ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月27日
GUCCIバンブー財布のパイピング補修
GUCCI財布のパイピング修理をご紹介いたします。


DSC04934.jpg




















フロントのバンブーが印象的なお財布です。
GUCCIを代表するラインの一つであるバンブーは、日本から取り寄せた「竹」を加工することから始まりました。第二次世界大戦後、金属や皮革などの物資が不足し、安定供給が可能な素材を探していたGUCCIの職人たちは「竹」に目をつけます。最初に作られたのは竹に熱を加え、U字型に曲げたハンドルが特徴的なバンブーバッグです。


DSC04935.jpg




















キャンバス地を縁取るように付いたレザー(パイピング)が擦れにより破れています。


DSC04936.jpg




















お財布の折山は痛みがでやすい箇所です。今回は破れ箇所が複数あったため、バンブーが付いている面以外の革を全て交換します。


DSC05553.jpg




















特殊な色味の場合はズレる可能性がございます。今回は近いお色をご用意することができました。


DSC05552.jpg




















破れ箇所が少ない場合は部分的な革あてで補修できるケースもございますが、継ぎ目がでるため、痛みが多くみられる場合は全周交換がお勧めです。


DSC05551.jpg




















このようにお財布のパイピングは新しい革へ交換することが可能です。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています