ファッションメンテナンス工房 Hanakoyaブログ
2006年10月10日
ウエディングドレスクリーニング
今日はお客様からウエディングドレスのクリーニング依頼がありました。

ウエディングドレスは一般的に裾が長く、床を引きずるようなデザインになっているため、洗う前に必ず裾の部分を確認します。











画像はクリーニング前の裾の部分です。やはり、床を引きずったため、裾が汚れています。

このような汚れは前処理(洗う前に洗剤などを塗っておくこと)することによってある程度取れます。








画像は裾の汚れ部分に前処理剤を塗っているところです。









画像は前処理をしてクリーニングした後の裾の部分です。殆どのすり汚れは取れました。若干ですが、水溶性のシミが残っています。








水溶性のシミは水とシミ抜き剤を使って取ります。画像はシミ抜き後の裾部分です。

今回のお客様は汚れてから比較的早くクリーニングに出されたので汚れは綺麗に除去できました。





ウエディングドレスは貸衣装が殆どかもしれませんが、ご自分で作られる方も最近は多いと聞いています。そういったものはもちろんですが、普通のドレスなども一度着たらクリーニングに出すことをお勧めします。

これからの季節は結婚式やお祝い事などドレスを着る機会が多くあります。今一度、ご自分のドレスなどをご確認してください。
事前にクリーニングしておけば、急なパーティーや、祝い事などにも慌てる心配はありませんからね。


また、私の友人の奥さんなどは娘にも着せてあげたいと、ご自分で作られたウエディングドレスをクリーニングして大事に保管している方もいます。

お申し込み・問い合わせはこちら

Hanakoya
TEL076-227-8758
e-mail:
info@hanakoya.com
〒921-8802
石川県野々市町押野1丁目353

rogo_hanakoya.jpg 

ブログTOP

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています