ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2019年03月29日
イルビゾンテがま口金具の外れ補修
イルビゾンテ がま口財布の修理をご紹介いたします。


DSC05995_1.jpg
イルビゾンテ(IL BISONTE)はイタリアのフィレンツェ生まれのブランドで、ロゴはアメリカパイソンをモチーフにしています。
イルビゾンテといえば、革本来の風合いを生かしたヌメ革などのバッグやコインケース、小物が有名です。
使い込むことで経年変化を楽しむことができるのも、このブランドアイテムの特徴です。

DSC05997_1.jpg
こちらはブラウンのレザーに模様を型押ししたものが使用されたがま口の財布です。
がま口とは、財布やポーチの開閉に用いられる金具のことで、ガマ(ひきがえる)の口のように大きく開くことが名前の由来とされています。


DSC05998_1.jpg
このがま口の口金が画像のように外れ、開閉ができなくなりました。口金には溝があり、その幅が広がることや、差し込んだレザーがヘタることにより外れたものと思われます。



DSC06047_1.jpg
補修は、溝の幅を狭めコヨリ(紙紐)を噛ませることで固定させます。口金が曲がったものや、V字のつがい目(結合部分)にある金具のゆるみも補修可能です。


DSC06048_1.jpg
口金が割れてしまったものや、形状によっては補修不可の場合もございますので、一度状態を拝見しご案内させていただいております。お気軽にご相談下さいませ。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています