ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年08月17日
レザーブーツのハーフソール
レザーソールの半ソール補修をご紹介いたします。

DSC00722.jpg
サイドにファスナーが付いたレザーブーツです。新品です。

DSC00723.jpg
元々出し縫い糸を覆い隠すようにレザーハーフソールが施されていますが、更に滑り防止とレザーの保護の為にラバーを貼ります。


DSC00752.jpg
Vibramロゴ入りの比較的柔らかい資材を使用しました。Vibramソール取り揃えておりますので、ご相談くださいませ。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月17日
ディオールバッグ赤カビの除去
今日はディオールバッグ茶シミの除去をご紹介いたします。
2018071109515641864.jpg
ご依頼品のDiorハンドバッグです。キャンバスと革がカジュアルなコンビバッグです。

2018071109515641864_1.jpg
背面に多数の茶シミや赤カビがあります。茶シミは汚れが付いたままや長期間の保管で内側から浮き上がってきたシミになります。

2018071109520941851_1.jpg
この様なシミはクレンジング後染み抜きにて除去いたします。革の素材によっては洗浄時に革から色がにじむケースもあります。細心の注意を払いクレンジング致します。

2018071109520941851.jpg
レザーの擦れなどは染色補正を施すことで修復可能です。また防水・防汚効果のあるハイパー撥水コーティングを施します。この様なシミは除去可能です。同じような状態の場合はご相談ください。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月16日
シャネル財布の色補正
今日はシャネル財布のメンテナンスをご紹介いたします。
2018072811055524518.jpg
ご依頼品のCHANEL二つ折り財布です。シャネルの有名なキャビアスキンです。牛革にキャビアの様なプツプツした型押し模様が施されています。

2018072811055524518_1.jpg
キャビアスキンの革質は丈夫で摩擦にも強い素材です。ご使用により摩耗しますが型押しが薄くなる程度です。

2018072811055524518_2.jpg
さすがに角は擦れてますが、革の破れはなく色が抜けた状態です。

DSC02581.jpg
全体にクレンジングし表面の汚れを除去後染色補正にて角スレを修復します。

DSC02579.jpg
厳密には型押しの溝にも顔料がのりますが、型押しが消えることはありません。

DSC02578.jpg
この様に摩耗に強いキャビアスキンの財布もクレンジング・色補正を施す事で永くお使いいただけます。このような状態でお困りの場合はご相談下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月10日
エルベシャプリエバッグのしみ除去
今日はエルベシャプリエバッグのシミ除去をご紹介いたします。
2018070414402240501.jpg
ご依頼品のエルベシャプエバッグです。コーデュラナイロンを使用し作られている為非常に軽く、一般的なナイロンに比べ強度や耐久性に優れています。


2018070414403935870.jpg
全体に飲料がかかったと事でシミが出来ています。底面にもシミが出来ています。

2018070414403935870_1.jpg
飲料や食べ物のシミは時間が経過していない場合は比較的簡単に除去可能です。

DSC02252.jpg
染みの状態により染み抜きし除去いたします。

DSC02251.jpg
また表面に誇りや汚れが付着していると染み抜きする事で逆に周りに輪じみが出来るため全体にクレンジングも同時に行います。

DSC02250.jpg
この様なシミも全体クレンジングにて除去可能です。お茶やワインなどが付いてしまった場合も除去可能です。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月09日
FOXEYワンピース ウェットクリーニング
今回はワンピースのウェットクリーニングについてご紹介いたします。
2018080917230210560.jpg
ご依頼品のFOXEYのワンピースです。
FOXEYは1980年にファーブティックとしてオープンした後、毛皮の他にも洋服作りを始めました。
FOXEYといえばエレガンス、上品、知的などの大人で素敵な女性のイメージがありますね。
今回はそんなFOXEYからツルっとした素材のワンピースのご依頼です。
2018080917230210560_1.jpg
画像ではわかりにくいですが、うっすらと裾にシミが出来ております。
2018080917230210560_2.jpg
このようなシミはウェットクリーニングにて概ね除去可能です。
他にもシワ、ハリも概ね修復可能かと思われます。
DSC02356.jpg
この様なアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月08日
デュベティカダウンウェア【AINWEN】ウェットクリーニング
今回はご依頼品のデュベティカダウンウェアについてご紹介いたします。
2018071012322237202.jpg
デュベティカのAINWENというレディースモデルです。
ロング丈でシンプルな作りですが、クールな大人っぽいデザインです。
2018071012322237202_1.jpg
特徴は前立てや襟等にウール素材のパイピングがあしらわれているところです。
よくご自宅でダウンを洗い、ボリュームがなくなった等のご依頼を頂きますが、
このようなウール素材を洗うと、場合によってはフェルト化し硬化してしまいます。
2018071012324437782.jpg
フェルト化すると弊社では修復不可となりますのでご留意くださいませ。
ウールやカシミア素材はトリートメント効果のある洗浄液を使用し洗い上げます。
その為フェルト化や生地を傷める事なく、毛並みを揃え光沢感を修復いたします。
2018071012324437782_1.jpg
尚、ドライクリーニングでは落ちない皮脂の汚れも概ね除去可能です。
この様なアイテムをお持ちの方はご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月06日
MaxMaraダウンウェアのウェットクリーニング
今日はMaxMaraダウンウェアのウェットクリーニングをご紹介いたします。
2018071217343725171.jpg
ご依頼品のMaxMaraダウンウェアです。

2018071217343725171_1.jpg
マックスマーラは1951年に北イタリアで創立され、高い技術と上品で洗練されたスタイルのブランドです。
 
2018071217344928106.jpg
今回はWEEKENDLINEのダウンウェアのご依頼です。襟元は皮脂汚れや黒ずみがあります。

DSC02246.jpg
ダウンウェアはウェットクリーニングを行います。羽毛の油脂を残しながら生地を傷めずソフトに洗い上げます。

DSC02248.jpg
またウェットクリーニング時にはボリューム復元、光沢加工も施しオリジナルの状態に近づくようメンテナンスいたします。

DSC02245.jpg
仕上げにハイパー撥水コーティングを施し、撥水、防汚効果を高めます。このようにダウンウェアはウェットクリーニングを行います。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月04日
紳士靴オールソール
靴リペアのご紹介です。

2018042818263827753.jpg




















ご依頼品のプレーントゥ紳士靴です。


2018042818265527780.jpg




















ソールの減りでご依頼頂きました。


2018042818271928326.jpg




















つま先と踵は特に減りやすい箇所です。



2018042818281527779.jpg




















一体型のソールの為、似た部材でオールソール交換致します。


2018042818283228334.jpg




















今回はレッドウィングのオールソールにも使用する、ビブラム♯4014ソールの黒をお付けしました。


2018042818285027754.jpg




















このようなソールの減りは、新しい部材に交換することで補修可能ですので、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月03日
ボッテガベネタ財布のパイピング補修と引手作成
お財布リペアのご紹介です。

DSC01644.jpg




















短冊切りのレザーを編み込むイントレチャートという技法を用いた、ボッテガベネタを代表するデザインのお財布です。


DSC01647.jpg




















ご使用によりファスナー周りのパイピングが破れています。


DSC01649.jpg




















角も擦れやすい部分です。破れが目立ちます。


DSC01646.jpg




















引手の根元がちぎれそうです。引手の根元は開け閉めの際に力が加わる部分の為、傷みやすい箇所です。


DSC02020.jpg




















引手を新たに作成致しました。出来るだけ似た革を使用しますが、牛革での作成となり多少色ズレします。


DSC02021.jpg




















破れていたパイピングも新しい牛革で巻き直します。


DSC02018.jpg




















少しの破れでしたら、部分的に革を巻いて補修することも可能です。今回は全体的に傷みがございましたので、全周巻き直しました。


DSC02017.jpg




















このように破損した箇所をメンテナンスすることで、今後もご使用頂けるようになります。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月02日
ディオールチャーム付きバッグメンテナンス
本日はディオールチャーム付きバッグのメンテナンスをご紹介いたします。
DSC01355.jpg
ご依頼品のディオールバッグです。キルティングタイプはナイロン地をよくご依頼いただきますがレザーバッグもあります。

DSC01356.jpg
チャーム付きですね。

DSC01357.jpg
四つ角などはすれやすいため黒ずみや傷が見受けられます。

DSC01500.jpg
このような傷や黒ずみは専門の女性修復師により目立たなく修復いたします。このようなステッチが前面にあるタイプはステッチにも顔料が乗ります。

DSC01499.jpg
チャームのくすみはお磨きしメンテナンスいたします。

DSC01497.jpg
このようにキルティングレザーバッグの傷や擦れはメンテナンスすることで改善いたします。このような状態の場合はご相談下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
11件中(1件〜10件を表示しています)   前   |