ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年08月31日
クロケットジョーンズ紳士靴の補修
クロケットジョーンズ紳士靴メンテナンスのご紹介です。

DSC02488.jpg
最もフォーマルな黒の内羽根ストレートチップです。内羽根靴はもともと貴族が室内での執務や式典で着用する靴の仕様ですので、室内で執り行う冠婚葬祭などの行事に適したデザインです。


DSC02489.jpg
すべり革(踵部分)が摩耗により破れています。


DSC02490.jpg
ハーフソールとリフトも交換時期が来ています。


DSC02673.jpg
ハーフソールとリフトは新しいものに交換いたします。ハーフソールはビブラム(♯7673)です。


DSC02667.jpg
すべりの破れは新しい革を上から当て、補強いたします。

DSC02666.jpg
このように、傷んだ部分を補修する事で末永く着用頂けます。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月30日
ブルガリ財布の染色補正
今日はブルガリ財布の染色補正をご紹介いたします。
2018073017145148955.jpg
ご依頼品のGLVGARI二つ折り財布です。

2018073017145148955_1.jpg
明るいベージュの型押しですが、全体に黒ずみがありくすんでいます。

2018073017145148955_2.jpg
金具の根元にも黒ズミが確認出来ます。

DSC02607.jpg
金具の根元の縁まで丁寧にクレンジングを行い、色褪せには染色補正を施します。金属部分はお磨きを行います。

DSC02603.jpg
折山や縁部分の退色や黒ずみが染色補正を施し目立たなくなります。

DSC02602.jpg
この様にレザーの財布の退色や傷も染色補正にて目立たなく修復いたします。革が乾燥するとひび割れや傷が起こりやすくなりますので定期的に保湿クリームでケアされることをお勧めいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月29日
バーバリーアロハシャツの色泣き除去
今日はバーバリーアロハシャツの色泣き除去をご紹介いたします。
2018073017072147777.jpg
ご依頼品のアロハシャツです。お客様がお洗濯して青地から色がにじんだようです。


2018073017072147777_2.jpg
色泣きは衣類が濡れたままの放置や洗剤をつけっぱなしにすることでおこります。


2018073017072147777_3.jpg
またアルカリ性の洗剤の使用も要因の一つになります。


DSC02651.jpg
この様なシミは修復師がひとつづつ染み抜きを行い除去いたします。


DSC02650.jpg
全体の色泣きが除去されることで本来の色柄が蘇ります。
 
 
DSC02649.jpg
中性洗剤を使用し、洗濯機からすぐに出して干せば色泣きが発生する事はありません。色泣きした場合は一度ご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月26日
エルメスバーキンのシミ除去
今日はエルメスバーキンのシミ除去をご紹介いたします。

2018071916550948615.jpg
ご依頼品のHERMESバーキンです。

2018071916550948615_1.jpg
トワルアッシュはエルメスの中で最もポピュラーな生地の一つです。2色の糸を平織りし、摩擦にも強く丈夫な素材です。トワルアッシュ単体でのアイテムもありますが、レザーとの相性も良いのでコンビ素材のバッグが多数あります。

2018071916550948615_3.jpg
エルメスの代表格のバーキンもトワルアッシュが使用されることでカジュアルな印象がプラスされます。

2018071916550948615_2.jpg
四つ角はレザーで補強してありますが擦れやキズが見受けられます。

DSC02515.jpg
レザーの擦れはクレンジング後染色補正にて目立たなく修復いたします。深いキズは多少跡が残るケースもありますが、本来の雰囲気を壊さないようメンテナンスいたします。

DSC02518.jpg
底面にあったシミも染み抜きを施し除去いたします。

DSC02514.jpg
トワルアッシュの黄ばみは比較的簡単に除去可能です。黄ばみは取れることでレザーとのコンビの良さが際立ちます。

DSC02513.jpg
この様にエルメスバーキンのコンビ素材もメンテナンス可能です。この様な状態でお困りの場合はお気軽にご相談ください。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月25日
ゴヤールサンルイ(青)ハンドル作成&底上げ
ゴヤールサンルイの修理をご紹介いたします。

DSC01554.jpg
GOYARDは杉綾模様(ヘリンボーン)がトレードマークのフランスブランドです。柄が描かれている上質なゴヤールキャンバスは、天然アラビアゴムでコーティングがされており軽量で耐水耐久性に優れています。


DSC01208.jpg
今回ご依頼いただいたのは鮮やかなブルーのサンルイです。ハンドルの付け根が折れています。その他にも所々にひび割れがあります。


DSC01209.jpg
アップ図です。革が乾燥している場合はこの様にひび割れが現れます。今回はハンドルを作り変えます。


DSC01210.jpg
底の角です。キズを放っておくといずれ穴があきます。サンルイは内袋がありませんので、貫通してしまった場合は内側からの補修も併せて必要となります。早めのリペアをお勧めしております。


DSC01557.jpg
角のキズは底上げ補修しました。『底上げ』はバッグの高さが削られますが、今回は軽度のキズでしたので1冂度ですみました。


DSC01555.jpg
ハンドルは出来るだけ似た色の革にて作成いたします。基本新しい革には染色補正はいたしませんので、多少色ズレする場合がございます。


DSC01554.jpg
ゴヤールでお困りのことがございましたらご相談いただければと思います。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月24日
シャネルコココクーンのクリーニング
今日はシャネルコココクーンのクリーニングをご紹介いたします。
2018062611453546185.jpg
ご依頼品のCHANELコココクーントートバッグです。2009年に発表されたキルティングがボリューミーでやわらかいバッグです。

2018062611453546185_1.jpg
お素材はナイロンです。キャビアスキンのタイプもありますがナイロンでも高級感があります。

DSC02157.jpg
本体に中綿が入っていますがクリーニング可能です。

DSC02156.jpg
ナイロン以外のお素材のタイプの場合は一度ご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月23日
Crucianiセーターのウェットクリーニング
今日はクルチアーニセーターのウェットクリーニングをご紹介いたします。
DSC02530.jpg
ご依頼品のCrucianiのセーターです。


DSC02532.jpg
クルチアーニはイタリア発の高級ニットブランドとして全世界から支持を集めています。徹底した品質へのこだわりと、クラシックながら計算しつくされたシルエットが素晴らしい品です。


DSC02534.jpg
弊社ではカシミヤやウールのセーターもウェットクリーニングを行います。肌に触れるアイテムは皮脂や汗などの汚れが付きます。ドライでは落ちない汚れを落とし、手触りやシルエットを損なうことなく丁寧にメンテナンスいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月21日
ヒロコハヤシ長財布 メンテナンス
 

本日はヒロコハヤシボックス型の小銭入れが特徴的なギャルソンウォレットのメンテナンスのご紹介です。

201806201749236635.jpg

こちらのデザインは牛革に型押しと型抜きを行なった立体感のあるタイプです。お色はシルバーになります。

201806201749306635.jpg

お財布はどうしてもデイリーユーズで使うもののためこちらのお財布のようにシルバーの色が擦れて退色したり手垢の汚れが付着して黒ずんできます。

201806201749366632.jpg

このような型押し型抜きタイプでもクリーニングにより汚れを落としてから染色補正することで元の状態に近づけてメンテナンスすることが出来ます。

201806201750026575.jpg

型抜きの場合は染色する顔料が隙間に少し入り込む場合があることをお伝えしていますがこちらのお財布については特に問題なく仕上がります。

201806201749554712.jpg
 
お色のシルバーはラメの粒子の関係により少しマットなシルバーでのお仕上がりになります。背面の染色後の画像になります。黒ずみや擦れによる退色はほとんど目立たなく仕上がりました。

201806201749485376.jpg

このような型押しタイプのお財布でお困りの場合もぜひご相談ください。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月18日
NINA RICCIパスケース窓用セル板交換
パスケースなどの窓フィルム修理をご紹介いたします。

DSC01478_1.jpg
こちらはニナリッチの財布です。免許証やICカードを入れる窓用のセル板(フィルム)に細かいキズやくすみがあります。


DSC01479.jpg
セル板の材質はPVCです。キズが付いている場合は交換が最善の補修方法となります。


DSC02094.jpg
新しいセル板に交換いたしました。透明感が違うだけで印象が変わります。

DSC02093.jpg
財布やパスケースは毎日使用するものですので、傷みやすいものです。お気軽にメンテナンスのご相談をいただければと思います。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月17日
レザーブーツのハーフソール
レザーブーツの半ソール補修をご紹介いたします。

DSC00722.jpg
サイドにファスナーが付いたレザーブーツです。新品です。

DSC00723.jpg
元々出し縫い糸を覆い隠すようにレザーハーフソールが施されていますが、更に滑り防止とレザーの保護の為にラバーを貼ります。


DSC00752.jpg
Vibramロゴ入りの比較的柔らかい資材を使用しました。Vibramソール取り揃えておりますので、ご相談くださいませ。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
20件中(1件〜10件を表示しています)   前   |