ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年05月23日
miumiuバッグのメンテナンス
今日はmiumiuバッグのメンテナンスを紹介します。
DSC01358.jpg
上質な素材が使われ、ユニークでエレガントなデザインが人気ですね。

DSC01359.jpg
miumiuらしいカジュアルなデザインでありながら、甘さを抑えたクールな表情が魅力的です。

DSC01360.jpg
ON/OFF問わずデイリーユースされるバッグにはスレや傷が付き物です。

DSC01361.jpg
細かな傷がスレて全体が白っぽく退色しています。

DSC01463.jpg
hanakoyaではバッグ毎の風合いや状態によるバランスを考慮しながら染色補正によりスレ傷や退色を改善していきます。

DSC01462.jpg
デザインの為に取られたこの様なシワの部分や深い傷がある場合は、今後お使いになられる上で顔料が剥がれる可能性があります。

DSC01464.jpg
染色補正することで本来の色合いや表情に近づけます。

DSC01460.jpg
革は乾燥するとスレや傷が付き易くなります。お気に入りのバッグを長持ちさせる為にクリームで保湿し栄養を与えましょう。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月16日
ワンピース 縮み補正
今回はご依頼品のワンピースの縮み補正についてご紹介いたします。
こちらのワンピースは素材がシルク100%でした。
2018051618112145829.jpg
外側が縮んでおり、内側の裾が見えております。
シルクのアイテムをご自宅で洗濯をされて、このように縮んでしまったというご依頼は多数いただきます。
シルクは水を含むと縮みますのでご留意くださいませ。
尚、衣類の織り方によって縮みやすいかどうかがわかれる為、縮むかどうかは見た目では判断が難しいです。
2018051618112145829_1.jpg
シルクの縮みは縮み補正にて修復可能です。
トリートメントを施しますので生地を傷めず縮み補正が可能です。
2018051618112145829_2.jpg
シルクのアイテムはシワにもなりやすい為、ご自宅でのメンテナンスは高度な技術が必要かと思われます。
2018051618112843683.jpg
このようなアイテムがございましたらお気軽にご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月16日
ボッテガヴェネタバッグメンテナンス
2017071616314842374.jpg


















今日はボッテガヴェネタメンテナンスをご紹介いたします。ご依頼品のバッグです。


2017071616320945290.jpg


















うっすらと黒ずみが全体に確認できます。革を編み込むイントレチャートのバッグは独特の手触りと質感が素晴らしいですね。


2017071616323038629.jpg


















ハンドルの裏側は特に触る部分のため黒ずみがはっきりしています。


2017071616335038629.jpg


















この様な黒ずみは汚れではなくスレにより顔料が剥がれている場合が多く、染色補正を誇土すことで目立たなく修復します。


2017071616341942366.jpg


















イントレチャート部分も同様に染色補正を行います。網目の隙間にも顔料が入りますことご理解ください。


2017071616344145825.jpg


















ボッテガヴェネタバッグの黒ずみは改善可能です。この様な場合はお気軽にご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月13日
エルメスベアンのメンテナンス

本日はHEAMESベアンのメンテナンスをご紹介いたします。

DSC00693.jpg

エルメスの上質なレザーの風合いと機能美溢れるデザインが人気のお財布ですね。

 

DSC00694.jpg

スリムでベーシックなデザインゆえ男性ユーザーも多く、永くご愛用になられている方も多いと思います。

 

DSC00695.jpg

 ご使用による全体的な黒ずみや退色が見受けられます。

 

DSC00696.jpg

「H」バッグルのストラップのステッチにほつれが見受けられますが手縫いによる補修が可能です。

 

DSC00698.jpg

折山のフチのスレや黒ずみは染色補正にて見栄え良く仕上げます。染色により風合い・質感が多少変わる可能性があります。

 

DSC00922.jpg

ご依頼品の様な暖色系のお色の場合、黒ずみの激しい箇所は多少透き出る場合がございます。

 

DSC00925.jpg

ステッチのほつれはオリジナルに似た色・太さの糸で縫い直します。新しい糸を使用するので多少色ずれします。

 

DSC00924.jpg

レザーのゆがみやくせ付はそのままとなります。

 

DSC00921.jpg

エルメスの風合いを出来るだけ残しバランスを見て染色いたしますので、汚れやキズを隠しきってしまわずに、敢えて透き出て見える仕上げ方をする場合もございます。

 

DSC00920.jpg

クリームで保湿してお仕上がりです。定期的に革用クリームで表面の汚れを拭き取りながら保湿することをお勧めいたします。

 


rogo_hanakoya.jpg



official website


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月10日
モンクレールEVEREST染め直し(エンジ⇒エンジ)
今日はモンクレールEVERESTの染め直しをご紹介いたします。
2018021110273328530.jpg
ご依頼品のMONCLERエベレストです。 モンクレールの代表的なモデルでシャイニーナイロンのタイトなシルエットが特徴です。


2018021110273328530_2.jpg
襟元が緑色に変色しています。襟元の変色は主に汚れや皮脂が付いたままの保管が原因に挙げられます。


2018021110273328530_3.jpg
太陽光や蛍光灯の紫外線も変色の要因の一つになります。クローゼットから見える部分のみ変色が確認できます。クローゼットに入れる場合もカバーをかけ紫外線が当たらないようにされることをお勧めいたします。


2018021110275129061_3.jpg
この様な変色は同系色で染め直し修復いたします。画像では明るく見えますが、お染め直しは元のお色より濃いお色での染め直しを行います。


2018021110275129061_2.jpg
正方形のブランドラベルはお染め替え時染まる為、外してから染め、再度付け直しを行います。紫やエンジ系のダウンウェアの変色は赤みがなくなっているため赤の染料で染め直し変色を隠します。

2018021110275129061.jpg
この様にモンクレールダウンウェアの変色はお染め直しにて修復可能です。MONCLERはナイロン素材、ポリエステル素材とありますのでまずは素材をご確認ください。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月09日
ANNA MOLINARIジャケット メンテナンス
今回はご依頼品のANNNA MOLINARIのコートについてご紹介いたします。
ANNA MOLINARIは1980年にイタリアで創立されたファッションブランドです。
DSC01057.jpg
大人っぽくエレガンスなイメージですが、どことなくかわいさも演出するところが人気のブランドです。
今回のご依頼品はそんなANNA MOLINARIのウール地のコートに襟元、袖口等にハラコが縫いつけられているデザインです。
DSC01059.jpg
ハラコとは動物のお腹の中にいる子供の革です。
動物の毛並みがそのままついているところが特徴で、魅力は手触りがとてもやさしく気持ちの良いところにあります。
そんなハラコも通常の革と同じく乾燥していきます。
乾燥しますと画像のように毛が抜けます。
乾燥時は擦れただけでも抜けますのでお手入れが欠かせません。
DSC01060.jpg
ハラコのお手入れの仕方は馬毛などの柔らかいブラシでブラッシングします。
毛並みを整えるの同時に、汚れも落とします。
ハラコの場合は保湿クリームなどは使えない為、吹きかけるタイプの保湿スプレーを使用しメンテナンスすることをお勧めいたします。
DSC01061.jpg
こちらのように珍しいアイテムをお持ちの方もお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています