ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2006年12月05日
サマーセーターの汗ジミ(黄ばみ)除去
今日はサマーセーターの汗ジミ除去をご紹介します。

PIC_0274_1.JPGPIC_0275_1.JPG









画像はクリーニング前のセーターです。
脇の部分が汗で黄ばんでいます。おそらく今年の夏の汗ジミだと思われますが、
今は12月ということでかなり時間が経過しており、シミ抜きはかなり困難であると思われます。

PIC_0272_1.JPG洗濯表示は韓国語で書いてあるため、素材が判別できませんが、触った感触では綿60%レーヨン40%と思われます。
色は真っ白ではなく、生成り色でやや黄色がかっています。






PIC_0273_1.JPGまず、画像のようにシミ部分に汗ジミ専用の前処理剤を塗ってしばらく置いておきます。
その後、40度のお湯に漬け込み、酸素系漂白剤をシミ部分に塗っていきます。







PIC_0271_1.JPG綿とレーヨンの混紡は塩素系の漂白剤を使うと、生地の色が簡単に抜けるので、使えません。
酸素系の漂白剤で繰り返し、シミを取っていきます。
このような素材は酸素系でも全体漂白すると生地が白っぽくなってしまいます。
今回のように部分的なシミは部分漂白が良いです。


PIC_0270_1.JPG画像はシミ抜き後、ウエットクリーニングした商品です。
若干ですが黄色く見えるのはシミではなく、シミによって生地が酸化し変色(色抜け)したものです






PIC_0269_1.JPGこのように、時間のたったシミは取れにくくなるのはもちろんですが、生地にもダメージを与えますので、
シミがついた場合はすぐにクリーニング店に出すことをおすすめします。

また、ご自宅で漂白する場合も白物でも色物漂白(酸素系漂白剤)の記事を参考にしてください。
白物でも塩素系はできるだけ控えることをおすすめします。



お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています