ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年11月14日
REGALタッセルローファーのオールソール
靴リペアのご紹介です。

DSC03111.jpg




















REGALのタッセルローファーです。


DSC03112.jpg




















ご使用により、ソールに穴が開いた状態です。減る前にハーフソールで保護することも可能ですが、レザーソールの履き心地を大切にされたい場合は減ってからソールを全交換することも可能です。ただし、靴の製法によってオールソールできる回数が限られてきますので、できる限りソールの寿命を持たせるような履き方をお勧め致します。


DSC03710.jpg




















オリジナル同様、レザーソールに交換いたしました。


DSC03713.jpg




















ソールの状態によっては、ハーフソールやトゥスチールでの保護、トップリフトの交換でお直しできる場合もございます。靴の状態を拝見し、ベストな方法をご提案させていただきます。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月13日
デュベティカダウンウェアの染め替え(ベージュ→茶)
今回はデュベティカダウンウェアについてご紹介いたします。
ご依頼品のデュベティカのKAPPAです。
201811071753595086.jpg
両袖口や肩、裾などの変色を何とかしたいとの事でご依頼頂きました。
201811071753595086_1.jpg
変色は現状より濃い色でお染め替えをし隠します。
表地と裏地とで色が異なっておりますが、表地のベージュと色馴染みの良いこげ茶にてお染め替え致します。
裏地は赤紫とこげ茶が混ざった色に仕上がります。
201811071753595086_2.jpg
少しわかりにくいですが、両袖から肩にかけて変色が目立っております。
201811071753595086_3.jpg
こちらがお染め替え後の写真です。
全く別の色にお染め替えしますので風合いが変わります。
DSC03674.jpg
ファスナー横の生地、ステッチはお素材上染まりませんので浮いた仕上がりになっております。
表地と裏地で元色が異なる為、染め上がり後の色に差が出ております。
DSC03673.jpg
お染め替えは生地にダメージのかかる作業なので、この様な変色、退色等していないアイテムに関しましてはお勧め致しません。
DSC03675.jpg
お染め替えの前後にクリーニングを挟みます。
お染め替え後はハイパー撥水コーティングをし汚れを付きにくく致します。
DSC03672.jpg
この様な事でお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月12日
モンクレールダウンウェア ウェットクリーニング 
今回はモンクレールのダウンコートをご紹介いたします。
201809111110509116.jpg
ご依頼品はMONCLERのOUTERWEAR、白でウェストラインのはっきりとしたフェミニンな印象です。

201809111110509116_1.jpg
白なので薄い汚れも目につきます。


201809111110509116_3.jpg
襟、袖は特に汚れやすい部位でシミにもなりやすいです、お持ちのダウンはどうですか?ご確認下さい。


DSC02445.jpg
汚れが引き立つ分、除去できた時のサッパリ感は格別です。


DSC02449.jpg
襟汚れ等も綺麗になり洋服の良さも引き立っています。


DSC02444.jpg
ダウンウェアはウェットクリーニングを行います。羽毛の汚れだけを除去しますので仕上りは軽く羽毛が膨らみふわふわっ・ふっくらします。今からの時期使用頻度が上がると思います、ご自身のダウンがちょっとへたってきたかなと感じたら是非クリーニングをご利用ください、ご相談のみも大歓迎ですのでホームページからお願いいたします。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月10日
カルティエ長財布 クリーニング
  
本日はカルティエのお財布のご紹介です。

DSC02424.jpg

少し画像では分かりづらいですが全体的な黒ずみと角のスレが見られます。

2018071916474048568.jpg

背面の小銭入れの画像です。

2018071916474048568_1.jpg

ファスナーの周りのテープ部分も汚れていることが多くこの部分もクレンジングにより汚れを除去することが出来ます。

DSC02524.jpg

角擦れやコバ部分は染色にて見栄えを良く致します。

DSC02523.jpg

正面と背面の黒ずみもクレンジングで汚れを除去したあと色補正にて黒ずみを目立たなくいたします。

DSC02536.jpg

最後に保湿クリームで仕上げます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月09日
バレンシアガバッグハンドル紐交換
バレンシアガバッグのリペアをご紹介いたします。


DSC00963.jpg
バレンシアガはスペイン発のファッションブランドで、シティやネイビーカバスが有名ですね。


DSC00966.jpg
ハンドルの巻き紐が劣化し退色しています。



DSC00968.jpg
また全体的に退色しています。画像では不鮮明ですが、ミラーの色が元色に近い色となります。染色を施し補正をしていきます。



DSC01448.jpg
染色を施した状態です。退色や細かいキズは改善されますが、バレンシアガバッグ特有の濃淡のある色合いは1色に近い仕上がりとなります。



DSC01447.jpg
ハンドルの巻き紐も新しいものに交換可能です。今回のようなエメラルドグリーンなど鮮やかなお色は似た色が無い場合がございます。



DSC01444.jpg
ファスナー引手のフリンジも染色させていただきます。角すれの補修等も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月08日
ジルサンダーブルゾンの黄ばみ除去
今日はジルサンダーブルゾンの黄ばみ除去をご紹介いたします。
2018101110325927579.jpg






















ご依頼品のJIL SANDERブルゾンです。


2018101110332533768.jpg






















襟元には黄ばみが発生しています。


2018101110340632042.jpg






















また袖や裾など直接肌に触れる部分は黄ばみが発生しやすいものです。


2018101110342932088.jpg






















このようは黄ばみは漂白加工にて比較的簡単に除去が可能です。


2018101110344433198.jpg






















丁寧にお洗濯を行っていても取り切れない皮脂などの汚れが時間とともに黄ばみとなり浮き上がってきます。

2018101110350533768.jpg






















ブルゾンやパーカー、トレンチコートなども黄ばみ除去が可能ですので、このような場合はお気軽にご相談ください。










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月07日
miumiuパンプスのクラック補修
靴リペアのご紹介です。

201811061354248156.jpg




















ご依頼品のmiumiuパンプスです。


201811061354459724.jpg




















履きジワの所からひび割れ(クラック)が起きています。


201811061355059324.jpg




















革のひび割れの一番大きな要因は油分不足・乾燥です。


201811061355228141.jpg




















クラックが起こってしまった革は基本的には修復が困難なため、上から革を当てて補修します。クラックが起こらないためには、日常的な靴クリームでのケアがお勧めです。


201811061355418145.jpg




















革を当てたところには、新たにステッチが入ります。


201811061355579722.jpg




















このように、クラックは上から革を当てて補修します。クラックの位置や範囲によっては、補修できない場合もございますので、このような事例でお困りの場合は一度ご相談くださいませ。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月06日
カナダグースダウンウェアの部分染色
今回はご依頼品のカナダグースについてご紹介いたします。
カナダグースのカムループスです。
コンスタブルの日本スペックモデルがカムループです。
全体的にがっちりとしており、ポケットも多くとても人気なモデルです。
2018110618160838565.jpg
今回袖口などの退色が気になるとの事でご依頼を頂きました。
他にも後身頃のウエスト周辺がドローコードに当たって擦れて白くなっております。
2018110618160838565_1.jpg
カナダグースはお素材上全体に漬け込んで染める事出来ませんので退色の狭い範囲であれば部分的に染色が可能ですが、部分染色致しましてもは完全には戻りません。
2018110618160838565_2.jpg
袖口を部分染色致しました。
何かに擦れて白くなっていた部分は部分染色しても残ります。
DSC03794.jpg
全体的に退色してしまっている場合は範囲が広いので部分染色は不可となりますのでご留意くださいませ。
DSC03793.jpg
尚、部分染色はウェットクリーニングと併用での受付となります。
ウェットクリーニング後、ハイパー撥水コーティングもさせていただきます。
DSC03792.jpg
このような症状の方はお気軽にご相談下さいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月05日
LOUIS VUITTON MONOGRAM EMPREINTE 小銭入れの染色補正
ルイヴィトン モノグラム アンプラントの小銭入れです。
2018103118373428220.jpg
窪みが特徴的なシリーズで (EMPREINTE=刻印・型 )シンプルなデザインに見えてしっかりとした個性が伺えます。


2018103118373428220_1.jpg
使用することで汚れが付着し黒ずみが現れ窪んだ部分との色の差がわかります。


2018103118373428220_2.jpg
今回のケースはご使用によって退色した黒ずみを染色補正で補います。


DSC03428.jpg
モノグラム部分は勿論細かなレザーの溝にも顔料が入り込むため凹凸の印象が薄くなる場合もございます。


DSC03427.jpg
染色補正等でメンテナンスし質感・風合が変化してしまいそうなアイテムは1点1点違ったその商品に合わせたケアのご提案をさせていただきます。


DSC03426.jpg
特徴的なデザインのアイテム等、このアイテムは難しいかな?と思う商品でも諦めずに一度ご相談下さいませ。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年11月04日
Chloé多色遣い財布のメンテナンス
今日はChloé多色遣い財布のメンテナンスをご紹介いたします。
2017071616045642377.jpg


















ご依頼品のChloé財布パッチワークです。優しい雰囲気の3色の財布です。

2017071616051742367.jpg


















フラップ等手に触れる部分は黒ずみや退色があります。


2017071616060742367.jpg


















背面も薄黒く汚れています。


2017071616062742381.jpg


















全体クレンジングで汚れを落とし、女性修復師が1点1点丁寧に補正いたします。


2017071616072242408.jpg


















この様な多色使いのアイテムもメンテナンスいたします。


2017071616074642376.jpg


















くすみや黒ずみ、キズがなくなることでお気に入りのアイテムが蘇ります。この様な状態の場合はお問い合わせください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
12件中(1件〜10件を表示しています)   前   |