ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年10月31日
エルメスサンダル(オラン)のプレケア
サンダルプレケアのご紹介です。

DSC02680.jpg




















ご依頼品のエルメス「オラン」です。エルメスの頭文字Hをモーチフにしており、シンプルかつカジュアルなデザインの中にも気品ある人気のサンダルです。


DSC02681.jpg




















靴底はレザーソールです。フラットなデザインは足への負担も少なく、歩く時も快適です。


DSC02706.jpg




















レザーソール保護でハーフソールをご依頼頂きました。プロテクティブソールのベージュは厚さ1个版く、コバの色とも近い為、オリジナルのデザイン性を損なうことなくソール保護が可能です。エルメスのロゴが隠れないように、手前までお付けしました。

DSC02707.jpg




















ハーフソールには減りやすいレザーソールの保護、滑り止め効果がございます。永く着用されるために、新品時のケアをお勧め致します。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月30日
GUCCIキャンバス×革バッグ 革のシミ出し クリーニング
本日はGUCCI・キャンバスラインバッグのレザーからの色染みだしのクリーニングをご紹介いたします。
DSC02476.jpg
ご依頼品のGUCCIのキャンバスバッグです。赤×緑がグッチらしいインパクトのあるバッグです。


DSC02479.jpg
キャンバス等、布地バッグでよくみられる他の素材からの色移りが目立ちせっかくの素敵な鞄が泣いています。


DSC02478.jpg
特に汚れの目立つ所は鞄の底板部分、普段あまり目にすることはないとはいえチラリと見えた時綺麗だと印象もちがってきます。


DSC02730.jpg
今回のクリーニング・汚れの除去は色がにじみ出ていたレザーパーツを外したうえでのクリーニングを行います。


DSC02729.jpg
表も裏も底も綺麗に汚れが除去出来されとてもスッキリした印象です、作業者の皆さん有難うございます。


DSC02727.jpg
追加でハイパー撥水コーティングをする事で今後は汚れが付きにくくなると思いますが濡れたら水分を取って乾かしましょう!汚れにくくするセオリーです。
定期的にメンテナンス・クリーニングをする事で大切なお品物も永く気持ちよく使用することが出来ますのでお気軽にご相談下さい。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月30日
水沢ダウンのウェットクリーニング
今回はご依頼品の水沢ダウンについてご紹介致します。
水沢ダウンとは岩手県奥州市(旧水沢市)にあるデサントアパレル株式会社水沢工場でのみ作られるダウンウェアです。
デザントアパレル水沢工場ではスキーウェア、消防防火服などのプロ仕様のアウター中心の商品を開発してきました。
DSC03080.jpg
通常のダウンウェアはステッチ等の糸でダウンを仕切られていますが、水沢ダウンは防水を重視しテープで仕切られている為縫い目がありません。
構造上どうしても縫う必要がある場所はシムテープという防水テープで縫い目を接着してあります。
ファスナー部分は止水テープというテープでファスナーを保護しており、とても防水性、保温性に優れています。
DSC03082.jpg
尚、水沢ダウンは脇下や裏地にファスナーが付いており、こちらを開けるとメッシュ素材でふさがれており、温度調節が可能です。
水沢ダウンも弊社でウェットクリーニング可能です。
DSC03081.jpg
この様なアイテムをお持ちの方もご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月28日
レディディオールレザーのハンドルの傷補正
本日はレディディオールオールレザーのキズ補正をご紹介いたします。
201808251050336000.jpg
ご依頼品のDiorバッグです。キルティングが美しいバッグです。


201808251050336000_2.jpg
底角は擦れやすいのでキズが見受けられます。


201808251050336000_3.jpg
柔らかいラム革のため擦れやすく、縁などにも剥がれやキズが見られます。

201808251050557221.jpg
ハンドル部分は銀面がめくれています。この様に程度が大きい場合は染色補正での修復や、ハンドル自体の作成をお勧めするケースもあります。

DSC02795.jpg
今回はお客様のご要望により色補正のみでケアします。


DSC02794.jpg
色補正は1点1点オリジナルのお色を専門スタッフが作り、補正します。深いキズは多少凹凸が残りますが目立たなくなります。


DSC02793.jpg
風合いが残るように丁寧にメンテナンスいたします。


DSC02791.jpg
この様にレザーのディオールバッグの傷もメンテナンスいたします。それぞれの状態により補修方法をご提案いたします。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月27日
HAPPY HALLOWEEN

最近では10月に入るといたるところでハロウィンムードですね。今週末あたりはハロウィンパーティのご予定などある方も多いのではないでしょうか?SNSで投稿されている仮装もとてもクオリティが高く見てるだけでも楽しくなります。欧米では子供たちが仮装して近所の家をお菓子をもらいにまわるという風習だそうです。皆さん楽しい週末を・・・
Hope your Halloween is a treat


DSC03611.jpg























 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月26日
ルブタンメンズシューズのプレケア(ハーフソール)
ルブタン スタッズメンズシューズのプレケアをご紹介いたします。レッドソールでお馴染みのルブタンシューズは、最近はメンズにも人気ですね。

DSC02955.jpg
レッドソールは履き込むことによって赤い塗装が取れ地革の色が見えてきます。新品時にハーフソールを施すことで赤色を守ることができますし、履きこんで塗装が削れた場合も元の赤色に戻すことができます。


DSC02973.jpg
今回はルブタンのロゴを残した仕上げにいたしました。広く取り付けることも可能です。出来るだけお客様のご要望に沿った補修をさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月25日
ゴム引きコートのテープ剥がれ補修
今日はゴム引きコートのテープ剥がれ補修をご紹介いたします。
201807301725411259.jpg
ご依頼品のマッキントッシュゴム引きコートです。

201807301725411259_2.jpg
マッキントッシュのゴム引きコートは綿素材が主流ですが、こちらはウール素材のコートです。

201807301725411259_3.jpg
ゴム引きコートは表と裏の生地の間に天然ゴムを伸ばして生地でサンドするように張り合わせて作られているので高い防水性があります。この特殊な生地は「マッキントッシュクロス」と呼ばれ他のハイブランドでも多数使用されています。


201807301729081872.jpg
ゴムが使用された生地なので通気性をもたせるために脇にはベンチレーションホール(通気口)があります。

201807301725471259_1.jpg
トレンチコートでよくご相談いただきますが、袖口はご使用により擦れて生地が破れゴムが見えています。

DSC02623.jpg
この様な破れは生地を内側に織り込み補修致します。この方法での補修は袖丈があまり短くならないのが特徴です。

DSC02618.jpg
裏地のマスキングテープは経年劣化で剥がれが起きるものですが、今回はテープをミシンで縫い付けて補修致します。

DSC02619.jpg
オリジナルにはなかったステッチが入り、見栄えが変わりますが今後剥がれが起きることはありません。


DSC02617.jpg
全てのテープを縫い留めたり、デザイン上違和感の無い箇所のみや剥がれやすい箇所のみ補修可能です。ウール地の場合ステッチは見えますが大きく目立つものではありません。
 

DSC02616.jpg
もちろんオリジナルと同様に接着する方法もございます。マッキントッシュの伝統ある製法にミシンを入れるのは心苦しいですが、着用されるお客様が快適にファッションライフを楽しめるようお手伝いいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月24日
A.P.C婦人ビットローファーのプレケア
靴プレケアのご紹介です。

DSC02677.jpg




















A.P.Cの婦人ビットローファーです。ホースビットという真ん中についている金具は、馬を操る為の轡(くつわ)のパーツで、実際に馬が咥える馬具をモチーフにしているそうです。スーツにもカジュアルにも合わせられる、ローファーの定番デザインの一つです。

DSC02679.jpg




















レザーソール保護の為、ハーフソールをご依頼頂きました。


DSC02720.jpg




















ソールの色に合わせ、プロテクティブソールのベージュをお付けしました。1亳のため、ソールの薄い婦人靴にはお勧めの部材です。デザイン性を損なうことなく、ソール保護が可能です。

DSC02721.jpg




















このように、減りやすいレザーソールは新品時にハーフソールで保護することをお勧めいたします。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月23日
トリーバーチワンピースのシミ除去
今回は衣類のシミ除去についてご紹介いたします。
ご依頼品のトリーバーチのワンピースです。
花柄がとても素敵ですね。
DSC03076.jpg
裾にシミがございます。
全体的に若干シワもあります。
この様なしみはウェットクリーニング・染み抜きで除去しますが、場合によっては完全には取り切れない可能性もございます。
DSC03077.jpg
この様なアイテムはご自宅で洗浄するとプリント部から色がでたり、お素材によっては縮んでしまう可能性がございます。
弊社では1点1点に合った方法で洗浄や染み抜きを丁寧にさせていただきます。
DSC03119.jpg
ウェットクリーニング後はしわも伸びてスッキリといたします。
DSC03118.jpg
お客様の思い出の品、貴重なアイテムを大切にお預かりさせて頂きます。
この様なアイテムをお持ちの方はお気軽にご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年10月19日
フェラガモヴァラ財布のリボン交換
フェラガモ財布のリペアをご紹介いたします。

DSC01328.jpg
ヴァラの財布です。リボンがポイントになっており素敵なお財布ですね。



DSC01331.jpg
開閉時に良く触れる部分ですので、どうしても汚れてきます。ラグラン生地で作成されているこのリボンは取り換えることが可能です。


DSC01329.jpg
全体的にレザーにもキズや汚れが見受けられます。こちらは染色にて補正をしていきます。


DSC01907.jpg
染色後の状態です。淡い綺麗なピンクが蘇りました。傷やスレも染色にてある程度隠れますが、深いキズは残る場合もございます。

DSC01910.jpg
リボンを交換いたしました。財布以外にも靴やバッグのリボンの交換も可能です。ヴァラの要といっても過言ではないリボンを新しくすることで、印象がとても良くなります。

DSC01908.jpg
フェラガモ財布リボン交換の別事例もコチラで紹介しておりますのでご参考にしていただければと思います。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
29件中(1件〜10件を表示しています)   前   |