ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2009年05月30日
脇の下の汗ジミ漂白(ご自宅でも活用できます)
今日は脇の下の汗染み漂白(復元加工)をご紹介します。ご自宅でも活用できますのでご参考にしてください。

2009053012164111217.jpg




















画像はご依頼いただいた商品です。今回のお客様はとにかく「真っ白にして!」とご依頼いただきました。素材は綿やウール、シルクと様々です。

2009053012170311737.jpg




















襟周りや脇の下はもちろん、全体的にも黄ばみがあり白いものがくすんでいます。

2009053012173611965.jpg




















こちらのニットも脇の下にはっきりと汗染みが見えます。

綿素材などであれば塩素系の漂白剤を使用することで簡単に黄ばみを除去できるのですが、塩素系を使用すると生地が損傷して破れや穴あきなどを起こすことがあります。そのため、酸素系の漂白剤を使用されることをお勧めいたします。酸素系の場合は色物でも使えますので、ご自宅でも安心して使用できます。

ただ、酸素系の漂白剤は黄ばみが酷いものはなかなか落ちません。そこでアルカリ性の粉洗剤を使用します。酸素系の漂白剤を適量入れたお湯に粉石鹸をキャップ一杯入れます。その他、重曹(弱アルカリ性)等も使えます。よくかき混ぜたら衣類を入れます。温度にもよりますが、60度のお湯であれば15分程度で漂白剤の効果がなくなります。温度は高ければ高いほど効果がありますが、効果が発揮される時間は短くなります。そのため、漂白剤を投入したらすぐに衣類を入れてください。時間がたってから投入しても効果はありません。もちろん、漂白後のすすぎは十分に行ってください。酢を使用して中和することもできます。

2009053012180111968.jpg




















画像はご依頼品を漂白しているところです。業務用の酸素系漂白剤にアルカリ剤を配合しています。ちなみに温度は80度、漬け込み時間は5分です。

2009053012185829937.jpg




















酸素系だからと安易にアルカリ洗剤を多用すると、塩素系のように色落ちしますので気をつけてください。

2009053012193012517.jpg




















また、温度も上げすぎることで色泣きや素材の損傷につながります。

2009053012183211695.jpg




















このように、酸素系漂白はアルカリ剤と温度、時間を調整することで幅広い衣類や汚れ具合に対応できます。グレーのシャツも漂白(復元)加工したものです。皆さんも一度、ご自宅で試してみてはいかがですか?詳しく知りたい方がいましたらお気軽にお問い合わせください。その他にもお洗濯や衣類のご相談も受け付けています。私が対応させていただきます。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています