ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年01月31日
レザー付きダウンのクリーニングと色補正
本日はデュベティカダウンウェアのレザー染色補正をご紹介いたします。
2019012818004025174.jpg
ご依頼品のDUVETICAダウンウェアです。スッキリとしたライダースタイプのモデルです。


2019012818004025174_2.jpg
部分的にレザーが使用されており退色が見受けられます。


2019012818004025174_3.jpg
元々シルバーの革に黒色を載せたメタリックなレザーです。


2019012818004626348.jpg
シルバーに見える部分は色が剥がれて地の色が見えている状態です。


DSC04495.jpg
地の光沢感を残しながら本来の色あいを再現し染色補正を施します。


DSC04496.jpg
ブランドのこだわりが感じられるレザー使いです。


DSC04494.jpg
レザーが使用されている場合もウェットクリーニングを行います。


DSC04493.jpg
この様にレザーが使用されているダウンウェアのクリーニングも可能です。補修や補正を行いトータルメンテナンスを行います。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月31日
第14回アイロン教室のご報告♪

第14回アイロン教室が開催されました。

 

男性陣はアイロンがけ初挑戦の方ばかり!

女性の方はもっと上手くなりたいと参加してくださいました♪

 

a_2.jpg

 

参加理由は様々ですが、皆さん楽しそうにお話しながらアイロンがけをしていました。

 

ai_3.jpg

 

参加していただき、ありがとうございました♪

 

次回開催は3月を予定しております。

皆様のご参加お待ちしております!

 

 

                お申し込み・問い合わせはこちら


Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市市押野1丁目353

Hanakoyaコンセプト
Beauty & More Stylish


rogo_hanakoya.jpg



official website

 

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月30日
COACHトートバッグの根革とハンドル作成
バッグリペアのご紹介です。

DSC03876.jpg
ご依頼品のCOACHトートバッグです。

DSC03883.jpg
エナメル素材の根革根元がちぎれています。

DSC03879.jpg
ハンドルも同じエナメルで出来ており、手の当たる部分に多数ヒビが入った状態です。


DSC04553.jpg
近いお色のスムースレザーにて新たに作成します。真ん中のキャンバス部分は再利用し、出来るだけオリジナルに近いデザインで作成致しました。

DSC04552.jpg
根革も作成します。カシメは再利用不可のため、既製品となっております。

DSC04554.jpg
このように傷んだパーツを作り変えることで、今後もご使用いただけるようになります。状態によっては補強にてお直しできる場合もございますので、お気軽にご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月29日
エルベシャプリエバッグの汚れ除去
今回はご依頼品のエルベシャプリエバッグについてご紹介いたします。
エルベシャプリエはフランスのパリ発祥のブランドでポーチやバッグ等を取り扱っております。
耐久性、防水性に優れた素材がとても人気のブランドです。
2019012817483825171.jpg
今回のバッグ本体は一見レザーの様に見えますが、コットンキャンバス地にゴムのような素材のコーティングを施したコーンテッドキャンバスという素材です。
ツルンとした触り心地で尚且つ硬めの素材です。
お客様よりバッグ入口の帯部分の汚れ除去のご依頼を頂きました。
2019012817483825171_3.jpg
このような汚れは全体的にクレンジングしできる限り除去いたします。
2019012817483825171_2.jpg
帯部分のキャンバスは素材上汚れ落ちが悪い為、完全には取り切れない可能性がございます。
DSC02423.jpg
本体のコーンテッドキャンバス地は全体クレンジング致しましても、汚れは落ちず見栄えは変わりません。
DSC02422.jpg
このようなデイリーユースしやすいアイテムはどうしても汚れが付着します。
お素材上見栄えが変わらないアイテムもあるかと思いますが、一度スッキリさせてみてはいかがでしょうか。
DSC02420.jpg
このようなアイテムをお持ちの方もお気軽にご相談くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月28日
デュベティカダウンウェア染め替え モカ→こげ茶
本日はデュベティカダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
DSC04503.jpg
ご依頼品のデュベティカダウンウェアです。シンプルなデザインでファッションを問わずコーディネートを楽しめそうです。


DSC04504.jpg
全体的に緑色に変色していますが、襟元やフード内側は皮脂に触れ特に変色しやすい箇所です。


DSC04505.jpg
袖は日焼けによる変色でしょうか。元色との差が激しいです。


DSC04810.jpg
全体をこげ茶にお染め替え致しました。お染め替えすることで元色との差が激しかった袖部分の変色が目立たなくなります。


DSC04811.jpg
薄い色でお染め替えを施しても変色は隠れないため、基本的には同色系の濃い色でお染め替えを行い変色を隠します。


DSC04808.jpg       このようにデュベティカダウンウェアの変色はお染め替えで修復可能です。お困りの場合はお気軽にご相談ください。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月27日
ストーンアイランドダウン染め替え 紺⇒黒
本日はストーンアイランドダウンウェアのお染め替えをご紹介いたします。
2018111217415038917.jpg
ご依頼品のSTONE ISLANDダウンウェアです。ストーンアイランドは1982年創業のイタリアブランドです。ダウンウェアのナイロンは繊細なものが多く透け感のある軽い美しい色合いのダウンウェアが多いですね。


2018111217415038917_2.jpg
色褪せはございませんがお客様のご要望によりお染め替えを行います。



DSC03694.jpg
今回い黒色で染め替えを行います。ステッチ部分は染まらない為元のお色が残った仕上がりになります。またお染め替えは衣類にかなりのダメージがかかりますので変色など着用に問題が無い場合は基本的にはお勧めいたしません。


DSC03693.jpg
全体に濃くなりますがが、元のネイビーが混ざったようなお色になります。製品としての黒色にはなりませんのでご了承下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月26日
トッズバッグ クリーニング


本日はTOD’Sのバッグのメンテナンスのご紹介です。

2018111417551427720.jpg

全体的に黒ずみと四つ角のスレのご相談です。

2018111417551427720_1.jpg

背面の画像です。少し型崩れも起こしています。

2018111417551427720_2.jpg

角のアップ画像です。スレて退色しています。

DSC03587.jpg

全体的にクレンジング後四つ角を重点的に染色していきます。

DSC03586.jpg

全体的な黒ずみはクレンジングで概ね除去し残った黒ずみは更に染色にて目立たなく致しますが暖色系のお色は黒ずみが透き出て見える事がございます。型崩れに関しましても完全には直りませんがプレスや内側にあんこを入れて形を整えることで少しづつ改善いたします。

DSC03585.jpg

仕上げに保湿クリームを塗って完成です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月25日
チャーチスエード紳士靴のトゥスチール
トゥスチール(ビンテージスチール)のご紹介です。

DSC03520_1.jpg




















こちらはチャーチ紳士靴です。スエードにパンチングが施されています。


DSC03521.jpg




















レザーソールに半張り(ハーフソール)をした状態です。


DSC03522.jpg




















更に減りやすいソールのトゥ(先端)部分にスチールを取り付け、保護やハーフソールのめくれを防止いたします。


DSC03823.jpg




















おろしたての靴は反り返りが悪くつま先が減りやすい為、新品時の取り付けがお勧めです。今回のようにハーフソールとの併用や、トゥスチール単体での補修も可能です。



DSC03824.jpg




















トゥを削り埋め込むヴィンテージスチールは段差がなくフラットに仕上がりますので、前やサイドからの見た目に違和感はほとんどございません。ただし、滑りやすい・カツカツと音がなるといったデメリットもございます。お気軽にご相談いただければと思います。





 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月24日
バレンシアガネイビーカバスのクリーニング
今日はバレンシアガネイビーカバスのクリーニングをご紹介いたします。
2018122916235946087.jpg
ご依頼品のBALENCIAGAです。コットンキャンバスとレザーのコンビ素材となり、コントラストが美しいバッグです。


2018122916235946087_1.jpg
キャンバスはご使用によって黒ずみやほこりが付きやすいものです。


2018122916235946087_2.jpg
細かいシミが見受けられます。またレザー部分にも退色があります。


DSC04424.jpg
ネイビーカバスは付属の革から洗浄時色が出る為あまり強く洗浄することができません。ただ細かいシミ等は出来る限りしみ抜き・クレンジングを行い除去致します。


DSC04426.jpg
また今後の汚れの予防にハイパー撥水コーティングを施し、快適にご使用いただけるようにメンテナンスいたします。


DSC04423.jpg
このようにネイビーカバスもクリーニング可能です。黄ばみがある場合もお気軽にご相談下さい。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年01月23日
TOD’S紳士靴のオールソール
紳士靴オールソールのご紹介です。

DSC02350.jpg




















TOD’S(トッズ)のスクエアトゥ紳士靴です。TOD’Sはゴンミーニなどのモカシンシューズで有名なイタリアのブランドです。

DSC02352.jpg




















かなり履き込まれたソールは、穴が空いた状態です。

DSC02353.jpg




















ヒールもトップリフトの次の層まで削れています。

DSC02768.jpg




















レザーにてオールソール交換致しました。ヒールは革を積み上げ作成します。

DSC02767.jpg




















レザーソールはラバーに比べ減りやすく滑りやすいため、気になる場合はソール全体をラバーで作成することも可能です。今回はレザーの履き心地は出来るだけ残し、ソール保護をするためハーフソールをお付けしました。ビブラム社製のアンジェラハーフソールです。

DSC02766.jpg




















このようにソールがかなり減った靴も、オールソール交換する事で補修可能です。靴の構造によりお直し方法は異なりますので、お気軽にご相談ください。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
24件中(1件〜10件を表示しています)   前   |