ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年06月29日
第19回靴磨き教室参加者募集のご案内♪(募集終了)
毎回大変ご好評をいただいております靴磨き教室開催のお知らせです!!

2018062917411120738_1.jpg

基本の靴の磨き方をレクチャーいたします。
今回は平日の開催です。週末ご都合が付かない方、ぜひお待ちしております!!
先着順での受付となりますので、ご希望の方はお早めにお申込みください!!

講師:Hanakoya 福永哲夫

場所:Hanakoya 店舗内

日時:平成30年7月23日(月) 10:30〜12:00

定員:4名(先着・要予約)

参加費:1,000円  ※当日お支払いただきます。

※スムースレザーの黒のブーツ・パンプス・紳士靴がおすすめです。
※12時をめどに終わりますが終了後ご質問のお時間を設けます。

お申込み:info@hanakoya.com までメールにてお申込みください。
件名に「靴磨き教室参加希望」とご入力の上、氏名(フリガナ)・年齢・ご住所・お電話番号・参加希望人数をお知らせください。追ってご返信いたします。
お申込み後、数日たっても返信メールが届かない場合はお手数ですがご連絡ください。
※参加希望者多数の場合、お断りするケースがございます。あらかじめご了承ください。

2018062917411120738.jpg

ご興味のある方、どうぞお気軽にお申し込み下さいませ。
皆様のご参加お待ちしております。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月29日
グッチフローラ財布のクリーニング
本日はGCCUIフローラウォレットのクリーニングをご紹介いたします。
2018013118023434097.jpg

ご依頼品のグッチフローラコレクションバンブータッセルの財布です。華やかな花柄ですがパイピングやタッセルのバンブーで落ち着いた雰囲気のあるラインです。


2018013118023434097_2.jpg

キャンバスは手垢やよごれで黄ばみがあります。


2018013118023434097_3.jpg

折山部分はレザーに黒ずみが見受けられます。今回はわかりませんがファスナー周りの生地部分も汚れやすい箇所ですね。


2018013118024731802_3.jpg

レザー部分の黒ずみや退色は染色補正を施し見栄えよく致します。


2018013118024731802_2.jpg

キャンバス地は全体にクレンジングする事で黄ばみが改善し花柄がくっきりと蘇ります。


2018013118024731802.jpg

この様にキャンバスと革のコンビの財布もメンテナンス可能です。仕上げに防水・防汚効果のあるハイパー撥水コーティングを施す事も可能です。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月28日
第9回 モンクレール&デュベティカクリーニングモニターご報告

2月に開催させていただきました「モンクレール・デュベティカクリーニングモニター企画」のご報告をさせていただきます。今回は9名の方にモニターとなって頂きました。facebook・Twitter・Instagram・ブログとたくさんのSNSでの募集をさせて頂きました。

201002061711318796.jpg

以下はご参加いただいたモニター様のブログの感想です。



この場をお借りしてご依頼いただいたモニターの皆様には心より感謝申し上げます。今後もモンクレールクリーニングに関してはボリューム・光沢回復、撥水性の向上など、さらに進化したものをご提供できるよう、研究開発を重ねて参ります。引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2010041613104323400.jpg



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月27日
モンクレール染め直しと保管方法(ピンク⇒ピンク)
今日はモンクレールダウンウェアのお染め直しと保管方法をご紹介いたします。
DSC00996.jpg
ご依頼品のMONCLERショートサイズです。

DSC00998.jpg
肩から片袖部分のみ退色するケースをよくご相談いただきますが、このような変色は室内の蛍光灯やほこりが当たることで起こります。

DSC01001.jpg
変色箇所は元々の赤色が抜けて紫っぽく変色しています。

DSC01287.jpg
お染め替えは元の色より濃い同系色で施します。同系色で染め直すことでなじみが良く違和感の少ない仕上がりになります。

DSC01285.jpg
染め直すことで痛む部材は外してから染め直します。ただ、スナップボタンやファスナーの金具ははずせないため劣化の程度によっては塗料はがれるケースもあります。

DSC01284.jpg
染め直したダウンウェアはもとより色が濃くなり変色しづらくなりますが、素材自体は変わりません。不織布カバーでダウンウェアを保護し、保管前に専門店でメンテナンスすることで変色の再発を防ぎましょう。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月26日
ゴヤールサンルイのメンテナンス
今日はゴヤールサンルイのメンテナンスをご紹介いたします。
DSC01190.jpg
ご依頼品のサンルイの白です。軽くて丈夫なPVCを使用した本体にレザーのハンドルが付いています。

DSC01193.jpg
本体が丈夫な分、ハンドルはご使用による経年劣化がおこりやすい箇所となります。今回はハンドルにインクのような付着物が付いたのでこちらの除去のご依頼です。

DSC01467.jpg
レザーのハンドルのため全体クレンジング後染色補正を施し見栄えをよく致します。

DSC01466.jpg
またハンドルが劣化したり底が破れてきた場合も補修可能です。それぞれの状態に合わせた補修方法をご提案させて頂きます。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月24日
シャネルリュックのメンテナンス
本日はシャネルリュックのご紹介です。
DSC01362.jpg
カジュアルなリュックもゴールドのシャネルロゴでゴージャスな雰囲気が漂います。

DSC01364.jpg
更にショルダーのチェーン使いにシャネルのこだわりが伺えます。

DSC01363.jpg
ご使用により全体がやや白っぽくなり、フタの縁が擦れて表面が剥げています。

DSC01437.jpg
元々の質感、風合いを意識しながら染色補正する事により擦れによる退色、革の剥げを修復していきます。

DSC01438.jpg
染色補正する事で革に張り感が出たり、多少質感、風合いの変化はございますが、しっとりとした光沢感が蘇ります。

DSC01435.jpg
ラフな夏コーデに似合うリュックにサッと荷物を入れて出掛ける。そんなシーンが多くなるこれからに向けて先ずはメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。ご相談お待ちしております。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月23日
グッチGGキャンバス財布の破れ補修
グッチ財布の破れ補修をご紹介いたします。

DSC01103.jpg
こちらはGUCCIの定番GGキャンバス×レザーの折り財布です。


DSC01105.jpg
折り山のパイピングに破れがあります。キャンバスが濃くなっている箇所は、汚れているように見えますが、生地が摩耗し下の織り糸が見えている状態です。


DSC01104.jpg
上部折り山のキャンバスも同様に摩耗しGG柄が同化しています。


DSC01495.jpg
生地を折りなおすことは出来ませんので、違和感の出ないお色の革を上から帯状にあて覆い隠します。


DSC01494.jpg
帯状に補強をすることで、パイピングの破れも同時に補修することが可能です。


DSC01493.jpg
使用によるキャンバス地の黒ずみ汚れもクレンジングにてスッキリといたします。革あては見栄えのみならず、傷みやすい箇所の補強にもなりますのでこれからも永くご愛用いただけるかと思います。このような事例でお困りでしたら、一度ご相談くださいませ。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月22日
第11回アイロン教室ご報告
第11回アイロン教室が開催されました。

2018062212544929896.jpg
















今回は全員男性の参加者でなんだか新しい雰囲気でした。


自分で着るYシャツを自分でアイロンする。 

普通の事なんですがとても新鮮で素敵な光景でした♪


ご参加いただいた皆様ありがとうございます。


2018062212550432849.jpg
















次回のアイロン教室は8月中の予定です。
今後とも宜しくお願い致します。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月22日
miumiuスカートの黄ばみ除去
本日はmiumiuスカートのシミ除去をご紹介いたします。
2018061917283820912.jpg
ご依頼品のスカートです。保管中に茶色のシミが出てきたとの事でのご依頼です。

2018061917283820912_2.jpg
ドライクリーニングでは汗などの水溶性の汚れが除去できず残ります。残った汚れが経年により黄ばみや茶シミとして表に浮いてくるのです。

2018061917285620989_2.jpg
この様なシミはウェットクリーニング・ホワイトニングを施し除去いたします。全体の黄ばみも取れる為発色がクリアになります。


2018061917285620989.jpg
この様に浮き出てきた黄ばみや茶シミは除去可能です。普段のクリーニングとは別に保管前にウェットクリーニングで汗汚れを除去する事で次のシーズンもスッキリと着用出来ます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年06月21日
emuスティンガーのオールソール
ムートンブーツの修理をご紹介いたします。

DSC01224.jpg
こちらはemuのスティンガーです。


DSC01225.jpg
ソールはスポンジとemuのロゴが入ったラバーの2層です。ラバー層が加水分解により割れが生じている状態です。また、かかとの減りも激しい為ソール全体を交換いたします。


DSC01226.jpg
元々は、つま先とカカト部分にラバーが付いていました。

DSC01504.jpg
今回はvibram#2021のサンドにてリペアします。#2021は全体がスポンジ素材のものです。色はサンド以外に、黒、ダークブラウンの3色展開となります。


DSC01503.jpg
つま先からカカトにかけてなだらかに厚みが増していくデザインです。ラバーより強度は落ちますが、軽量でスポンジの中では減りにくい素材となりますのでオススメです。


DSC01502.jpg
かかとにある「OIL RESISTING」の文字は耐油性を表しています。タウンユースにはあまり関係がないかもしれませんが、油の付着による劣化が起こりにくい素材です。


DSC01501.jpg
アッパーもクレンジング&ブラッシングにてケアしております。UGGムートンブーツ等のソール交換も可能です。オールソールは修理にお時間を頂く為、オフシーズンでのご依頼がお勧めです。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
24件中(1件〜10件を表示しています)   前   |