ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月10日
カシミヤ素材のブラッシングの効果
最高級のカシミヤを使用したロロピアーナのショールやジョンストンズのストール。
首に巻き付くしなやかなタッチと深くて鮮やかな発色は、一度体験すると手放せなくなる逸品です。

DSC05048_2.jpg



















◆着用してできた毛羽立ち

Hanakoyaではメンテナンスにウェットクリーニング(水洗い)を推奨していますが、先日ご自宅で洗濯してしまったお客様から「縮んでしまったうえ、毛並みも乱れて大変なことになってしまった。」とご相談頂きました。

ご主人様のソールを親切心で丁寧に手洗いされたそうですが、毛並みを揃える事は簡単ですが、縮みを戻すことは非常に難しい事です。

ご自宅でブラッシングする事もお勧めさせて頂きましたが、自信がないとの事でご依頼頂きました。


006_009.jpg
 




















◆毛並みがそろった状態です。


高級なカシミヤはプレスとブラッシングで毛並みがそろい、うろこ状に光沢が出ます。
dsc01314_001.jpg



















◆うろこ状の光沢感

今回の商品は一旦ウェットクリーニングとトリートメントを施し、アイロンワークとブラッシングで本来の質感に戻します。

カシミヤの洗濯はお勧めできませんが、ブラッシングはお勧めです。
皆さんもご自宅でブラッシングしてみませんか。
ブラシには様々な種類がありますが、馬毛と豚毛の2種類あればほどんどの素材に適応します。

2019031009530631661.jpg



















◆いろんなタイプのブラシがあります

カシミヤのコートやショールはまず豚毛ブラシで表面をかるくなでて毛並みを揃えます。
その後、馬毛ブラシでを使って強く朝得込むようにブラッシングすると光沢が出てきます。
カシミヤの毛並みには方向がありますので、逆立つ場合は方向が逆なので毛が寝る方向にブラッシングして下さい。

もちろん、汚れを落とす効果もありますので着用後は出来るだけブラッシングされることをお勧めいたします。

意外なほど簡単にきれいになりますよ。
うろこ状の光沢が出れば合格です。










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています