ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年02月07日
モンクレールガムブルークリーニング
本日はモンクレールガムブルーのウェットクリーニングをご紹介いたします。
2019012818081725757.jpg
ご依頼品のMONCLERです。ガムブルーは2009年からスタートしたラインです。


2019012818081725757_1.jpg
ガムブルーの名にふさわしくワッペンはブルーの糸を使用し、裏地もストライプで爽やかなモデルが多いです。またウールやツイード素材のデザインも多く見られます。


2019012818081725757_2.jpg
ライトダウンのリブが黒ずんでいます。


2019012818081725757_3.jpg
袖口も薄汚れてくたびれた印象です。


DSC03482.jpg
襟元や袖口は汚れが付着しやすい箇所となります。リブの汚れは1点ずつ丁寧に除去します。


DSC03480.jpg
リブの黒ずみは素材上汚れ落ちはあまりよくありませんができる限り除去いたします。汚れが付いたままの保管は黄ばみの発生にもつながりますのでシーズン後には汚れを除去してから保管をお勧めいたします。


DSC03483.jpg
もちろん羽毛を傷めることなく洗い上げます。


DSC03479.jpg
表面の汚れが落ちることで鮮やかさが蘇ります。このようにモンクレールガムブルーもウェットクリーニングいたします。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています