ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2018年12月06日
混紡素材ステンカラーコートの染め直し 紺⇒黒
今日は混紡素材のステンカラーコートの染め直しをご紹介いたします。
DSC03621.jpg
ご依頼品のステンカラーコートです。ステンカラーとはもともと直線的に折り返して作られた立て襟の事です。ビジネスにもカジュアルにも使用できるトレンチコートと並ぶ定番のデザインです。

DSC03623.jpg
襟部分の折り返しは皮脂などの汚れが付着しやすく保管の状態によっては変色を起こします。



DSC03624.jpg
黒色や紺色は退色すると赤味がかってきます。通常このような変色は綿素材を同系色で染め直して変色を隠しますが、こちらのコートは混紡素材となり綿100%ではなかったため、濃紺で染めても変色が隠れない可能性がありました。


DSC03967.jpg
そのため、より色の強い黒色にて染め直しを行いました。素材の割合上真っ黒になることなく、色合いが濃くなり変色も隠すことができます。


DSC03966.jpg
襟部分の目立つ変色はもちろんの事全体の退色も色合いが濃くなり目立たなくなります。ボタンやバックルなど痛む部材は外してからお染め直しいたします。


DSC03965.jpg
出来るだけご要望にお応えできるようメンテナンスいたしますが、綿素材の割合が低いとお染め替え自体をお勧めできないケースもあります。混紡素材のコートの変色の場合もご相談ください

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています