ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月08日
ルイヴィトンダミエジッピーウォレット反り補正
ルイヴィトンダミエジッピーウォレットの反り返り補正をご紹介いたします。

DSC04176.jpg
ルイヴィトンの定番「ダミエ」は日本の市松模様にインスピレーションを受け誕生したラインだそうです。そしてダミエの歴史はモノグラムよりも古いそうです。


DSC04177.jpg
こちらのジッピーウォレットのファスナーは外身よりも内側に隠れるように縫い込まれているタイプです。このファスナーを挟むようにあるダミエ柄が反り返って開いています。


DSC04179.jpg
過去にもご紹介させていただいておりますが、こちらはダミエ柄の素材であるPVC(ポリ塩化ビニル)が縮むことにより起こる現象です。


DSC04925.jpg
補正後の画像です。反り返りは縮んでしまったPVCの長さに、裏側に貼り合わせてある茶色レザーを合わせることで改善いたします。


DSC04926.jpg
口を開いたようになっていましたが、元の形状に改善しております。裏地のレザーのカットいたしますので、差が大きい場合はステッチの穴がずれることがございます。


DSC04928.jpg
内側の劣化がある場合は張り替えも承っております。ルイヴィトンのダミエやモノグラムの反り返り・縮み・ゆがみでお困りでしたら一度ご相談下さいませ。







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています