、色褪せを隠すために染色補正を施して本来の色合いに近づけます。

DSC00833.jpg
バレンシアガは微妙なムラのある風合いのため、独特のシワにも顔料が入りますので染色する事で濃淡が無くなり違和感が出ます。

DSC00829.jpg
バレンシアガはお色によっては透明感が無くなり革の質感が変わりますがメンテナンスは可能です。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月14日
靴資材のご紹介(ミラーソール)
靴リペア部門より、新しい資材をご紹介いたします。


DSC01257.jpg
こちらは「ミラーハーフソール」です。名前のとおり鏡のように輝き高級感のあるハールソールです。現在Hanakoyaでは赤・黒の2色をご用意しております。


DSC01216.jpg
赤はルブタンのレッドソールの為に作られたといっても過言ではないくらい、自然に馴染みますのでルブタンユーザーの方にはぜひオススメです。


DSC01221.jpg
柄やロゴがなく滑らかな素材ですので見た目を損なうことなくソールを保護することができます。ルブタンの他にもフェラガモなど光沢感のあるソールに施すととても美しい仕上りとなります。


DSC01220.jpg
厚みも程良くコバも自然に仕上がります。見た目はとても滑りそうですがグリップ力があります。弊社スタッフの靴で確認済みです!とてもオススメなハーフラバーですのでぜひお試し下さいませ。




rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
17件中(1件〜10件を表示しています)   前   |