ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2015年06月30日
モンクレール 袖口・裾の擦り切れ穴補修。
本日はモンクレール 袖口・裾の擦り切れ穴補修をご紹介いたします。

2015062615272516662.jpg




















Hanakoyaではモンクレールのクリーニングと併用で各種リペア(修理)、メーカー補修依頼代行まで承っております。

2015062615273916648.jpg




















今回の修理はメーカー補修です。裾のドローコード部分が擦り切れて穴が空いている状態です。

2015062615275216673.jpg




















この場合は新しいナイロン生地で作り変えとなります。新しいナイロンを使用しますので多少質感が変わります。

2015062615280715797.jpg





















2015062615282216495.jpg




















袖口の擦り切れも同じような補修方法です。

2015062615283916648.jpg




















裏からナイロンを当てて直す方法もございますが、今回のように穴が広範囲で多数空いている場合は作り変えとなります。

2015062615285416495.jpg




















画像では分かりにくいですが、ナイロンの質感が変わります。

2015062615291316662.jpg




















袖の縫い目の擦り切れは内側に縫いこんで穴を塞ぐ方法です。その他、ファスナーやスナップボタンの交換なども承っております。お気軽にご相談ください。


rogo_hanakoya.jpg 


 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています