ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2010年07月31日
光触媒トリニティーZ
Hanakoyaではモンクレールや靴、バッグのケアに光触媒加工を施しています。

8.8Hanakoya01.jpg


















生体融合型光触媒トリニティーは美容業界をはじめ、最近では飲食業や農業の分野でも注目されています。

8.8Hanakoya02.jpg


















クリーニング業界ではHanakoyaが先駆けて取り入れたため、この度「NEWビーワン7月号」にご紹介いただきました。

8.8Hanakoya03.jpg


















モンクレールや靴、バッグの最終処理として光触媒加工を施すことで、様々な結果を出すことができました。その効果は仕上がり品を見ても分かりませんが、使用していくうちに体感できます。

8.8Hanakoya04.jpg


















以下、記事の全文ですのでご興味のある方はお読み頂ければと思います。

私たちHanakoyaは、高級衣料やバッグ、靴、財布、レザーアウターなどのレザー製品から獣毛類、羽毛類などの衣装を専門にケア(クリーニング)をしています。その中でトリニティーZは、高級ダウンジャケットの代名詞であるMONCLER(モンクレール)やDUVETICA(デュベティカ)のクリーニング工程の最終処理やハイブランドバッグ、その他皮革製品のケアに使用しており、Hanakoyaでの付加価値の高いクリーニングに大きく貢献しています。トリニティーZを処理する目的は、太陽光に含まれる紫外線が原因の染色生地の変退色を防ぐことや食べこぼしや大気中に浮遊する車の排気ガスによる石油系炭化物の強固な付着防止のためです。


8.8Hanakoya05.jpg


















衣類に付着した汚れは時間の経過と共に酸化され、繊維へ強固に定着、固着します。そうなると家庭での洗濯やクリーニングを行ったとしても汚れの除去は難しく、きれいにすることができません。

しかし、トリニティーZを処理することにより、光触媒成分の二酸化チタンが汚れを分解し、繊維への強固な固着を防止することができます。そのため、汚れは比較的容易に除去することができ、高価な衣類を長きに渡り、美しい状態で着用することができます。そして、太陽光線の中に含まれる紫外線は二酸化チタンの活性エネルギーに変換され、紫外線が染色生地の染料へアタックする回数を減らしてくれます。

その結果、染料の変退色を防止する効果に優れ、これもまた衣類のきれいな状態を維持することに繋がっています。


8.8Hanakoya06.jpg



















更には、個人差があるものの、衣類を通過して外に発散される体臭をトリニティーZのアパタイト成分が吸着し、被覆された二酸化チタンの酸化能で悪臭成分を分解するという消臭機能も大きな特性として我々のケア(クリーニング)に大きな付加価値をもたらせてくれています。

トリニティーZは、アパタイト成分が菌やカビ、悪臭などを吸着し、被覆された二酸化チタンが分解するというサイクルで半永久的に効果が持続します。

そして、トリニティーZは、Hanakoyaでのケアにとって非常に大きな役割を担っているのです。


お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています